熊定Blog

令和5年度

3月14日(木)進路講演会が行われました

令和5年度進路講演会~進路実現に向けて~と題して

進路講演会が行われました。

講師は

卒業生を送り出した4学年担任の先生

にお願いしました。

要旨はつぎのとおりです。

 

鉛筆 熊谷高校定時制の目指す学校像 について

  「社会で『はたらく』生徒を育てる学校」であること。

  「働くこと」について

   憲法に書いてあることをまとめると

  「働いて税金を納めることは」国民の義務である。

   税金は社会保障・公共事業などに使われていいます。

   しっかり働き、豊かな生活を送って欲しいという願いが話されました。

 

鉛筆 正社員とアルバイトの違い について

  ①雇用期間

  ②勤務時間

  ③賃金 などが説明されました。

 

鉛筆 進路決定までのスケジュール について

 進学と就職のそれぞれの進路について説明がされました。

 いずれも早め早めの準備が大切だということです。

 

鉛筆 今、すべきこと について

  すべての学年でこころがけることは、

  ①毎日、遅刻せずに登校し、学習本をすることです。

    例えば、製造業では生産計画があり、何日も休まれてしまうと計画通りに

    納入できなくなってしまいます。それでは会社は困ってしまいます。

  ②アルバイトは、職業選択のキッカケにもなります。

   また、長期間勤めていると就職時に好印象花丸を持たれることもあります。

 

鉛筆 心に留めて欲しいことは

  ①4年次の選択が、その後の人生を大きく左右します。

  ②遅刻せず登校し規則を守って学習しよう。

  ③気になることがあったら迷わず、

   保護者・担任の先生に相談ハートしよう。

将来の自分のために、今、努力しよう!

 最後に、事前に集められた質問に対して

回答(説明)が行われ、終了となりました。

0