熊定Blog

令和5年度

3月13日(水)SSTが行われました

本日のSST<Social Skills Training>は、

講師に埼玉県ネットアドバイザーであり

家庭科の授業でお世話になっている

並木先生をお招きして行われました。

多くのひとが利用している便利な道具、

スマートフオンの利用についての講演会議・研修で、

インターネットの危険性を理解し、

インターネットを

安全に正しく利用 できる力を身に付けること」を

ねらいとしたものです。

  

講演はつぎのようなものです(要旨)。

携帯端末1 災害時など

   ・情報が正しいか、どうか見極める必要がある

               複数か、それとも一人が書いたものか、 

    検索をしてみる

        ・得た情報を発信して、拡散してよいか

 携帯端末2 スマホ依存について

    K-スケール(*)というものがあり、

    この数値が高いと依存性が高い

     <依存症という病名はない>

      (*)K-スケール :

       青少年用 (インターネット依存自己評価) | スクリーニングテスト | 病院のご案内 | 久里浜医療センター (hosp.go.jp)

 

     ほとんどのひとは、スマホが気になる。

     授業中、見てはいけないが、見たい

    依存症(アルコール、ギャンブル、薬物、インターネット)を

    治してくれる1つの病院として、久里浜医療センター」がある。

    病名としては、「ゲーム障害<症状は、イライラし、無表情>疲れる・フラフラ」で、

    日本人はSNSの利用者が多い。

    そうならないために自分で利用時間を決めることが大切である。

つづいて、生徒にも参加できるよう、

質問に対して挙手をする形で進められました。

 活動1 どんな使い方としているかな

     LINEなど9つのアプリのうち、どれくらい利用しているか

 活動2 使用時間はどれくらいかな

     1日1時間だと365日で約15日間

     2時間だと・・・

 活動3 どれくらい寝ているかな

     目標の睡眠時間は9~12時間

 活動4 人間は寝なくても生きていられるか

     睡眠の役割について

 活動5 近視になってしまうのはなぜか

     眼球の形と気をつける方法

     (ひらめき画面を20分見たら、20フィート離れたものを20秒間見る)

 活動6 ゲームをしている時の脳はどちら?

     川島隆太教授(東北大学)の研究(*)から-

      ①長時間ゲームをしていると脳の前頭前野が働かなくなる

      ②読書・文章を書く・外遊びが大切です

     (*)例えば  https://www.hj.sanno.ac.jp/cp/feature/201911/08-02.html(blog係)

 

最後に

 (1)NGLINEトラブル:言葉の行き違いが、悪口・仲間はずれ・犯罪になることもある

 (2)NGデジタルタトゥー(一生消えない):軽い気持ちでやったことが、就職・結婚の時に

                      後悔することになることもある

という最近の話題で講演は終了となりました。

0