熊高 沿革史

熊高 沿革史 

1895 明治 28. 6. 1   埼玉県第二尋常中学校として創立される。
1896   29.10. 6
29.10.14
開校式挙行。以後本日を開校記念日と定める。
授業開始。生徒定員250名。
1898   31.10. 1 雨天体操場新築落成する。(70坪)
1899   32. 2. 1
32. 9. 1
埼玉県第ニ中学校と改称。生徒定員400名。
第一特別教室新築落成する。(123坪)
1900   33. 3.27 第一回卒業証書並びに修業証書授与式を挙行する。
1901   34. 3. 1
34. 3. 1
34. 8. 1
工作室増築完成。(50坪)
本校に補習科を置く。
埼玉県立熊谷中学校と改称。
1907   40.11. 1 第二特別教室新築竣工する。
1911   44.10. 7 校友会において建設中の記念館竣工する。
1917 大正 6.10.10 雨天体操場増築工事竣工する。(増築分50坪,計70坪)
1918   7. 4. 1
7. 8.20
第一学年より制服変わる。国防色の上・下となる。
物理化学実験室竣工。(102坪)
1927 昭和 2. 4. 1 運動場を拡張する。(924坪)
1937   12. 8.30
12. 9. 1
本校舎及び付属小使室宿直室新築落成。
新校舎にて授業開始する。
1938   13. 3.31 講堂改築竣工する。
1941   16. 3. 8 新教室新築竣工。
1945   20. 3. 1 臨時措置法に依り修業年限4年制となり,4年・5年同時に卒業する。
1946   21. 3. 28
21. 4. 1
天皇陛下巡幸の途次本校に行幸せられる。
学制改革に依り中学校5年制度に復帰する。
1948   23. 3.15
23. 4. 1
 
23. 9.14
23.10. 3
埼玉県立中学校に通信教育部(男女)設置される。
学制改革に依り埼玉県立熊谷高等学校と改称する。生徒定員1050名。
埼玉県立熊谷高等学校定時制課程設置される。
埼玉県立熊谷高等学校定時制課程(普通科・夜間),熊谷中心校,寄居分校,妻沼分校開校。
埼玉県立熊谷高等学校定時制課程,深谷分校開校。
1949   24. 4. 1
24. 8. 3
埼玉県立熊谷高等学校定時制課程,吉岡分校開校。
南関東代表として甲子園における全国高等学校野球選手権大会に出場する。
1950   25. 8.20
25. 9. 1
プール竣工する。
定時制寄居分校に家庭科開設される。
1951   26. 8.20 南関東代表として甲子園全国高等学校野球選手権大会に出場。準優勝をとぐ。
1954   29. 4. 1 定時制寄居分校を別科と改称する。
1955   30. 9. 1 60周年記念事業として体育館兼講堂竣工落成する。(253.9坪)
1957   32. 4. 1
32.12. 1
通信教育部,浦高に統合される。定時制妻沼分校に別科を開設する。
定時制課程創立10周年式典挙行される。
1958   33.12. 1
33. 8.15
元講堂を学校図書館に改造する。
運動場を拡張する。(3367坪)
1959   34. 3. 1
34. 4. 1
34. 6. 8
給食場(炊事場,食堂)竣工する。
寄居分校,学校組合立として独立,埼玉県寄居高等学校(定時制課程)となる。
定時制課程,希望給食始める。(34.9完全給食開始する)
1961   36. 3. 31 深谷分校廃校となる。
1962   37. 4.30
37.10.31
70周年記念事業第1期工事として理科棟竣工する。
音楽室竣工する。
1964   39. 3.31 校庭夜間照明施設竣工。
1965   40.11. 4  

40.12. 3
70周年記念事業第2期工事として柔剣道場(鉄筋2階建254.84坪)及び理科棟増築。
  (3教室142.5坪)。
創立70周年記念式典挙行される。
1967   42. 3.31
42. 4. 5
給食場食堂増築。
クラブ部室及び合宿場竣工。(鉄筋)
1969   44.12. 3 生徒の制服,制帽の規制を廃し,服装自由となる。1年生による臨海学校復活。
1972   47. 4.12 新校舎鉄筋工事のため前庭にプレハブ式図書館を建設し,旧講堂の改造の図書館
撤去,その跡地を中心に新本館建設。
1973   48. 3. 6 新校舎竣工する。
1975   50. 5.17
50. 8.25
第1回皆野40キロハイク実施される。
テニスコート夜間照明装置。
1976   51. 5.17
51. 3.20
51. 5.13
80周年記念事業の一つとして記念館竣工する。
校庭の整備完成する。
創立80周年記念式典挙行される。
1978   53. 3.27 赤いらか校舎(西半)火災により焼失する。
1980   55.12.25 本館建築竣工なる。
1981   56. 3.31
56. 3.31
定時制妻沼分校廃校となる。
体育館竣工する。
1982   57. 3. 31
57. 8. 9
定時制吉岡分校廃校となる。
埼玉県代表として全国高校野球選手権大会に出場する。
1984   59.12.31 90周年記念館(生徒会館)完成する。
1985   60. 3. 6
 
60. 7. 2
中学36回同窓会,同会50周年記念並びに90周年記念事業協賛により熊谷中学校校歌
碑が建立。
創立90周年記念式典挙行される。
1995 平成 7. 5.17
7.10.28
県下公立高校初の開閉式屋根をもつ新屋内プール竣工。
創立100周年記念式典挙行される。くぬぎ会館建設,熊谷高校校歌碑建立。
1996   8. 3.29 家庭科教室棟増築(鉄骨造453㎡)。
1998   10. 9.14
10. 9.14
理科芸術棟耐震補強工事。
記念館全体改修及び耐震補強工事。
1999   11. 9.20 管理・特別教室棟全体改修及び耐震補強工事。
2004   16. 4. 1 機械警備システム稼動。
2005   17. 9. 1
17.11.11
17.11.12
選択講義室整備。
自転車置場増設。南側外柵改修。
創立110周年記念式典挙行される。
2006   18. 6. 1 教室棟冷房設備稼働。
2008    20.9.30 体育館耐震補強工事。理科芸術棟他屋上防水及び外壁改修工事。 
2011     23. 4. 8
 23. 9.15
文部科学省より、第1期スーパーサイエンスハイスクール【SSH】に指定。
理科芸術棟全体改修工事。
2015    27.10.24
 27.10.24
創立120周年記念式典挙行される。
金子兜太氏句碑建立。熊高森づくりの会による記念植樹。 
2016     28.  4. 1 第1年次生より単位制教育課程を導入。 
2017    29.  4. 1   文部科学省より、第2期スーパーサイエンスハイスクール
【SSH】に指定。
2018     30. 8.25
 30. 8.31
 30. 9.25
「坊ちゃん」「田舎教師」記念碑建立。 
グランド改修工事。
部室棟耐震補強工事。
2019    31.3.26 テニスコート防球・防砂ネット新設工事竣工
2020  

 R2.6.22

 R2.7/7~

 R2.11.27

全日制1学期始業式(新型コロナウイルス関連)

1年次生臨海学校中止(新型コロナウイルス関連)

2年次生フィールドワーク実施(修学旅行代替行事)

2021  

 R3.7/6~

    R3.11.24

 R3.12.13

 R4.3.28

1年次生臨海学校3班に分け日帰り実施(新幹線利用)

2年次生修学旅行3泊4日で実施

拡充新職員室竣工

西ブロック塀改修工事竣工

2022  

R4.5.28

 

R4.7/5~

3年ぶりに40キロハイク実施(20キロに短縮)

1年次生臨海学校2班に分け、それぞれ1泊2日で実施