給食日誌

今日のコンダテ!!2020

7月30日

(献立) ・ご飯 ・チンゲンサイのスープ ・チキンのバジル焼き ・イタリアンサラダ ・お楽しみケーキ

 今日は1学期最後の給食でした。スペシャルデザートとして、熊谷市の洋菓子店「サンドリヨン」さんにお願いし、5種類のケーキを出しました。ケーキの5種類は、ショートケーキ、チョコレートケーキ、生チョコモンブラン、ベリーのタルト、レアチーズケーキです。とても美味しく、生徒たちの嬉しそうな顔を見ることができました。これから夏休みが始まりますが、体調管理に気を付けて2学期に元気にお会いしましょう。

0

7月29日

(献立) ・ご飯 ・みぞれ汁 ・鮭の黄金焼き ・五目なます

 明日は1学期の給食最終日です。毎日の給食に欠かさず登場していた牛乳ですが、みなさんしっかり飲んでいますか?毎日出る牛乳について今日は紹介したいと思います。

 牛乳は鉄やビタミンC、食物繊維はわずかしか含まれていませんが、その他のたんぱく質、脂質、炭水化物、ミネラル、ビタミンがバランス良く含まれています。牛乳特有のたんぱく質である「ラクトフェリン」は、免疫力を高め、鉄の吸収を促してくれます。牛乳に含まれる「トリプトファン」というアミノ酸は、メラトニンというホルモンの生成に関わっており、不眠改善や、老化防止に役立ちます。そして牛乳といったらカルシウム!牛乳に含まれるカルシウムは吸収効率がほかの食品と比べて高く、1日200ml飲むことで、成人1日のカルシウム推奨量の三分の一を補うことができます。日本人の食事で不足しがちといわれるカルシウムは、毎日欠かさずに摂取したいですね。

0

7月28日

(献立) ・豚キムチチャーハン ・切干大根サラダ ・ヨーグルト

 今日はピリッと辛さが効いた豚キムチチャーハンでした。今も昔も韓国人の食生活に欠かせないキムチは、世界的にも類を見ない野菜を利用した発酵食品です。今では1年中季節を問わず食べられていますが、もともとは農作物が採れない冬場の栄養不足を補うための保存食でした。キムチの語源については諸説ありますが、「沈菜(チムチェ)」という言葉が変化してキムチになったという説が有力視されています。「沈菜」とは、野菜を塩漬けしておくと水分が発生し、野菜自体が塩水の中に漬かる様子から生まれた言葉です。キムチといえば唐辛子の赤が思い浮かびますが、古くから食べられていたキムチは塩漬けしただけの白キムチでした。16世紀後半に中国から唐辛子が伝えられ、発酵促進効果や、加工のしやすさなどからキムチ作りに適した香辛料として本格的に使われるようになりました。辛さの中にもたくさんのうま味があり、夏バテにも効果的です。キムチの力で暑い夏を乗りきりましょう☆

0

7月27日

(献立) ・ご飯 ・味噌汁 ・揚げ魚のおろしかけ ・ごぼうサラダ

 皆さんは「ホキ」という魚の名前を聞いたことはありますか?今日の揚げ魚のおろしかけにはこの「ホキ」が使用されています。あまり聞きなれない名前ですが、のり弁やハンバーガーの白身魚フライに使われることも多く、意外にも身近な魚です。今日は、そんな「ホキ」について紹介したいと思います。

 ホキはニュージーランド海域の水深200mから700mに住んでいる深海魚で、大きな瞳を持ち、細長い形をしています。そんなホキですが、日本では「フィレ」として知られ、輸入する白身魚の中でも人気の種類です。白身魚のため味わいは淡泊で、風味にクセはなく、加熱しても身が縮みにくいことから調理スタイルを選ばずに楽しめます。スパイスなどで濃い味付けにしたり、今日のおろしかけのようなソースを上からかけて食べるとより美味しく食べることができますよ。

0

7月22日

(献立) ・バターチキンカレー ・海藻サラダ ・冷凍パイン

 夏はカレーの本格シーズンです。本日給食で出たバターチキンカレーはもともと、インドで親しまれてきた料理です。鶏肉をヨーグルトと香辛料に漬け込んで焼く料理「タンドリーチキン」を作る際に、余ったソースにトマトやバターを加えて作ったのが始まりとされています。バターや生クリームを使うためコクがあり、辛味も抑えられています。辛さやスパイスのイメージが強いインドカレーですが、バターチキンカレーは例外的に口当たりがまろやかなのが特徴です。バターチキンカレーはインドでは「ムルグマカニ」と呼ばれ、首都デリーでよく食べられます。インドカレーは地方によって使う食材やスパイス、味付けが異なるので調べてみると面白いですよ。

0

7月21日

(献立) ・ご飯 ・けんちん汁 ・うなぎの蒲焼き ・いその香和え ・レモンソーダゼリー

 今日は土用の丑の日。土用の丑の日というと一般的に「うなぎ」を食べる日と認識されています。うなぎは本来、秋から冬にかけて旬を迎えますが、なぜ夏にうなぎを食べるようになったのでしょうか。それは江戸時代の万能学者である平賀源内という人物が関係しています。もともとうなぎの蒲焼きは味が濃く、こってりしているので夏は売れませんでした。そこでうなぎ屋が、夏でもうなぎが売れるように、知識人で有名な平賀源内にアドバイスを求めました。うなぎ屋から相談を受けた平賀源内は、「丑の日だから、『う』のつくものを食べると縁起が良い」という語呂合わせを考えます。またうなぎは古来より精をつけるのに良い食べ物として知られていたことも利用し、「精のつくうなぎは夏を乗り切るのに最適」というセールスポイントを加え、うなぎ屋の店の前に、「本日、土用の丑の日」と書いた誰の目にもつく大きな看板を置かせました。その結果、うなぎ屋は大繁盛となったそうです。それを見たほかのうなぎ屋も次々に真似し、土用の丑の日にはうなぎを食べるというのが風習として根付きました。

0

7月20日

(献立) ・ソース焼きそば ・三色ナムル ・豆腐ドーナツ

 ソースの香りが食欲をそそる、日本の定番食である焼きそばのルーツは中国の「炒麺(チャオメン)」です。炒麺とは、読んで字のごとく中華麺を炒めて作った料理の総称で、そのバリエーションは数百種類にのぼるといわれています。この炒麺をもとに日本でソース焼きそばが生まれたのは終戦直後のことです。当時は小麦粉がなかなか手に入らなず、キャベツを使って量を増やしていました。キャベツは水分が多く、炒めていくうちに味が薄まってしまうため、ソースで味を補ったのが始まりです。ソース焼きそばは全国各地に広がり、具材や味付けもそれぞれ違います。各地でご当地グルメになっている焼きそばもあるので、ぜひ調べてみてください!

0

7月17日

(献立) ・ご飯 ・中華たまごスープ ・チンジャオロース ・春雨サラダ

 今日は中華メニューでした。ご飯に合うおかずが多い中華料理はいくつかの種類に分類されることを知っていますか?北京ダックや水餃子で有名な山東料理、飲茶など日本人にとって馴染み深い広東料理、唐辛子を使った料理が多く、中国一辛いといわれる湖南料理など、全部で8種類にもなります。今日のチンジャオロースは、福建料理発祥の四川料理に分類されます。四川料理といえば麻婆豆腐など辛いイメージがありますが、実は辛い料理は全体の3分の1程度しかありません。中華料理は長い歴史、広大な土地、地理や生活環境、産物などを背景に、様々な知恵を巡らせて育てられた料理です。他にもどんな料理があるのか調べてみると面白いですよ。

0

7月16日

(献立) ・ツナとトマトの冷製パスタ ・揚げじゃがバター醤油 ・冷凍もも ・ジョア

 初夏から秋にかけて旬を迎える桃ですが、大きく分けて2つの種類があります。1つは白桃、もう1つは黄桃です。今日の給食でも出た黄桃は、もともと硬い品種しかなく、加工用として栽培されていました。しかし、最近では柔らかく甘い品種も開発され、黄桃の生食も増えています。黄桃はとろけるような食感の白桃に比べ、繊維質で噛み応えがありますが、果汁も多くジューシーな味わいが特徴です。濃厚な甘さの中に程よい酸味があり、マンゴーに似た芳醇な香りが楽しめます。黄桃には食物繊維が多く含まれているため、整腸作用があり、便秘予防に効果があります。また、カリウムも多く含まれているので、長時間の運動による筋肉のけいれんを防いだり、高血圧の予防に効果的です。黄桃の主成分は果糖であるため、夏バテの疲労回復に有効ですよ。

0

7月15日

(献立) ・ひじきご飯 ・すまし汁 ・豚肉のチリソースかけ ・キャベツの塩昆布和え

 ひじきといえば、日本人にとって馴染み深い食材です。昔から「ひじきを食べると長生きする」といわれており、三重県のひじき協同組合は「敬老の日」にちなんで9月15日を「ひじきの日」としました。少し前にひじきの栄養素で話題になったことがありました。鉄分の王様と呼ばれていたひじきですが、それはもう過去の話。。。2015年に15年ぶりに改訂された食品成分表の鉄分が改定前の九分の一の量になったのです。なぜかというと、当時のひじきの加工に鉄鍋が使われていたから!鉄鍋でひじきを加工すると、鉄鍋の鉄分が溶け出し、ひじきに吸収されます。その結果鉄分を多く含んだひじきになるのです。しかし現代のひじき加工には、ステンレス鍋が使用されているため、鉄分が溶け出しません。同じ原理で鉄分の量が少なくなった食材が切干大根です。加工や調理に使用する器具で栄養素の量が変わるなんて面白いですよね。もし鉄分が足りないなぁと感じたら、鉄鍋で調理してみると良いかもしれませんね。

0
日誌

今日のコンダテ!2019

2月26日

(献立)・スタミナ丼 ・味噌汁 ・いちご ・紅芋団子 ・牛乳

スタミナ丼には、豚肉や玉ねぎ、ニンニクの芽などが入っています。
玉ねぎやニンニクの芽に入っている「アリシン」という栄養素は、「ビタミンB1」という栄養素の働きを助け、疲労回復を促してくれます。ビタミンB1は豚肉に多く入っているため、今日のスタミナ丼はまさにスタミナUPできる丼なのです^^

 

今日で今年度最後の給食となってしまいました...。
3月は色々お楽しみな給食を用意していましたが、出すことができなくなってしまい残念な気持ちでいっぱいです...。
しかし落ち込んでいても仕方ないので今は、来年度みなさんに喜んでもらえる給食を考えることに注力します!

1年間本当にありがとうございました。
来年度もみなさんが元気に高校生活を過ごせるように、美味しくて安心安全な給食作りをしていきたいと思います。
また4月に元気な姿で会えることを楽しみにしています^^

0

2月25日

(献立)・ご飯 ・ふわふわ卵スープ ・タンドリーチキン

    ・青菜のガーリックソテー ・飲むヨーグルト

今日は洋食でした!

ふわふわ卵スープは、調理員さんが卵をしっかり泡立ててからかき玉にしてくれたおかげで、スフレの様なふわふわ食感のかき玉になりました!こういった一手間が美味しさに繋がるのですね^^

考査期間中は生徒の喫食数が少なくなるのが悩みです^^;

0

2月21日

(献立)・カレーうどん ・さつまいもの天ぷら ・オレンジ ・牛乳

カレーうどんに、さつまいも天。何だか地味な献立ですが、生徒にはどちらも人気なメニューです。
カレーうどんの汁は、かつおと昆布の合わせ出汁に、豚肉、玉ねぎ、人参、ネギを入れました。葉物野菜が加われば、見た目も栄養価的にもよかったな、と反省^^;
さつまいも天は、さつまいもが甘くて美味しいと好評でした^^ 

0

2月20日

(献立)・コーンピラウ ・ハブチュチョルバス ・ケバブ ・チョバンサラダ

今日は月に一度の世界の料理の日。トルコ料理を出しました!
書き慣れないカタカナが並んでいて、どんな料理か想像できませんよね^^;
料理の説明は2月の献立表に書いてあるので、ぜひご覧ください。

ケバブはスパイスをいくつか使っており、「本格的な味」と喜んでもらえました。食べ慣れない味だから生徒は苦手かなと不安でしたが、残すことなく食べていました!

ハブチュチョルバスは人参のスープです。すりおろした人参を使っているので、綺麗なオレンジ色のスープになりました^^  

色鮮やかな給食になりました!

0

2月19日

(献立)・ご飯 ・みぞれ汁 ・みそバタ肉じゃが ・野菜の塩昆布和え ・牛乳

みぞれ汁の「みぞれ」の正体は、大根おろしです!大根おろしが氷のみぞれのように見えるから、みぞれ汁。なめこ入りでとろみがついているので、身体が温まります!
そしていつもの肉じゃがをアレンジした「みそバタ肉じゃが」を出しました。みそとバターのコクが肉じゃがに良く合います!和風味ではなく、コンソメを使った洋風味なところもポイントです^^

0

2月18日

(献立)・ご飯 ・酸辣湯 ・春巻き ・イカと野菜の中華和え ・牛乳

今日は中華料理献立でした。
春巻きは手作りです!具材は豚肉、筍、キャベツ、木耳などが入っています。調理員さんに、皮が破けないよう丁寧に調理してもらいました。パリパリっとした食感に揚がりとても美味しくできましたよー! 

酸辣湯は酸味と辛味が効いた中華スープです。鶏肉、たまご、豆腐、たっぷりの野菜が入っていて栄養バランスばっちりのスープです!

作業工程が多く大変な献立でしたが、今日も調理員さんが完璧に美味しく作ってくれました!ありがとうございます!

0

2月17日

(献立)・ポークカレー ・海藻サラダ ・冷凍パイン ・牛乳

みんな大好きなカレーの日!
食堂に入ってきた生徒達が「やった!今日カレーだ!」と嬉しそうに話しているのを見ました^^ 「給食で一番カレーが好き」とおかわりをしながら私に言ってくれた生徒もいました。
そんなに喜んでくれるのなら、毎日出したくなっちゃいますね!(冗談です)
もちろん誰一人残すことなく、残食ゼロでした!素晴らしい!

0

2月14日

(献立)・スパゲティナポリタン ・ジュリエンヌスープ

    ・いちごとブルーベリーのケーキ ・牛乳

ナポリタンの具材は、今まではベーコンを入れていたのですが、今日はウィンナーを入れました。今までと嗜好が変わり、個人的にウィンナー入りの方が好きだと思ったからです。笑
ハムが入ったナポリタンが好きな人もいますよね。調理員さんはハム派と言っていました。
みなさんはどんな具材が好きですか?

ジュリエンヌスープのジュリエンヌとは、フランス語で千切りを意味します。いつもより細く切った具材はその歯応えを活かすために、くたくたに煮込まず少しシャキシャキした食感に仕上げました。

そして今日はバレンタインでしたので、特別にちょっと贅沢なデザート付きです!喜んでもらえたかな?^^

0

2月13日

(献立)・ご飯 ・じゃがベースープ ・白身魚のトマトソースかけ

    ・青菜のカレー炒め ・牛乳

白身魚のトマトソースかけの白身魚は、鱈を使っています。旨味の強い鱈は、トマトソースと相性抜群です!美味しいと好評でした^^
青菜のカレー炒めは、カレー粉で少しスパイシーに仕上げました。
トマトの赤と青菜の緑で、色鮮やかな給食になりました^^

0

2月12日

(献立)・鶏ごぼうピラフ ・スティック野菜サラダ ・さつまいものごま団子 ・牛乳

ごぼうをピラフに?と驚くかもしれませんが、けっこう合います!みんな大好きなバター醤油味でとても食べやすいです。
そして今日の給食で一番苦労した、さつまいものごま団子!蒸したいもを潰して捏ねて、さらに丸めてごまをまぶして...。時間に追われながら、調理員さんと協力して作りました。
大変でしたが、生徒と先生が「美味しい!」と喜んでくれたので、頑張りが報われました^^
既製品を使えば楽ですが、やっぱり手作りが一番です!

0