学力向上のための取り組み(埼玉県立熊谷高等学校)

 

リンク
埼玉県教育委員会 学力向上のページ
熊谷高校SSHのページ

【熊谷高校】 H29骨太リーダー事業報告書.pdf
1  学力向上のための取り組み

         概要(PDFファイル 326KB).pdf


         平成28年度夏休み補習 (計画中)
 



2  おもな取り組み

  • 新入生対象学習ガイダンス
  • 教育実習生講話
  • 埼玉大学の先生による模擬講義
  • 「熊高ゼミ」
  • 東大見学会
  • 夏季進学補習   
  • 難関大学OBによる激励会
  • 2年生 模試分析説明会
  • 職業観育成プログラム「生き生き仕事人」
  • 難関大学対策補習
  • 1年生 模試分析説明会
  • 2年生 入試説明会
  • 自習スペースの設置
  • 「センター試験練習会」 実施
  • センターチャレンジ(1・2年)
  • センター解説会


新入生対象学習ガイダンス


4月11日(月)の1・2時間目、記念館3階において、入学したばかりの1年生を対象に「学習ガイダンス」を行ないました。これは新入生に一日でも早く熊高の授業に慣れてもらうとともに、早期に学習習慣をしっかりと身につけてもらうことをねらいとした行事です。

はじめに、年次主任から
1.熊高生活を大切にする生徒 
2.学び伸びる環境を自らつくる生徒
3.進路希望を実現できる生徒
4.真の熊高生のプライドを持った生徒

という、3年後を見据えてこんな生徒になって欲しいという4つの目標が示されました。また「スタート1ヶ月の学習習慣がその後の高校生活を左右する」という話しがあり、具体的な取り組みとして本校オリジナルの「家庭学習定着シート」の活用法について説明がありました。続いて国語・数学・英語の各担当から具体的な勉強方法や学習を進める上での注意等があり、新入生達はメモを取りながら熱心に聞き入っていました。
   
  

 



 

教育実習生講話


  6月3日(金)6限LHRの時間に、1年生対象に「教育実習生講話」を体育館で行いました。
 今回、教育実習にきている本校の卒業生から、高校生活の過ごし方や進路選択、大学での研究について話をしてもらいました。1年生はメモをとりながら真剣に話を聴いていました。  






埼玉大学の先生による模擬講義


 6月6日(月)、埼玉大学5学部5教授の先生方をお招きして、2年生(369名)を対象に6・7時間目に模擬講義(90分間)が実施されました。これは、3年次の科目選択調査を前に、大学の授業を実際に体験することで、志望分野・志望学科の判断材料として役立たせる学年行事です。同時に、大学進学に向けてのモチベーションを高めることもねらいの一つです。

    

第1講義   教養学部  三浦 敦 教授 

          「 市民社会と農民支援 」

           会  場   地学室


第2講義   経済学部  丸茂 幸平 准教授

         「 計量分析入門 」

         会  場   家庭科室


第3講義   教育学部  松本 真 准教授

         「 集団競技(バスケットボール)の新しい指導法を考える 」

           会  場   くぬぎ会館3階


第4講義   理学部  井上 直也 教授

         「 宇宙の謎の解明に向けて(陽子、ニュートリノ、重力波の研究から) 」  

          会  場   記念館3階



第5講義   工学部   小林 秀彦 教授

         「 電池と燃料電池の基礎である酸化と還元 」

          会  場    視聴覚室  





   


    
東大見学会
 8月上旬、熊谷高校、熊谷女子高校、熊谷西高校、本庄高校、秩父高校の生徒が合同で、東京大学見学会を行います。

 東京大学見学では、現役の大学院生・学部生の方にキャンパスを案内してもらいました。





   

3年生 夏の学習会

   「3年生の夏は勝負の夏!挑戦の夏!1日13時間以上の学習時間、夏休みを通して500時間の学習時間を確保すること」を合い言葉に3学年が一つになりました。
 その第一歩として期末考査終了後から終業式までの7日間、くぬぎ会館を使用して自学自習の「団体戦」をおこないました。朝7:30から開館し、19:30まで(授業時間の8:25~12:50は除く)、お互い切磋琢磨しました。1日50~60人の生徒がくぬぎ会館を利用し、有意義な時間を過ごしました。




   

夏季 進学補習


  今年も夏休みに夏季補習が実施されました。7月中旬から8月下旬までを7期にわけ、また時間帯も8:00開始の1限から16:00開始の8限まで合計65の講座が開講されました。
 特に今年は午前と午後で同じ講座を開講する等の工夫もされました。これは部活動に参加している生徒でも、補習に出席しやすくという配慮からです。午前中部活で午後は補習、または午前中補習で午後は部活、という生活パターンが定着した生徒も多かったようです。

 講座の内容もセンター試験対策・2次試験対策・基礎講座・弱点補強講座などバリエーションに富んでいて生徒のそれぞれのニーズにあった補習となりました。


 

   

難関大学OBによる激励会


  9月中旬、東京大学をはじめとする難関大学に通うOBの皆さんが来校し、3年生を激励してくれました。
 激励に駆けつけてくれたのは、東京大学、東京工業大学、一橋大学に在学中の皆さんです。
 大学生活などの近況報告とともに、自分の受験体験に基づいた勉強方法や受験生活の心構えなどを具体的に話してくれました。参加した3年生からは、「志望大学へのモチベーションを高めることができた」「具体的な話を聞けてとても参考になった」「受験に対する心構えと認識を改めることができた」などの声を聞くことができました。 


 



   







2年生模試分析説明会


 9月下旬、2年生を対象に、ベネッセコーポレーションの講師の方を迎え、「後悔しない進路選択」という内容で模試分析説明会を実施しました。
 「高校生が100人いる村」というたとえ話をもとに、進学・就職等の話を進めてくださったので、非常にわかりやすく話が聞けました。
 また7月に実施した模試の利用方法や、1年と半年後に迫った入試に対して今後どのように勉強を進めて行くかということについても丁寧に説明していただきました。生徒は真剣な表情でメモを取りながら聞いていました。  


 






職業観育成プログラム「生き生き仕事人」


 11月26日(木)の午後、1年生を対象とした「生き生き仕事人」が実施されました。
 平成11年度から始まった「生き生き仕事人」は、各界で活躍されている方を講師に迎え、職業人・社会人として経験されたことを踏まえた講演とパネルディスカッションをしていただく学校行事です。高い志を育む本校教育活動の大きな特色の一つになっています。講師の方々には、職業観、人生観、さらには高校時代のことなどを熱く語っていただき、生徒が自分の進路を考える際の大きな示唆を与えていただきました。

 





難関大学対策補習


10月下旬より、理系の3年生を対称として数学の難関大学対策補習が行われています。
この補習では、東大・京大をはじめとする難関国公立大の入試問題30問の解説を通じて、難関大学合格を目指す上で身につけておくべき考え方などを紹介しています。原則として、1回の補習(100分)で2問を解説します。

この補習は1月下旬まで、週2回(センター試験直前は1ヶ月は除く)行われます。 






1年生 模試分析説明会


12月中旬、記念館3階のホールにおいて模試分析説明会が行われました。
 今回は、ベネッセコーポレーションの方を講師にお迎えし、1年生を対象に11月に実施された模試の結果に基づきながら、「最近の入試事情」「模試の活用方法」「勉強方法」「授業に対する心構え」などについて、パワーポイントを使ってわかりやく説明していただきました。生徒はみな真剣な表情でメモをとりながら聞いていました。 
 

   


   

2年生 入試説明会


 12月21日(月)、記念館3階のホールにおいて、2年生を対象とした大学入試説明会が行われました。駿台予備学校の方を講師に迎え、受験勉強の留意点や模擬試験の活用方法などについて丁寧な説明をしていただきました。センター試験本番まで1年余りとなる2年生の3学期は、3年0学期とも呼ばれています。2年生は、ここから本格的な受験勉強をスタートしなければなりません。熊高生の頑張りに期待しています。  
 





   

自習スペースの設置


  今年度は、3年生昇降口脇の廊下に自習スペースが設置されました。長机に椅子というシンプルなものですが、休み時間などに多くの生徒が利用しています。「友達と教え合えるのが良い」「友達が隙間時間を使って勉強している姿を見ると、自分もやらなくては、という気になる」など、生徒たちの評判も上々です。
 
    


   

センター試験練習会 実施


 冬休みに入った12月25日(金)・26日(土)の両日、3年生を対象としたセンター試験練習会を実施しました。これは本番のセンター試験とまったく同じ時程で実施するものです。センター試験まであと約3週間というところで、文字通りの「実戦練習」となりました。参加した3年生は、真剣な表情で試験問題に取り組んでいました。  

    

   

センターチャレンジ(1・2年)


   1月16日(土)、17日(日)に実施された大学入試センター試験の問題をもとに、1月18日(月)に1・2年生対象の「センターチャレンジ」を実施しました。
 8:50~10:10 国語
10:30~11:50 英語
12:10~12:40 リスニング
13:25~14:25 数学Ⅰ・A
14:45~15:45 数学Ⅱ・B(2年生のみ)
の時程で、生徒たちは1年後あるいは2年後の大学入試センター試験の「本番」に向けて、真剣に受験していました。


   
 

   

センター解説会


  1月16日(土)、17日(日)に実施された大学入試センター試験の国語、数学、英語の問題の解説補習を希望者を対象に下記の日程で実施しました。
  (1)1月23日(水) 数学Ⅰ+A
  (2)1月24日(木) 数学Ⅱ+B
  (3)1月30日(水) 国語(1回目)
  (4)2月 4日(月) 国語(2回目) 
  (5)2月13日(水) 英語(1回目)
  (6)2月18日(月) 英語(2回目)
 参加した生徒はセンター試験の問題の内容や傾向を理解し、本番の試験では実力が十分に発揮できるよう熱心に取り組んでいました。