熊定Blog

7月19日(月)

「エニアグラムで自分発見」

 

深谷若者サポートステーションより二人の講師をお迎えし、

自分のタイプ(9つに分かれる気質)を知ることで

コミュニケーション力を高めることを

目的に標記の講座が実施されました。

事前にワークシートで

自分が9つのタイプのどれに当てはまるかを調べた上で、

講義に臨みました。

 

視聴覚室で学年の枠を超えてタイプごとに着席しました。

 

 

導入で、今から遊びに行くとしたら

季節は「秋」と「春」のどちらが良いか?

季節と選んだ理由のインタビューから始まりました。

そして、それぞれ選んだ理由を

9つに分類にできる<エニアグラム>の説明がありました。

実習では2つの課題に臨みました。

まず、画用紙とクレヨンが渡され、

自分を動物に例えると、どんな動物か、絵に描きました。

そして、その動物の選んだ理由を話し合いました。

 

つぎに「時間」について、話し合いました。

共通点と違う点を分けて模造紙に書き、

白板に貼り出しました。

講師の先生が貼り出したものを

タイプ1~9まで分類し説明してくれました。

 

 まとめのお話しがあり、1時間で終了しました。

 

自分のことを

よく知る

手がかりのひとつとして

役立てるとよいと思いました。

 ◇

【参考】 日本エニアグラム学会

https://www.enneagram.ne.jp/about/description/description_1