日誌

給食感謝祭


今日は給食感謝祭が行われました。
最初に、「いのちを、いただく」という食育の本の読み聞かせを行いました。
牛を殺して食用肉とする、屠殺業(とさつぎょう)の方のお話しでした。

その後、養護教諭から、食育の話がありました。スーパーのお肉も、生き物の命を奪って並べています。普段なかなか意識しないことかもしれませんが、知っていなければいけません。
私たちができるのは食べ物を無駄にしない、感謝しながらいただくことですね。
また、給食を作っている人にも感謝をしましょう。調理員は、できるだけみなさんの健康になるように、そしておいしく作ってくれています。日々の食事に感謝をしながら、「いただきます」と「ごちそうさま」を大事にしましょう。