日誌

3学期始業式②


続く始業式では、教頭先生(校長代理)から、人間らしさについての講話がありました。技術が進歩して人間の仕事がAIに代わる。そんな時代の中で、人間にしかできないこと、人間らしさは何でしょうか。教頭先生は孔子の言葉を引用し、それを「仁」と「礼」、そして「忠」(真心)と「恕」(思いやり)と示しました。
サテライト授業もある中、わざわざ登校して、クラスが存在している意味を考えてみてください。ぜひ、熊定が「仁」と「礼」を磨く場であって欲しいと思います。

明日から通常授業が始まります。また集中して勉学に励んでください。