給食日誌

2021年6月の記事一覧

6月29日

 

(献立) ・ご飯 ・コンソメスープ ・白身魚のトマトソースかけ ・エビとブロッコリーのサラダ

 

 白身魚のトマトソースかけの白身魚は、たらを使ってます。たらは淡白な味わいと、加熱した時のふわっとした食感が魅力的で、クセがないため魚が苦手な人でも食べやすいです。今日のサラダにはヤングコーンを使用しました。通常一本の株から2本のスイートコーンを収穫します。実際には3本目以上実がなったりし、その3本目以降は先の2本目を太らせるため摘果されます。その摘果されたものがヤングコーンとして出回ります。スイートコーンの収穫時期よりも前に収穫されるため、5月から6月にかけて収穫され7月頃までが旬となります。

 

0

6月28日

 

(献立) ・ご飯 ・味噌汁 ・豚肉の生姜炒め ・ポテトサラダ

 

 ポテトサラダは、コクのあるマヨネーズの風味が豚肉の生姜炒めとの相性バッチです。じゃがいもに含まれている食物繊維には、余分なコレステロールを体外に排出する効果もあります。豚の生姜炒めとポテトサラダの付け合わせの汁物はきのこが入った味噌汁にしました。きのこはうまみたっぷりなので、みそを少なめにいれても美味しく仕上がり、塩分の摂りすぎも防ぐことができます。

 

0

6月25日

 

(献立) ・ポークカレー ・カラフルサラダ ・冷凍パイン

 

 パイナップルは松かさ(パイン)のような形と、りんご(アップル)のような甘い風味が名前の由来になったと言われています。ブロメラインというたんぱく質分解酵素が含まれ、肉料理などに使うと、肉のたんぱく質の分解を助けるため消化されやすくなります。ブロメラインは60℃以上加熱すると活性が失われてしまうため、調理の際はパイナップルの加熱時間を短くするなどの工夫が必要になります。

 

0

6月24日

 

(献立) ・ご飯 ・ごまキムチ汁 ・鶏肉のにんじんマヨソース焼き ・ねぎとほうれん草のナムル

 

 ごまキムチ汁は野菜がたっぷりの具沢山汁です。キムチが入っているため体が温まり、食が進みます。また練りごまといりごま、二種類のごまが入っているのでビタミンEもたっぷり摂ることができます。ナムルやサラダにはツナ缶を使用することが多いのですが、今日は鶏のささ身を使用してみました。鶏肉のにんじんマヨソース焼きには、埼玉県産のにんじんピューレを使用しています。マヨネーズと合わせることにより、にんじんが嫌いな人でも食べやすくなっています。

 

0

6月23日

 

(献立) ・ソース焼きそば ・わかめスープ ・マセドアンサラダ ・コーヒーゼリー

 

 マセドアンとは、フランス語で「さいの目切り」を意味しています。マセドアンサラダは材料を小さい角切りにしてマヨネーズで和えたサラダです。マセドアンサラダに似たサラダとして、コブサラダがあります。コブサラダはアメリカ生まれで、マヨネーズではなくフレンチドレッシングで和えます。どちらも簡単に作れ、彩り豊かで栄養たっぷりなサラダ料理になります。

 

0

6月22日

 

(献立) ・ご飯 ・味噌汁 ・鯵の梅香ソースかけ ・切り干し大根の煮物

 

 今日の給食では、今が旬のアジを揚げて梅香ソースをかけて提供しました。揚げ魚でも、梅香ソースをかければさっぱりと食べることができます。アジは暖流に乗って日本沿岸を回遊しているので、全国各地で季節問わず漁獲されている魚ですが、旬は5月~7月と言われています。たんぱく質由来の濃厚な旨みがあるアジは、シンプルな塩焼きや干物、寿司、フライなど様々な調理法で食されています。また梅にはクエン酸が含まれているため、疲労回復の効果があります。

 

0

6月21日

 

(献立) ・麻婆豆腐丼 ・中華風コーンスープ ・バンバンジー ・ジョア

 

 日本でも中華料理の定番メニューとして知られているバンバンジーは、漢字では棒棒鶏と書きます。鶏肉を棒状にカットするからと思うかもしれませんが、水分が抜けて固くなりやすい鶏肉の弱点を補う料理法として、蒸した鶏肉を棒でたたいて柔らかくしていたことからこのような名前になったそうです。今日のバンバンジーには大豆もやしを使用しました。いつも使用しているもやしと違い、太くて長く、シャキシャキとした歯ごたえが特徴です。他の品種のもやしに比べてたんぱく質が多く、旨みが強い品種で、熱を加えて調理するのが主流なことから、ナムルやチゲなどに使われることが多い食材になります。

 

0

6月18日

 

(献立) ・ご飯 ・味噌汁 ・豚肉のしぐれ煮 ・しらす入り卵焼き

 

 豚肉のしぐれ煮の豚肉は、バラ肉を使っているので柔らかくジューシーです。甘辛く味付けがしてあるのでご飯がすすむ味付けになっています。しぐれ煮とは、生姜の薄切りなどを加えて、砂糖や醤油で煮たものです。生姜を加えることがポイントになります。発祥は三重県桑名市で、ハマグリを使って作られたのが始まりです。現在ではハマグリ以外で作られたものにもしぐれ煮の名前が使用されています。今回の卵焼きにはしらす、チーズ、ほうれん草が入っているのでカルシウム豊富な卵焼きでした。

 

0

6月17日

 

(献立) ・きなこ揚げパン ・肉団子と春雨のスープ ・ごぼうの胡麻サラダ ・いちごヨーグルト

 

 今日はきなこ揚げパンでした。パンに使われている小麦粉は埼玉県産のものでした。埼玉県は麦の主要な生産地になっています。主な生産地は県北地域で、水田裏作を中心とした米と麦の二毛作が行われ、「さとのそら」や「農林61号」、「あやひかり」といった麦が栽培されています。さとのそらは収穫量が多い、草丈が低いため倒れにくい、縞萎縮病に強いなどの特徴をもつことから、小麦の主力品種が「農林61号」から「さとのそら」に転換されました。今日の給食の揚げパンは一つずつ学校で揚げ、丁寧にきなこをまぶしました。また今回は食べやすいように一つ一つ袋に入れて提供してみました。

 

0

6月16日

 

(献立) ・しゃくし菜チャーハン ・中華スープ ・カレー風味サラダ ・桂木ゆずゼリー

 

 しゃくし菜とは、「体菜」のことであり、明治初期に中国から伝来し、秩父地方で古くから栽培されている伝統野菜のひとつです。正式名称は「雪白体菜(せっぱくたいさい)」と言い、飯じゃくし(しゃもじ)に似ていることから秩父地方では「しゃくし菜」と呼ばれています。漬物にすると歯切れがよく、風味がより増します。淡白な味なので、色々な料理使うことができます。

 ゼリーは日本で最古のゆず産地のひとつといわれる毛呂山町の桂木ゆず果汁を使用した、さっぱりとしたさわやかな味わいのゼリーでした。毛呂山町で奈良時代から栽培していたと言い伝えがあり、このことから日本最古の産地と言われています。桂木ゆずは実が大きく皮が厚く、味が濃いです。また香りも甘く強いのが特徴です。

 

0