熊定Blog

令和5年度

3月8日(金)芸術鑑賞会が開かれました

3月を迎え、生徒グループの皆さんはお祝い卒業・進級を待つばかりになりました。

 

今年度の「芸術鑑賞会」は、

こころ踊る春にふさわしく、

ピアニスト音楽の森田英介氏と

ボーカル音楽の出島陽子氏をお迎えしました。

 

教頭先生よりおふたりの紹介の後、

ピアノ曲エメリー(オリジナル曲)からはじまり,

2曲目shout baby(リクエスト曲)と続きました。

 

鉛筆森田氏は、19歳のときにピアノを始めたそうです。

      また中学生のときの合唱コンクールのエピソードも紹介されました。

 

3曲目アニメ主題歌テニシーワルツ春どろぼー と続きました。

 

鉛筆出島氏は、歌が好きで、

      カセットテープの時代から歌を歌っていたそうです。

      23歳から音楽をちゃんと始め、

       今でも道半ばとのことです。

 

4曲目は、小中学生のレッスンで関わった女の子を

題材にしたオリジナル曲「星が空を舞う日に」でした。

 

聴くばかりでなく、

参加体験した方が楽しいという誘いもあって、

プロのピアニストの伴奏の下、

4年生生徒が「拝啓15の春に」と

4年生担任「マリーゴールド」に挑戦花丸しました。

 

音楽音楽って聴くのも楽しいハート 

楽器音楽を弾くのも楽しいハート 

みんなで歌う音楽のも楽しいハート 

 

これからも 

いい日が続くように祈っています のメッセージの後、

最後の歌となりました。

ぼくたちの想いは歌い続けるピースという歌詞がこころに残る曲でした。

0