給食日誌

5月6日

 

(献立) ・五目ちらし寿司 ・すまし汁 ・たけのこの土佐煮 ・かしわもち

 

 連休明け最初の給食は、1日遅れの「端午の節句」給食でした。端午の節句は大昔の中国の厄よけ行事と、日本の田植に関係する女性のお祭りが結びついたものと言われています。やがて江戸時代になると、男子の成長を祝う行事となったそうです。端午の節句に食べるものが、「ちまき」と「かしわ餅」です。かしわ餅は、平たく丸めた餅に餡を詰めた伝統的な日本の歳時菓子です。子供の健康を願うかしわ餅ですが、かしわの葉で包んでいるには様々な理由があります。柏の葉は、枯葉となっても木から落ちず、新芽が芽吹くまで葉に留まることから、木の神様に守られていると考えられてきました。このことから縁起物としてかしわ餅を食べる風習が広まりました。