熊定Blog

R3 1学期

6月16日(水)薬物乱用防止教室

薬物乱用は

「ダメ。ゼッタイ。」

 

 

講師に熊谷保健所の林昌己先生をお迎えして

「薬物乱用防止教室」が行われました。

 

 

薬物乱用が若年層に増えている実態、

大麻が薬物乱用の入り口~ゲートウェイ・ドラッグ~

になっていること。

薬物は強い依存性があり、自分の意志で止められないこと。

心や体を蝕みつづけること。

など説明がありました。

 

 

その後、DVD「薬物汚染を許さない!」視聴し、

最近の薬物犯罪の実態を学習し、

身近にひそむ危険性について学びました。

 

ケース1「大麻の誘惑」

 海外留学先で許容されている大麻を

使用を禁止されている日本国内で使用してしまう話でした。

その結果、

学業が疎かになり、仲の良かった友人との距離ができてしまいます。

大麻から覚せい剤へと強い薬物へ手を染めてしまう。

 

そこには、

 たいした罪にならないという誤った理解

 依存症にならないという誤った理解

があります。

 

 

ケース2「ネットが薬物を広める」

 SNSを利用したネット販売の実態を売人に語らせて話が進みました。

販売は隠語で行われ、

薬物は一度度使用したら止められない実態があります。

まさに「永久会員」!

SNSは売人にとって暗躍の場であり、

SNSは未成年の利用も多い

 

 

SNSは未成年の利用も多く、閲覧にフィルターを設ける

SNSを利用する者は高いネットリテラシーが求められます

 

 

ケース3「運び屋にされた彼女」

 海外留学、観光など外国から荷物を運ぶことを依頼され、

その荷物が薬物だったという内容です。

依頼人は恋愛感情を利用したりすることもあるということです。

また空港で親切心から軽い気持ちで他人の荷物の運搬を引き受けて

事件に巻き込まれることあるようです。

無料で海外旅行に行かせてもらい、薬物の入ったカバンを持ち込むという例もあるようです。

 

出国時に発覚すると、国によっては死刑、終身刑、無期懲役になったりする

 

 ◇

 

まとめ

 

違法薬物は、1回だけの使用でも乱用

依存性がある

幻覚、運動機能の低下、内臓機能の低下、感情をコントロールできなくなる

薬物購入のため、犯罪に手を染めるようになる

 

そうならないために

誘惑にきっぱり断る 断る勇気が必要

話題を変える

その場から離れる

 

若いみなさんには未来があります

 

感想文を書いて終了となりました。

 

 

 

0

5月21日(金)

令和3年度 生徒総会が開かれる

 

 

 議長に4年生の生徒が選出され、スムーズな議事進行が行われました。

その後、生徒会の役員紹介がありました。

 

議事に入り、

・令和2年度 決算報告

・令和3年度 活動方針

・令和3年度 行事計画

感染症予防対策を徹底しての実施となります

(行事実施後 熊定Blog で報告しますので、HPをごらんください)

・令和3年度 予算提案 がされました。

 

すべての議案について、大きな拍手で承認され、閉会となりました。

 

 

指導部長講話がありました

 

 (1)24日(月)から27日(木)まで、1学期中間考査が実施されます。

考査を受ける際の諸注意がありました。

大切な試験です。注意を守って一生懸命に取り組みましょう

(2)学校生活について、生徒のみなさんに守って欲しいことの話がありました。

 

0

5月13日(木)防災訓練が行われる

東日本大震災から10年。

「天災は忘れたころにやって来る」とは、寺田寅彦のことばです。

日ごろかの備えが必要なのはわかっていますが、ついつい備えをおろそかにしがちです。

さて、本日、防災訓練が行われました。

視聴覚室で、防災ビデオ「地震火災」-あなたの命を守るために出来る事-(消防庁)を視聴しました。

◇ 

 「東日本大震災における本震により火災の過半数が電気関係からの出火でした。

地震が引き起こす電気火災とは、

地震の揺れに伴う電気機器からの出火や停電が復旧した時に発生する火災のことです。

どのようなメカニズムで発生するのか」

アニメーションと実際の実験映像を交えて解説がありました。

そのいくつかを紹介しますので、各家庭で点検してみるとよいでしょう。

 

       1)電気ストーブやコンロを使用中

衣類や布団が覆い被さったり、倒れたりすることで出火の原因になることがある

          対策 ①家具などの転倒防止対策をする

             ②周囲の整理整頓

             ③転倒したさい消化するなど安全装置のついた製品を利用する
       2)停電後、電気機器がスイッチが入ったままだと、

         再通電後、ショートしたりして火災に発展することがある
          対策 ①感震ブレーカーをつける

             ②簡易的なものとして、ブレーカーのつまみに重りをつけて揺れた時に落ちるようにする

             ③離れるときにプラグを抜く

             ④再通電後、しばらく家電に異常がないか様子をみる

       3)住宅の警報器のバッテリーの点検を行う

          ・電池は、7~10年くらいで使えなくなる
       4)初期消火が大切なので、自主防災組織に参加する 等

その後、教室に戻り、担任の説明を受け、避難訓練を行いました。

避難先の校庭で熊谷消防署の方から消火の方法を教えていただき、

生徒代表が水消火器による消火訓練を行いました。

訓練の際に、手順の確認の声も出て大きな拍手が生まれました。

 

最後に講評をいただき、終了しました。

 

天災は忘れた頃にやって来る -寺田寅彦-

 

 

0

5月7日(金)離任式

この春の人事異動で、

本校定時制から異動になった先生の紹介と、

式に出席いただいた3名の先生からご挨拶をいただきました。

  

鈴木先生(理科)

 これからは、小中学生の学校、家庭ともうひとつの居場所づくりに挑戦します。

また、高校の勉強が土台になるので、しっかり学んでください。

そして、各自の長所を伸ばしてください。

 

 

芳野先生(保体)

  

生徒のことを考えている先生方に囲まれて幸せだと思う。

卒業を目指すことが恩返し。

また、ゴルフの松山選手が優勝した際に早藤キャディのコースへの一礼のように感謝する気持ちを持つことが大切。

 

 

武田さん(栄養士)

給食をお代わりしてくれて、好き嫌いなく、たくさん食べてくれてありうがとう。

生徒のみなさんの健康を考えて作っているので、これからもたくさん食べてください。

 

 

生徒会長の田島君から

苦手だった理科が好きになったこと、部活でお世話になったこと、

やさしく指導をいただいたこと、フットサルで大会に参加したこと、

いつもおいしい給食をいただいたこと、流行りの料理をいただいたことなど、

3名の先生への想い出と感謝のことばがありました。

 

 

生徒のみなさんも懐かしさも一入(ひとしお)のようで、話も尽きず、お別れを惜しんでいました。

 

先生方

ありがとうございました

ご活躍をお祈りします 

 

0

4月16日(金)

総合的探究の時間(以下、総探)の説明会が3階の視聴覚室にて開かれました。       

2時間目の授業の後の短い休み時間(5分)にも関わらず、生徒のみなさんの自覚ある行動のおかげで予定通りに開催されました。

 

最初に担当の先生の「総探」について説明がありました。

・総探は、①行事総探 ②授業総探(金曜日の3時間目に設定)があります。

・授業総探は、学年に関係なく、以下の3講座から希望をとり、受講する講座       

 が決まります。

・欠席が多いと進級・卒業ができません。

 

オリンピック・パラリンピック研究

    各自が深く探究することによって、新しい発見があることを野球の歴史を例に上げ説明がありました。

やってんべぇ 見てんべぇ
    テレビ番組や映画を例に、自然とくらしとの関わりや、身近な実験・観察を行います。

アナログゲーム研究

 ボードゲームやカードゲームなど電源を使用しないゲームで、思考力・対応力・発想力が鍛えられます。最近、人気のゲームで専門とするカフェもあります。

 

説明会の後、教室に戻って希望をとりました。

0

4月13日(火)

今年度初めての全校集会が行われました。

集合状況がよく、予定の時間に開始することができました。

 

教務主任・生活指導主任・進路主任の講話と、

深谷若者サポートステーション(https://fky-saposute.roukyou.gr.jp/)の方、

スクールカウンセラーの方 の紹介がありました。

 

 

中学校と高校の大きな違いは、

休んだり、授業に出なかったり、成績が著しく振るわなかったりする

と、進級・卒業に影響してくることです。

毎日、学校へ来て、勉強することが大切です。

 

生活についても、熊谷高校定時制の生徒として、

決まりを守った、ふさわしい生活

をすることが求められます。

 

また、卒業後の進路を考えなければいけません。

就職、進学、ひとそれぞれです。

高校生活は、長そうで、意外に短いものです

将来を考えた日々の生活が大切になります。

4年生の多くは9月以降、進路が決まっていきます。

 

 

 なお、スクールカウンセラーの方は、月1回のペースで来校します。

相談を希望する生徒は担任の先生まで申し込んでください。

 

0

4月9日(金)

今年度 はじめての給食

-同じ釜の飯を食(く)う仲間-

生徒・教職員が一同に会して食堂で給食をいただきました。

新型コロナ感染予防のため、おしゃべりできないのがつらいですね。

メニューは、ポークカレー、コーンサラダ、オレンジゼリー、牛乳です。

 

 給食(食事)には、

食材をつくるひと、

献立を考えるひと、

調理をするひと、

後片付けをするひと、 

このように、たくさんの方の手間がかけられています。

 

生徒のみなさん!

学校に来て、

勉強して、

あたたかくておいしい給食をいただきましょう。

 

グループ  グループ グループ

 

ようこそ!  新入生のみなさん × 先輩のみなさん よろしく!

-ともに学ぶ仲間-

 

視聴覚にて、対面式と部活動紹介が行われました。

対面式は、新入生と在校生が向かい合い、

新入生の代表が新入のあいさつ、

在校生を代表して生徒会長が歓迎のあいざつ

を行いました。

 

その後、部活動紹介が行われました。

バレーボール部、フットサル部、バスケットボール部、バドミントン部、ソフトテニス部、空手道部、

美術部、科学部の

それぞれの部の代表が新入生の勧誘を行いまいした。

 

0

新任式・始業式

こころ あらたに 新しい スタート

4月8日(木)新任式・始業式が行われました

【新着任者紹介】

新任式では、校長先生より転出者と着任者の紹介がありました。

 

始業式では、校長先生の講話がありました。

生徒のみなさんが新学期を迎えるにあたり、3つの心構えのお話しです。

 

 

【要旨】

1)フランソワ・ラ・ロシュフーコー の                      【校長講話】

われわれは希望に従って約束し、怖気(おじけ)に従って約束を果たす。

  を引用し、

  希望を持ち、努力を続けることで、今の自分より理想の自分

  をイメージすること。

  それには、学校に来て、授業に出席することが大切。

 

2)して良いこと、悪いことを考えてから行動して欲しい。

  衝動にかられて行動しないで欲しい。

  ネットトラブルにも注意したネット利用をしてもらいたい。

  理性と愛情をもった行動をお願いしたい。

 

3)ひととの出会いを大切にし、これからの高校生活を送って欲しい。

  出会いは、人生の糧(かて)になります。

  出会いの基本は、あいさつです。

 

先生方も全力で応援します。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

 

明日から給食が始まります。

みなさん たのしみですね!

 

ブログ担当者が一番たのしみにしていたりして(笑)

 

0

楽屋落ち 渉外部だより

楽屋落ち 渉外部だより

 

入学式も終わって、新入生PTAの理事決めの時間を迎えました。

係の教員から「できたら立候補でお願いしたいんですけど、・・・」のあと、しばらくシーンとした静かな時間だけが過ぎて行きました。

 

 どこの学校でもPTA役員はなかなか決まらないものです(今までの経験)。

 

そんな中、おふたりが立候補し、新理事が決まりました。

 とにかく、やってみる、その心意気に、生徒のみなさんも学ぶところがありそうです。

 

0

第74回入学式

みなさん こんにちは

新しく担当となりました。どうぞ、よろしくお願いします。

 

_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/

埼玉県立熊谷高等学校定時制

第74回 入学式

-ご入学 おめでとう!-

_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/

 

昨日、本校視聴覚室にて、令和3年度第74回入学式が行われました。

校長先生より14名の入学が許可され、熊谷高校定時制の新しい仲間を迎えました。

 

 

校長先生の式辞では、3つのお祝いのことばをいただきました。

ひとつは、iphoneをつくったことで知られる、スティーブ・ジョブズのことばで、

成功と失敗の一番の違いは途中で諦めるかどうか

であるということです。

みなさんには、明るく挑戦する気持ちをもってチャレンジしてもらいたい。

 

ふたつめは、

1日いちにちを大切にする

ということ。

毎日、学校に来ること。お互い励まし合いながら、授業に出て勉強する。

 

みっつめは、

ひととの出会いを大切にする

ということ。

クラスメイトに年齢の開きがあったり、様々な経歴のある方がいるところが定時制のよいところ。

積極的に友情を深めて欲しい。

そして、4年間でしっかりした足跡を残して卒業して欲しい。

 

3つのことばをしっかり心に刻んで、生活をしましょう。

みなさんは、熊谷高校定時制の仲間です。

 

 

 

0