日誌

2018年11月の記事一覧

11月28日

(献立) ・わかめご飯 ・味噌汁 ・揚げじゃがのそぼろ煮
     ・キャベツとツナの和風マヨサラダ ・牛乳
揚げじゃがのそぼろ煮、大変人気でした!一度蒸してから素揚げしたじゃがいもを、そぼろあんに入れてさっと煮るだけ。味付けや作り方は肉じゃがとそこまで変わりありませんが、じゃがいもを揚げたことで風味がガラッと変わりました!おかわりの列が出来ていました。
わかめご飯とサラダも人気で、あっという間に完食!
また出そうと思います^^
0

11月27日

(献立) ・ご飯 ・さつま汁 ・さわら西京焼き
     ・ほうれん草のソテー ・牛乳
さつま汁は鹿児島の郷土料理です。具材を煮込む前に炒めてあるので、コクがあり美味しいです^^さつま汁の”さつま”は、”さつま芋”ではなく”さつま鶏”からきているそうです。なぜさつま鶏を使うのか?理由を調べてみると、少し衝撃的でした^^; 気になる方はぜひ調べてみてください。
あ、給食では普通の鶏肉を使っていますよ!
今日もみんなよく食べていました!
0

11月26日

(献立) ・ご飯 ・チンゲン菜のスープ ・生揚げの中華煮
     ・しゅうまい ・牛乳
3連休もあっという間に終わってしまい、11月最後の週となりました。
今日は中華でした。週始めに出す中華の献立は珍しいかもしれません。チンゲン菜は、あまり知られていませんが全国の中でも埼玉県の出荷量は上位なんですよ。
スープで煮込んでしまうと、ほんの少しだけあるクセも消えて美味しくたべられます^^
0

11月22日

(献立) ・かてめし ・味噌汁 ・ゼリーフライ
     ・チキンサラダ ・牛乳
地場産物強化週間5日目。今日で最終日です。
今日は埼玉県の郷土料理から「かてめし」と「ゼリーフライ」を出しました。給食で何度も出しています。どこの地域の郷土料理か、もう覚えましたか?かてめしは秩父市、ゼリーフライは行田市の郷土料理です。(名前の由来については11月の給食だよりをご覧ください。)
ちなみにゼリーフライの生地には、一般的におからとじゃがいもが使われます。おからは現在こそ手に入れにくいですが、昔はお豆腐屋さんでよく無料で配っていたそうですよ。(今でも無料で配っているお豆腐屋さんもあります。)
安価な食材で美味しいおやつを作る、先人の知恵がいきた料理ですね
0

11月21日

(献立) ・ご飯 ・沢煮椀 ・鮭の紅葉焼き ・がんもの含め煮
     ・牛乳
地場産物強化週間4日目。今日は特に郷土料理は出しませんでしたが、埼玉県産の野菜をたくさん使いました!
鮭の紅葉焼きは、紅葉のように真っ赤なソースをかけて焼いています。今の時期にぴったりなメニューです^^ このソースの色の正体、何だかわかりますか?
答えは人参です!人参をおろして、マヨネーズと合わせてソースにしています。ちなみに人参の色はβカロテンという栄養素です^^
βカロテンは体内でビタミンAに変わります。ビタミンAは皮膚や粘膜を保護するはたらきがあります。粘膜を強くすると外から侵入するウイルスをバリアしてくれます。風邪予防にぴったりな栄養素ですね^^
0

11月20日

(献立) ・ライスボール ・大根スープ ・里芋の味噌グラタン
     ・スティック野菜サラダ ・ヨーグルト ・牛乳
地場産物強化週間3日目。
今日は埼玉県産の里芋を使った味噌グラタンを出しました。埼玉県産の里芋は、毎年全国でトップ3に入るほど生産量が多いんですよ。ちなみに味噌も埼玉県産です^^ホワイトソースは一から手作りです。時間がかかるけど、手作りのソースはレストランに負けない美味しさです!里芋がホクホクしており、とても美味しくできました♪
ライスボールは、埼玉県産の米粉を使った米粉パンです!
真ん中にザラメが入っていて、甘くて美味しいんですよね。
0

11月19日

(献立) ・しゃくし菜炒飯 ・ねぎとほうれん草のナムル
     ・キャロットケーキ ・牛乳
地場産物強化週間、2日目!
今日の給食で注目してほしい食材は...しゃくし菜、ねぎ、ほうれん草、人参 です!しゃくし菜は秩父の特産物です。(詳しくは11月の給食だよりをご覧くださいね)
歯ごたえのよいしゃくし菜漬けを炒飯に入れました!高菜入り炒飯によく似てます。美味しさの秘密は、回転釜で手早く炒めること!調理員さんが力一杯炒めてくれました♪
ねぎ、ほうれん草、人参はどれも埼玉県の出荷額上位にランクインしている野菜です。苦手な野菜ランキングにも入りそうなこの野菜達。食べてくれるか不安でしたが、ほとんどの子が完食してくれました!嬉しい...。
そして今日一番嬉しかったこと。人参が大の苦手な生徒が、なんとキャロットケーキをおかわりしてくれました。作ってよかった(T-T)!
0

11月16日

(献立) ・煮ぼうとう ・味噌ポテト ・みかん ・牛乳
11月は「ふるさと学校給食月間」です。埼玉県への郷土愛を深めてもらうために、普段より多くの地場産物や郷土料理を給食に取り入れます。そして今日から5日間は「地場産物強化週間」としまして、それらをさらに多く給食に出します!
記念すべき1日目は、深谷市の煮ぼうとうと、秩父市の味噌ポテト。
煮ぼうとうは、山梨のほうとうとは違い、醤油味で煮込みます。深谷ねぎを使うのがポイントです。ではどちらが本家でしょうか?それは明かされていないようで、過去に山梨と深谷で本家争いをしたこともあるそうです!
味噌ポテトは、給食ですっかりおなじみの大人気メニューです。おかわりをたくさんして、味噌ポテトを20個も食べた強者な生徒がいましたよ。びっくりです!
0

11月15日

(献立) ・ご飯 ・春雨スープ ・海老と豆腐のチリソース煮
     ・中華風ポテトサラダ ・牛乳
初登場の海老チリならぬ、海老豆腐チリです! 麻婆豆腐と海老チリの中間のようなおかずです。海老は小さめですが下味をつけてから片栗粉をまぶして揚げてあるので、旨味がしっかりあります^^おかわりがよく出ていました!
中華風ポテトサラダも初登場。こちらもみんなよく食べていました!
0

11月13日

(献立) ・秋の香りご飯 ・すまし汁 ・擬製豆腐 ・りんご ・牛乳
秋の香りご飯は、さつまいもやきのこ、その他具材をふんだんに入れた、秋の香りがただよう混ぜご飯です。
擬製豆腐は給食初登場です。豆腐や野菜などの具材を使った玉子料理です。
一度くずした豆腐を再び元の形のように寄せて作ることから、擬製豆腐というようになったそうです。(由来は諸説あるそうです)
デザートにはりんごを。シナノスイートという甘みが強く美味しいりんごを出しました^^
0