給食日誌

今日のコンダテ!!2021

5月13日

 

(献立) ・ミートソーススパゲティ ・コールスローサラダ ・オレンジ

 

 ミートソースの起源は、イタリアのボローニャ地方です。「食の都」とも言われていたボローニャの裕福層が、「ラグー」と呼ばれるフランスの煮込み料理を参考にして作らせたものが始まりだと言われています。そのため、日本のイタリア料理店などでは、ミートソースのことを「ラグーソース」「ボロネーゼ」などと表記する店も見られるそうです。味付けがしっかりしているので、オレンジや味付けがさっぱりとしたサラダを副菜として合わせました。

 

0

5月12日

 

(献立) ・ご飯 ・なめこ汁 ・鰹の生姜焼き ・野菜のカレー煮

 

 鰹は初鰹、戻り鰹と旬が二回ある珍しい魚です。初鰹は4月~5月頃が旬でおいしい時期で、たけのこやゼンマイと共に春の旬として挙げられます。初鰹の魚肉は赤々としていて、味はあっさりとしているのが特徴です。身が崩れやすいため、焼くとき崩れないように注意して焼きました。また、生姜が入る事で魚の臭み消しになります。野菜のカレー煮は、野菜をカレーで煮ることによって、嫌いな野菜でも食べやすくなります。今日は提供食数も多く、残食量が少なかったので嬉しかったです。

 

0

5月11日

 

(献立) ・ゆかりご飯 ・味噌汁 ・松風焼き ・小松菜とわかめのサラダ

 

 松風焼きは、和菓子の松風のような見た目をした料理のことで、おせち料理にも用いられています。鶏ひき肉に味噌や砂糖で味付けして平らにし、上からケシの実をふりかけて焼くシンプルな料理になります。表目にだけケシの実をまぶし裏には何もないことから、隠し事のない正直な生き方ができるようにという意味が込められています。今回の給食では、ケシの実の代わりに、食物繊維や鉄分を含むごま使用しました。

 

0

5月10日

 

(献立) ・ご飯 ・味噌汁 ・焼き肉炒め ・きゅうりのピリッと漬け

 

 今日の焼肉炒めは、お肉と野菜の量が多くボリュームがあり、食べ応えがあったのではないかと思います。様々な野菜を使うことによって、彩りをよくしました。また、野菜は熱を通すことによってカサが減るため、たくさん食べることができます。きゅうりのピリッと漬けは、辛くなりすぎないよう注意して作りました。ピリ辛にすることによって、食欲を増進させる効果があるので、これから暑くなる時期にぴったりな料理になります。

 

0

5月6日

 

(献立) ・五目ちらし寿司 ・すまし汁 ・たけのこの土佐煮 ・かしわもち

 

 連休明け最初の給食は、1日遅れの「端午の節句」給食でした。端午の節句は大昔の中国の厄よけ行事と、日本の田植に関係する女性のお祭りが結びついたものと言われています。やがて江戸時代になると、男子の成長を祝う行事となったそうです。端午の節句に食べるものが、「ちまき」と「かしわ餅」です。かしわ餅は、平たく丸めた餅に餡を詰めた伝統的な日本の歳時菓子です。子供の健康を願うかしわ餅ですが、かしわの葉で包んでいるには様々な理由があります。柏の葉は、枯葉となっても木から落ちず、新芽が芽吹くまで葉に留まることから、木の神様に守られていると考えられてきました。このことから縁起物としてかしわ餅を食べる風習が広まりました。

 

0

4月30日

 

(献立) ・ご飯 ・豚汁 ・揚げ出し豆腐 ・磯香あえ

 

 磯香あえは、味付けはシンプルですが、のりを加えることによって、香りが楽しめ、風味も増すので、食欲が進みます。揚げ出し豆腐は、豆腐に衣をまとわせて揚げ、だし汁または、醤油で味を付けたつゆをかけた料理です。中はフワッとジューシーに仕上げました。明日から、連休が始まります。しっかり食べて体調を崩さないように気を付けてください。また、連休明け最初の給食は、こどもの日の行事食となりますので、楽しみにしていてください。

 

0

4月28日

 

(献立) ・スパゲティナポリタン ・イタリアンサラダ ・はちみつレモンゼリー

 

 ナポリタンは、トマトケチャップで味付けし、炒めた日本独自のスパゲティ料理で、横浜で生まれた日本食です。喫茶店などで提供されるイメージが強いと思います。今日はそんなナポリタンの付け合わせとして、イタリアンサラダを合わせました。イタリアンサラダは赤パプリカ、黄パプリカ、春キャベツなどを使用しているため、赤黄緑の彩りがとても綺麗なサラダです。酢とレモンベースのドレッシングでさっぱりと仕上げました。味付けが濃いナポリタンにも合う副菜となっています。

 

0

4月27日

 

(献立) ・ご飯 ・すまし汁 ・鯖の幽庵焼き ・山吹和え

 

 幽庵焼きは、「幽庵地」と呼ばれている漬けダレに魚を漬けてから焼いたものです。幽庵地とは、酒、醤油、味醂を同じ分量で合わせ、柚子やカボスなどの柑橘類の輪切りを加えた漬けダレのことです。柑橘系の香りがよく、さわやかな風味を味わえるのが特徴です。山吹和えは、炒り卵を春に咲く山吹の花に見立てた、春らしい和え物です。だしがしっかり効いた和え物ですので、今日のような和食の献立にぴったりな副菜です。また、菜種和え、黄金和えなどと呼ばれています。副菜に黄色が入ることによって一気に華やかになります。

 

0

4月26日

 

(献立) ・ご飯 ・味噌汁 ・キャベツメンチカツ ・ごま和え

 

 今日は春キャベツをふんだんに使用した、キャベツメンチカツでした。普通のメンチカツのタネにキャベツを混ぜ込んで作っています。キャベツでカサ増しをしている分ほんの少しヘルシーです。大きなメンチカツだったため、食べごたえがあり、また春キャベツを使用しているため、甘みがあったのではないかと思います。キャベツの切り方や、入れる量によって食感を変えることができる料理になります。今回は千切りキャベツではなく、粗みじん切りにしたキャベツを使用してみました。

 

0

4月23日

 

(献立) ・ハヤシライス ・グリーンサラダ ・オレンジ

 

 ハヤシライスにおすすめの付け合わせについて紹介していきたいと思います。ハヤシライスは味付けが濃いため、さっぱりとしたものや薄味のものを合わせるのがおすすめです。今回の献立では、サラダとオレンジを合わせました。サラダには、ハヤシライスには使用しない緑黄色野菜を入れることによって、彩りや栄養バランスをよくすることができます。また、カルシウムなどのミネラルや食物繊維なども不足しがちなので、海藻を使用するのもおすすめです。また、ハヤシライスはカロリーが高いことから、油を使わないヘルシーなものにするということも大切です。単体で食べることが多いハヤシライスですが、付け合わせをつけることにより栄養バランスがよくなります。

 

0