日誌

薬物乱用防止教育

今年度も例年に倣い、薬物乱用防止教育を行いました。
今回は、埼玉県の薬物乱用防止指導員の方を講師にお招きしてお話をいただきました。

まず、身近にある有害なものの一例としてタバコとアルコールが挙げられました。
どちらも摂取できる年齢に制限はありますが、合法で手軽に手に入りやすいという特徴があります。
特にタバコは「ゲートウェイドラッグ」と呼ばれ、他の薬物へのきっかけとなりやすい性質を持っていることが紹介されました。

また、代表的な薬物である大麻とMDMAについては、映像を交えてどんな悪影響があるかお話しいただきました。
抑制作用や興奮作用、幻覚作用など、種類によってその害はさまざまですが、「依存性」という共通した悪性があることを改めて学びました。

禁煙教育でも言いましたが、薬物もタバコと同じで「百害あって一利なし」です。
生徒の皆さんは手を出さないようにしましょう。