熊定ブログ

2022年5月の記事一覧

5月13日(金)

熊谷市中央消防署から4名の消防士の方を招いて、

避難訓練が行われました。

 

 

 

 

 

視聴覚室にて

  ①避難訓練の講義

  ②ビデオ視聴

教室に戻り、実際の避難訓練 が行われました。

 

鉛筆鉛筆鉛筆

 

講義では熊谷市防災ハザードマップの紹介がありました。

最近は、どこの自治体でもハザードマップが作られています。

地震の揺れや、

洪水になった時の浸水被害の予想図が

載っている地図です。

 

このマップは生徒も見たことがあるようです。

 

【要旨】

 

 

 

 

 

地震では、

タンスが倒れない工夫がしてあるか、

家の中のものをチェックしてみましょう。

 

 洪水になったとき、どうするか。

熊谷市は荒川と利根川に挟まれたおり、

1000年に1度といわれるような大きな水害が見舞われた際

熊谷高校では

洪水時50cmから3mの水位が

予想されています。

 

みなさんが住んでいるところは、どうか。

勤務先はどうか。

どこに避難するか。

どこを通って避難するか。

アンダーパスを通って行くようなところなのか。

確認して欲しい。

 

また、避難所では、手伝えるようなひとに

なって欲しいと思います。

 

鉛筆鉛筆 鉛筆

 

 つぎに

ビデオ「火事だ!その時あなたは大丈夫?」を

視聴しました。

 

どこに、何があるのか、

どんな働きをするのか、確認しておきましょう。

消火設備 初期消火に有効は消火器など、

     どこにあるか、日ごろから確認しましょう。

     また、使い方も知っておきましょう。
警報設備/屋内消火栓設備 について
避難設備 矢印の誘導灯と避難口を示すサインがあります。
防火設備 避難通路や防火扉付近に物を置かないようにしましょう。

※基本的な操作に慣れておくことが必要です。

 

 鉛筆鉛筆鉛筆

 

 教室に戻り、

実際に避難通路に従い、

避難訓練を行いました。

 

 

 

 

 

避難場所のピロティにて、

消防士の方から消火器の使い方の説明の後、

学年代表による水消火器を使った消火訓練を行いました。

 

 

 

 

 

 

講評をいただき終了となりました。

 

会議・研修 参考 】

熊谷市防災ハザードマップ (風水害・地震)は、

熊谷市防災ハザードマップ で検索

 

0

5月6日(金)

離任式が行われました。

 

 

 

 

 

今年度、

校長先生をはじめ、4名の先生が

新しい職場に異動しました。

 

 

おふたりの先生からご挨拶をいただきましたので、

要旨を紹介します。

なお、職種や勤務の関係で、出席できない先生もいます。

 

 

会議・研修校長先生ノート・レポート

思いやり、「笑顔」は社会を動かす潤滑剤です。

今日は何人の「笑顔」を引き出すことができたか、

自問してみましょう。

皆さんのご健康とご活躍、

そして熊定の益々の発展を心より祈っています。

 

 

会議・研修浅川先生鉛筆

 

 

 

 

 

異動先の生徒は、こちらのことを知らなくても、

すげぇ~あいさつができるな!

という印象を持ちました。

 

あいさつが当たり前にできて、

知らないひとにもあいさつができると、

印象が変わってくる。

他人の見る目も変わってくる。

あいさつをしっかりできる大人になって欲しいな。

 

今は一年生の担任、

サッカー部の顧問をやっています。

生徒と一緒に体を動かしています。

朝から夜まで残って(仕事をして)いて

定時制と変わらない!

 

熊定は、栄養を考えられた、

おいしい給食を毎日、食べられていいな!

給食を食べなくなったら痩せてしまいました(笑)。

 

勉強も大事だけど、

それだけでなく、

もっと大切なものがある。

 

グループ 

 

この後、

生徒会副会長より、

感謝のことばが送られ、

閉会となりました。

 

0