校長室より

 

第39代校長 亀山 典幸(令和2年4月着任)

 

 4月1日付で武内道郎校長の後任として着任いたしました。どうぞよろしくお願いしたします。熊谷高校は浦和高校とともに1895年(明治28年)に創立した県下有数の伝統校であり進学校です。保護者の皆様、様々な分野で活躍する卒業生の皆様の御支援をいただきながら、教職員一丸となって、大切な成長期を熊谷高校で過ごす生徒の皆さんが、将来世界の幅広い分野・領域で活躍するための基盤づくりのお手伝いをさせていただきたいと思います。御支援、御協力をどうぞよろしくお願いいたします。 

さて、ここで簡単に学校の紹介をさせていただきます。

 

「熊高」は新時代 令和の時代をリードします

伝統を重んじながらも、最先端の教育を取り入れ、時代をリードします。 

熊谷高校は全力で進学指導に力を入れています。

東京大学の累積合格者数は、県内では私立も含め、浦和高校、川越高校についで、3番目です。京都大学の場合は、浦和高校についで、2番目です。これは、多くの先人たちの努力とともに、地域の方々に支えられ、本校が全力で進学指導に力を入れてきた証だと確信しています。現在も様々な取り組みをとおして、進学指導にこだわり、生徒の夢の実現を全力でサポートしています。 

熊谷高校は徹底的に面倒をみる学校です。

年間17回の土曜授業のほか、長期休業中の補習授業、課業日の普段の朝の補習、部活動終了後の夜の補習、更には学習場所の確保として、多くの専門書等を完備した図書館を夜も開放し、生徒が自習できる環境を整えています。そのほか、個別の面談も各学年、各クラスで組織的、計画的に行うほか、教育活動全般にわたり、教職員一丸となって、非常にきめの細かい教育活動を展開しています。 

熊谷高校は最先端の教育活動を行っています。

熊高ゼミのような学校独自の取り組みはもちろんのこと、SSH(スーパーサイエンスハイスクール)や大学進学指導推進校事業に代表されるような国や県の事業を積極的に取り入れて、質の高い教育活動を実施しています。平成28年度から単位制を導入することで、少人数授業を増設し、個々の生徒のニーズに応える体制を構築しました。また、県の指定を受けてタブレット端末を利用した授業などを早期に導入しICTを活用した効果的な授業を実践しています。 

熊谷高校は運動部・文化部・愛好会など、部活動が活発に行われています。

多くの部活動が全国大会や関東大会に出場し、生徒は心身ともに大きく成長するとともに仲間と一緒に感動の瞬間を共有しています。ここ数年では、全国大会には水泳部、ソフトテニス部、陸上競技部、スキー部が、関東大会には軟式野球部、水泳部、山岳部、スキー部、ソフトテニス部、陸上競技部が出場し活躍しました。運動部19、文化部12、愛好会7。熱心に活動し、県大会等で優秀賞や金賞を獲得しています。仲間とともに部活動に打ち込み、将来心の支えとなる「取り柄」を身に付けてみませんか。 

熊谷高校は知・徳・体バランスの取れた教育を実践しています。

日本のみならず世界をリードする人材の育成を目指し、知・徳・体のバランスの取れた教育を実践しています。進学指導は言うまでもなく、40キロハイクや臨海学校など、中学校では経験できないような多くの行事が用意されています。このほか、文化祭、体育祭、各種のスポーツ大会などをとおして、将来のリーダーに欠かせない「人間力」を育成します。行事終了後、肩を組み校歌を高らかに歌う姿は感動的で、一生ものの友とやり遂げた充実感・達成感を体験できます。中学生の皆さんも是非、本校でこうした経験をしてみてください。 

熊谷高校は「人」を育てます。

 

 

 

校 長 講 話

校長より

模擬試験

10月17日(土)記述模試を実施しました。3年生全員と2年生の希望者が受けました。

 

【時程】

社会   60分   8:40~ 9:40

国語  100分   9:50~11:30

英語  100分  11:55~13:35

昼休   40分  13:35~14:15

数学  100分か 14:15~16:15

    120分

理科   60分  16:25~17:25

理系理科 60分  17:35~18:35

文系社会 60分

 

長時間のために精神的にもかなり疲れたことと思います。実際の試験に向けて身体を慣らすことも大切です。不確かな内容は早め早めに補ってください。受験した生徒の皆さん、お疲れさまでした。

 

早朝補習

すっかり秋めいてきました。朝夕は冷えてきていますが本校では早朝より熱のこもった補習が行われています。各教科で希望者を対象に朝や放課後に実施しています。

この日は7:30から選択教室で2年生の数学の指数関数の補習に多くの生徒が参加していました。中間考査も近づいています。生徒の皆さん頑張ってください。

 

教育実習お礼状

以前にもお話ししましたが例年多くの卒業生が教育実習に来ます。今年は1学期に実施できなかったために、9月と10月に実習を行った学生がたくさんいました、今年はおよそ20人の学生が未来の教員を目指して実習に取り組みました。

大学生や大学院生と話をしていると彼らの将来や未来に対する期待や願望、前向きな発想や姿勢などこちらが勇気づけられることが少なくありません。

実習終了後、実習期間中の感想やお礼の感謝状を送ってくれます。授業案作りで苦労したこと、授業中の様子や生徒とのやりとりから学んだことなど綴られています。

日本の明るい将来のためにも意欲ある若者に頑張っていただきたいと心から思います。皆さん、期待しています。頑張ってください。

 

開校記念日

本日10月6日は本校の開校記念日です。

熊谷高等学校は1895(明治28)年埼玉県第二尋常中学校として創立され、1896(明治29)年10月6日開校式を挙行し、以後10月6日を開校記念日と定めました。

 

熊谷高等学校の沿革の概要を紹介します。

【沿革】

1895(明治28) 6. 1  埼玉県第二尋常中学校として創立される。

1896(明治29)10. 6  開校式挙行。以後本日を開校記念日と定める。

1898(明治31)10. 1  雨天体操場新築落成する。(70坪)

1900(明治33) 3.27  第一回卒業証書並びに修業証書授与式を挙行する。

1901(明治34) 8. 1 埼玉県立熊谷中学校と改称。

1918(大正  7) 8.20物理化学実験室竣工。(102坪)

1941(昭和16) 3. 8 新教室新築竣工。

1946(昭和21) 3.28 天皇陛下巡幸の途次本校に行幸せらる。

1948(昭和23) 4. 1 学制改革により埼玉県立熊谷高等学校と改称する。生徒定員1050名。

         埼玉県立熊谷高等学校定時制課程設置される。

1948(昭和23) 9.14埼玉県立熊谷高等学校定時制課程(普通科・夜間)、熊谷中心校、寄居分校、

         妻沼分校開校。

1948(昭和23)10. 3埼玉県立熊谷高等学校定時制課程、深谷分校開校。

1949(昭和24) 4. 1埼玉県立熊谷高等学校定時制課程、吉岡分校開校。

1951(昭和26) 8.20南関東代表として甲子園全国高等学校野球選手権大会に出場。準優をとぐ。

1955(昭和30) 9. 1 60周年記念行事として体育館兼講堂竣工落成する。(253.9坪)

1957(昭和32) 4. 1 通信教育部、浦高に統合される。定時制妻沼分校に別科を開設する。

1958(昭和33)12. 1 元講堂を学校図書館に改造する。

1962(昭和37) 4.30 70周年記念事業第1期工事として理科棟竣工する。

       10.31 音楽室竣工する。

1965(昭和40)11. 4 70周年記念事業第2期工事として柔剣道場(鉄筋2階建254.84坪)及び

          理科棟増築(3教室142.5坪)。

       12. 3 創立70周年記念式典挙行される。

1969(昭和44)12. 6 生徒の制服、制帽の規制を廃し、服装自由となる。

         1年生による臨海学校復活。

1973(昭和48) 3. 6 新校舎竣工する。

1975(昭和50) 5.17 第1回皆野40キロハイク実施される。

1976(昭和51) 2.18 80周年記念事業の一つとして記念館竣工する。

1976(昭和51) 5.13 創立80周年記念式典挙行される。

1978(昭和53) 3.27 赤いらか校舎(西半)火災により焼失する。

1980(昭和55)12.17 本館建設竣工。

1981(昭和56) 3.31 体育館竣工。

1982(昭和57) 8. 7 埼玉県代表として全国高校野球選手権大会に出場する。

1984(昭和59)12.31 90周年記念会館(生徒会館)完成する。

1985(昭和60) 7. 2 創立90周年記念式典挙行される。

1994(平成 6) 7.27 サウスランドボーイズハイスクールとの生徒短期派遣交流開始。

1995(平成 7) 5.17 県下公立高校初の開閉式屋根をもつ新屋内プール竣工。

       5.22 サウスランドボーイズハイスクールと兄弟校調印。

      10.28 創立100周年記念式典挙行される。くぬぎ会館建設、熊谷高校校歌碑建立。

1996(平成 8) 3.29 家庭科教室棟増築(鉄骨造453㎡)

2004(平成16)4. 1 機械警備システム稼働。

2005(平成17)11.12創立110周年記念式典挙行される。

2011(平成23) 4. 8文部科学省よりスーパーサイエンスハイスクール(SSH)第1期に指定。

2015(平成27)10.24創立120周年記念式典挙行される。

       10.24金子兜太氏句碑建立。熊高森づくりの会による記念植樹。

2016(平成28) 4. 1 第1年次生より単位制教育課程を導入。

 

今年は125周年の年になります。本校は埼玉県内屈指の伝統ある高等学校の一つです。

よりよい社会の実現と地域社会の振興を力強く支える人材の育成を目指して、希望と誇りを胸に、生徒教職員一丸となって、逞しく前に進んで行きたいと思います。

生徒の皆さん、頑張りましょう。

 

参考までに、創立100周年の際に作成した、管理棟1Fに掲示されているパネルの写真を掲載します。

熊谷高校の長い歴史を物語っています。

 

 

共通テスト出願

来年1月に初めて実施予定の大学入学共通テストの出願受付が9月28日より始まりました。出願は郵送で受け付け、締め切りは10月8日(当日消印有効)です。新型コロナウイルスに伴う高校の長期休校に配慮し、当初の第一日程(1月16日、17日)に加えて、現役の生徒は第2日程(1月30日、31日)を選択できます。文部科学省が7月に公表した現役受験生に対する調査では、大半の生徒が第1日程を希望し、第2日程を希望した生徒は約7%にとどまったとのことです。

参加大学は国立82校、公立91校、私立534校のほか、短大や専門職大学を合わせると計867校になると見込まれています。

受験生の皆さん、各自の進路希望に合わせて、精一杯頑張ってください。

 

     読売新聞、朝日新聞、産経新聞、埼玉新聞 参照

 

科学系部活動 活動交流会 熊谷女子高校

9月26日(土)午後 熊谷女子高校自然科学部と本校の科学部系部活動が、本校を会場に活動交流会を実施しました。本校と熊谷女子高校は県内、全国でも数少ない別学の特色ある高校で、古くから様々な交流があります。また、本校は国からSSH(スーパーサイエンスハイスクール)の指定を受け、理数科教育等にも力を入れている関係で、他校と交流し、県北の理数科教育を盛り上げようとしています。 

今回は、熊谷女子高校の自然科学部の1年生の生徒と引率の先生方が来校しました。この交流会は、双方の学校の各部活動の研究状況等に関して意見交換しながら、それぞれの研究テーマを模索し進化させる手掛かりしようと企画したものです。 

案内は基本的に本校の地学部の生徒が行いました。それぞれ部活動との交流では、普段の活動、現在の研究テーマの内容や進捗状況等について話し合いました。部長の青木君は「コロナ禍で外部の発表会などが殆ど中止になる中で、実際に他校と交流し、外部の方の新鮮な意見を直接聞くことができて非常に参考になりました。」と述べていました。実りの多い交流会となりました。

 

細かい日程は以下のとおりです。

14:00 集合 1F理科棟入口

14:15 ガイダンス、地学部訪問(3F地学室)

14:50 物理部訪問(3F物理実験室)

15:20 化学部訪問(1F化学実験室)

15:50 生物部訪問(2F生物実験室)

  本校の生物部は野外調査から戻って交流

16:20 交流会のまとめ(3F地学室)

16:30 閉会、解散

 

土曜授業 一般公開

本日も土曜授業を実施しています。一般公開もしています。あいにくの曇天ですが大勢の中学生やその保護者の方に来ていただいています。10月には、来校者の方が授業の様子を見やすいように、教室の窓等を一部透明の窓ガラスに替える予定になっています。熊高の生き生きとした教育活動の様子を多くの方々に見ていただきたいと思います。

職員研修会

職員研修会を実施しました。

外部講師2名の方にお願いをして、進学指導等に関して、研修会を実施しました。コロナ禍ということで、スペースを確保しやすい視聴覚室を会場に、講演者1名の方には来校して直接、もう1名の講演者の方はリモートで説明していただきました。今回は関東地区の高校の教育活動を中心に話が展開されました。様々な先進校の優れた取組等の話を伺うことができ非常に参考になりました。

より良い教育活動を目指して、教職員が一丸となって、生徒の皆さんのために、更に良い学校づくりに精進したいと思います。

講師の先生方、いろいろとありがとうございました。

 

第1回学校説明会

学校説明会を実施しました。前半と後半の2回に分けて実施しました。雨模様の中、大勢の中学生の皆さんや保護者の方に参加していただきました。 

【次第】

〇校長挨拶と学校概要

〇進路関係の説明

〇生徒会長による学校紹介

〇質疑応答

〇個別相談 

今回のコロナ禍で例年行われている県下一斉の進学フェアや北部校長会主催の進学フェアが中止になる中で、中学生の皆さんや保護者の方々の進路選択の参考になるようにと、高校全体のシステムに関する話や熊谷高校の概況、進路状況、高校生活の実際について、校長、進路指導主任の先生や生徒会長の生徒さんから説明いたしました。少しは参考になったでしょうか。ご不明な点があれば遠慮なくお問い合わせください。学校を選ぶ際には実際に自分の目で見て感じることが大切だと思います。

中学生の皆さんにとっては高校入試まで半年くらいになりました。取り組み方次第では、ここからが大きく成長する時期です。是非頑張っていただきたいと思います。本日はお忙しいところを参加していただき誠にありがとうございました。

         前半 説明会の様子

  後半 進路関係の説明

   後半 生徒会長説明

 

学校説明会に向けて 雨天の準備

第1回学校説明会を9月12日(土)の午後に実施する予定です。当初の予定では夏休み中に実施を計画していましたが、コロナ禍の影響で、9月実施としました。

新型コロナウイルスの感染拡大防止対策を徹底したうえで、前半と後半の2回に分けて実施する計画です。当日が雨の天気予報のために、玄関にビニールシートを敷き詰めて、中学生の皆さん、保護者の皆様の御来校をお待ちしています。

午前中は土曜日授業を実施しております。公開授業となっていますので、ご希望の方はご覧ください。来校していただいた方には10時に本校の職員が学校の説明をいたします。 

予定

【前半】

受付開始  13:00~

全体会   13:30~

個別相談会 14:15~

 

【後半】

受付開始  15:00~

全体会   15:30~

個別相談会 16:15~