くまていBlog

令和6年度

6月21日(金)社会体験活動が行われました

今年度の社会体験活動は、

新しい取り組みとして「企業・学校合同説明会会議・研修を本校にて実施しました。

 

今回は、

(株)さんぽう様・熊谷ハローワーク様・熊谷商工会議所様・

埼玉中小企業家同友会様のご協力の下、

駿河大学様・東都大学様・育英大学様・アルスコンピュータ専門学校様・

専門大学校埼玉自動車大学校様・高崎ビューティモード専門学校様・

埼玉県栄養専門学校様・埼玉県調理師専門学校様・埼玉県製菓専門学校様・

かんな福祉専門学校様・(株)PIP様・(株)ノワテック様・

(株)KSP様・(株)日本グリーン企画様・小林建材工業(株)様

 をお迎えして実施しました。

 

事前にガイダンス希望調査を行い、

希望の会場に分かれて学習しました。

窓越しに教室を覗くと

生徒はメモ鉛筆を取ったり質問グループをしたりと、

真剣さ花丸が伝わってきました。

 

出席状況もよく、卒業後を見据えて大いに勉強になった

ものと実感し、当初の目的を果たすことができました。ピース

 

6月12日(水)薬物乱用防止教室が行われました

講師に熊谷保健所より林昌己様をお迎えして、

「薬物乱用防止教室」が開かれました。

林先生は、子ども会でも活躍しており、

お世話になった生徒もいるかもしれません。

 最初にDVD

「今、薬物問題を考えよう!~私たちの未来のために~」を視聴しました。

   薬物乱用はなぜ無くならないのか?

   このまま拡大が続くと、
   私たちの未来はどうなるのか?

   実感しにくい薬物問題のリアルな実態を

   元麻薬取締官から聞く内容ででした。

会議・研修 講演はレジメに沿って進められました。

本 乱用される危険のある薬物

 ・違法薬物の紹介

 ・「薬局で購入する薬」の飲みすぎも危険です

本 薬物乱用はやめられなくなる

 ・タバコを例に、薬物は何度でも使いたくなる「依存」や

  使用量が増える「耐性」ができてしまいやめられなくなる

 ・後遺症(フラッシュバック)も怖い

本 薬物乱用への甘い誘いに気をつけよう

 ・売人や勧める人は身近にいたりする

 ・ネットで簡単に手に入れられる

本 薬物乱用は重い犯罪

 ・他人に害を与えてしまう

本 ひとりで悩まず相談を!

 ・いい仲間、いい友達(例えば、何かあった時に注意してくれる人)

  をつくろう

 ・誘われそうになったら話題を変えるのもひとつの方法

  「そういえば、・・・」「用事があるので、・・・」など、

  断る勇気を持とう

 

      ◆     ◆     ◆

 

音楽最後のお話がこころに残りました。

 花丸努力をする人は未来を語る

    怠ける人は不満を語る(文句ばかり言う)

 

 花丸「吐」くという漢字は、口へんに

   「+(プラス)」と「-(マイナス)」を書く。

   口からは、+のことも、-のことも話す。

   いつも前向きに考えて話すと、

   -はなくなり、+の縦線が伸びて、

   「叶」うという字になり、夢が叶う!かもしれないお祝い

   目標を持って何事もプラス思考で!

お知らせ 令和6年度埼玉県定通総合体育大会 陸上競技の部 結果報告

 令和6年6月8日(土)に上尾運動公園陸上競技場で行われた「令和6年度埼玉県定通総合体育大会 陸上競技の部」に本校陸上部の2名が参加しました!キラキラ

【結果報告お知らせ

男子1500m決勝

 〇5位・・3年生徒 5分42秒

 〇6位・・2年生徒 5分49秒

 

 大会当日は、30℃を超える暑さとなりました晴れ熱中症にならないようにタブレットや水分補給をしっかりして、いざスタートへ!!

 2年生徒は初出場。3年生徒も久々の大会ということもあり、緊張した様子でスタートラインに立ちました!

 号砲が鳴ると、2人とも自分自身のペース配分を意識しながら良いスタートを切ることができました花丸

3年生徒は、序盤は最後尾につけていたものの、徐々にペースを上げ、得意の後半勝負で結果は5位!!

2年生徒は、初出場ながら必死に粘りを見せて、6位でフィニッシュしました!

 大会後、出場した生徒2名からは、悔しい気持ちが溢れていました・・惜しくも全国大会出場とはなりませんでしたが、今持っているベストのパフォーマンスを発揮できたと思いますキラキラ

 そして、こういう気持ちになれるのもスポーツの良いところだと改めて実感しました!!

その気持ちを忘れず、次の大会や今後の学校生活に生かせるよう、今後も頑張ってまいります!笑う

 

応援ありがとうございましたお知らせ

 

 

6月5日(水) 避難訓練を行いました

 いつもより早い時間に給食給食・食事を食べた後、

避難訓練の事前学習として

「火災から命を守る8つのポイント」を視聴しました。

 

DVDでは、3つの習慣と5つの対策が紹介されました。

視聴した生徒諸君グループ、心あたりはありませんか。

火災は全てのものを失います。

できることから始めましょう。

 

会議・研修3つの習慣

 1 寝たばこはやめる(もちろん、たばこは20歳になってから)

 2 燃えやすいものの近くではストーブを使用しない

 3 ガスコンロなどのそばを離れる時は必ず火を消す

 

会議・研修5つの対策

 1 住宅用火災報知機を設置する

 2 寝具・衣類・カーテンは防炎品を使用する

 3 住宅用消火器等を設置する

 4 お年寄りや身体の不自由な人を守るために、隣近所の協力体制をつくる

 5 放火に注意

 

教室に戻った後、

地震による火災が発生したという想定で、

熊谷消防署員の方が立会いの下,

避難訓練が行われました。

 

また、消火器の使い方の説明をしていただき、

各学年から代表生徒2名による「水消火器」を

使った消火体験が行われました。

     

 

 

 

 

 

最後にお褒めの講評をいただき終了となりましたにっこり

 

   ◆   ◆   ◆

 

もっと詳しく、知りたい生徒のみなさんは、

つぎのHPを見るとよいでしょう。

NHK防災「明日を守るナビ」

https://www.nhk.or.jp/bousai/articles/21785/

5月17日(金)生徒総会が開かれました

お祝い「令和6年度 熊谷高等学校定時制 生徒総会」グループ

が開かれました。

議長を務める生徒会長より

総会の成立要件である2/3以上の出席が確認されました。

はじめに

会長、副会長、会計監査の生徒会役員が紹介され、議事に入りました。

                  

副会長より

「令和5年度 決算書」が報告されました。

続いて会計監査係から

通帳・書類を調べた結果、誤りがないことが報告され、

拍手で承認にっこりされました。

 

「生徒会活動方針」では次の3点が読み上げられ、

拍手で承認にっこりされました。

  1 自ら挨拶や返事をしよう

  2 授業と休み時間の区別をつけよう

  3 皆で校歌を歌い、熊定愛を深めよう

 

「年間行事計画」の説明では、

スムーズに進められるよう、協力のお願いがありました。

拍手で承認にっこりされました。

続いて、 

「令和6年度 熊谷高等学校 生徒会会計 予算書」の説明があり、

拍手で承認にっこりされました。

議題は以上で終了し、議長が解任されました。

 

最後に音楽校歌を流し、生徒総会が終了となりました。

 

     ◆     ◆     ◆

 

その後、生徒指導部講話会議・研修が生徒指導部長からあり、

「生徒会活動方針」と絡めた講話がありました。

また、来週の月曜日(20日)から始まる中間考査花丸と関連した

受験上の注意鉛筆について説明がありました。

 

 

5月2日(木)離任式が行われました

この春の人事異動で熊定から3名の先生が異動しました。

本日、校務のご都合がついた2名の先生を迎え、

離任式が行われました。

本校長先生より

アメリカの教育者、ウィリアム・ウォードのことばである
  平凡な教師は、言って聞かせる。
  良い教師は、説明する。
  優秀な教師は、やってみせる。
  しかし、最高の教師は、生徒の心に火を付ける。

を引用して、心に火を付けた

3名の先生の本校での活躍ぶりが紹介されました。

 

その後、 

離任された先生方から熊定最後の授業(あいさつ)

をしていただきました。

 

   ◆   ◆   ◆

 

本生徒のみなさんへ

今度の職場ではチャイム前に校歌がながれます。

音楽の授業はないが、4年間で校歌を歌えるようになって欲しい。

また、惰性で生活することなく、

気持ちを新たにがんばって欲しいと思います。

 

ピアニストのフジコ・ヘミング氏は、

途中、耳が聞こえなくなってしまいました。

コンサートなどで間違ってもごまかすことなく、謝ったそうです。

そして、次回、間違えないよう工夫することが大切だと話しています。

みなさんも間違えたときは、ごまかさず素直に認めて謝り、

同じ間違えをしないよう、工夫していくことが大切だと思います。

 

本生徒のみなさんへ

授業をはじめ、生徒指導主任、進路指導主事として、

時には厳しく、かなり厳しく、声掛けをしてきました。

それは、社会に通じるようにという思いからです。

だらけた生活をしていたら、これからも、

言われる!(注意される!)と思って生活してください。

 

また、「目指す学校像」を心にとめて生活をして、社会にでて欲しいです。

 

みなさんは

よくあいさつをしてくれたなと、異動してつくづく思います。

誰かに会ったら、

先にあいさつをしてくれるといいなと思います。

一歩頑張ることの積み重ねが大きな差になるので、

気持ちを強く持って生活をし、

熊定にいて良かったと思えるような学校生活を送ってください。

 

   ◆   ◆   ◆

 

生徒を代表して生徒会長から、

ふたりの人柄に触れながら入学時から日々の授業などの想い出や、

勇気付けられたこと、見習いたいことなど、

気持ちのこもった感謝のことばが贈られ、とても感動的でした。

 

   ◆   ◆   ◆

 

閉会後も何人もの生徒が

おふたりの周りに集まり別れを惜しみながらも、

思い出話に花が咲き、とてもすばらしい離任式となりましたキラキラ

4月12日(金)「総合的探究の時間」説明会が行われました

毎週、金曜日3時間目に行われる

「総合的探究の時間」の説明会会議・研修

行われました。

              

 

9つの講座の説明があり、

生徒の希望により

数講座が開講されます

   グループ   グループ   グループ

1 ボードゲーム探究

2 パラスポーツ探究

3 哲学対話

4 ♬scratchでmusic♬

5 やってみるかぁ

6 日本の伝統的な遊び

7 推し探究

8 認知症を学ぶ

9 論語の素読

   グループ   グループ   グループ

19日(金)から

いよいよ始まります。

お楽しみに

 

お知らせ 3学期には、各人が探究した成果が発表会議・研修されます。

 

4月10日(木)全校集会が行われました

全校集会では、熊定で学ぶにあたって、

係から大切なお話しがありました。

 

本生徒指導部より

「学校生活で守って欲しい事柄」

大原則 1 命に係わることは絶対しないこと

    2 誰が見ても間違っていると思われれることはしないこと

    3 お互いが気持ちよく生活できるよう心がけること を踏まえて

(1)   他者との関わり方について

(2)   授業の受け方について

(3)   私物の管理について

(4) 運転免許取得と、通学手段について

 

本教務部より

(1)出欠席について

(2)授業の受け方について

(3)単位の認定について

(4)皆勤賞・成績優良賞について

 

本進路部より

(1)   各学年の進路指導のスケジュール

(2)   各学年で心がけておくべきこと

 

本生徒会係より

委員会活動についての説明がありました。

約束事を守りつつ協力し合って、今年度も充実した学校生活を送っていきましょう。

4月9日(火)対面式・部活動紹介が行われました

共に同じ釜の飯を食う仲間 

今日はいつもより給食時間が早い「早給食」から始まりました。

新入生にとって初めての給食給食・食事です。

献立の主食はポークカレーライスです。

 

     にっこり     興奮・ヤッター!     期待・ワクワク    

 

共に生活する仲間 

対面式では、

1年生が2~4年生と向かい合うように前方に並び、

あいさつの礼で始まりました。

最初に新入生代表生徒が

入学した抱負と、先輩へのあいさつが行われ、

熊定の仲間入りとなりました。

 

つづいて上級生を代表して生徒会長が、

困ったときは、相談にのることや

楽しい学校生活を願っていると歓迎の言葉がありました。

 

     にっこり     興奮・ヤッター!     期待・ワクワク

 

共に活動する仲間 

部活動紹介では、放課後行われる

フットサル部、バスケットボール部、

バドミントン部、卓球部、陸上部と

始業前に行われる美術部、科学部の紹介がありました。

活動時間は短いものの充実した楽しい学校生活の

ひとつのピースになるものと思います。

 

 共に学ぶ仲間

4月12日(金)からは授業会議・研修がはじまります。

      にっこり     興奮・ヤッター!     期待・ワクワク

 

4月8日(月)始業式・新任式が行われました

新しい仲間グループも増え、新しい教室鉛筆で、新しい教科書本で、

いよいよ令和6年度 熊谷高校定時制のスタートお知らせです。

 

開式の言葉のあと校長先生からつぎのような講話会議・研修がありました。

 

要旨

寒い北海道でのできごとです。

車内で切符を買おうと

終電ぎりぎりの電車に急いで乗ったものの財布がみつからない。

車掌さんにわけを話しても

「次の駅で降りてください。」と言われる。

困ったところに同じ年恰好の男のひとが回数券をくれました。

お礼をしたいと申し出たところ、氏名・住所も教えてくれない。

その男性は同じように困ったときに

女子高校生にお金を出してもらったことがあった。

彼女は、今回と同じように対応しつぎのように話したという。

困った人を見かけたらその人を助けてあげてください。

そしたら、私のひとつの親切が、

ずっと輪になって、広がるから。そうなるのが一番嬉しい。」と。

 

このように心づかいと思いやりの気持ちを忘れずに、

自分がされたら嬉しいことを相手にもしてあげてください。

自分がされた嫌なことは絶対にしないでください。

 

全員で校歌(*)を歌い、閉式となりました。

 

 

 

その後、教務主任から成績について、

給食担当から給食室の利用についてお話しがありました。

  

 

毎回、本日のように

校長先生より考えるひらめき機会になる講話があります。

また、作文や小論文鉛筆に役立つ内容だったりします。

 

行事だからと言って休んだりNG

遅刻したりしてNG

聴き逃すのはもったいないことです。

  *) 熊谷高等学校校歌は、石坂養平作詞 山田耕筰作曲 大澤壮吉編曲です。

     今でも作曲者の山田耕筰の歌は音楽の授業でたくさん習っています。