お知らせ

第39代校長 亀山 典幸(令和2年4月着任)

  

 

 

 4月1日付で武内道郎校長の後任として着任いたしました。どうぞよろしくお願いしたします。熊谷高校は浦和高校とともに1895年(明治28年)に創立した県下有数の伝統校であり進学校です。保護者の皆様、様々な分野で活躍する卒業生の皆様の御支援をいただきながら、教職員一丸となって、大切な成長期を熊谷高校で過ごす生徒の皆さんが、将来世界の幅広い分野・領域で活躍するための基盤づくりのお手伝いをさせていただきたいと思います。御支援、御協力をどうぞよろしくお願いいたします。 

さて、ここで簡単に学校の紹介をさせていただきます。

 

「熊高」は新時代 令和の時代をリードします

伝統を重んじながらも、最先端の教育を取り入れ、時代をリードします。 

熊谷高校は全力で進学指導に力を入れています。

東京大学の累積合格者数は、県内では私立も含め、浦和高校、川越高校についで、3番目です。京都大学の場合は、浦和高校についで、2番目です。これは、多くの先人たちの努力とともに、地域の方々に支えられ、本校が全力で進学指導に力を入れてきた証だと確信しています。現在も様々な取り組みをとおして、進学指導にこだわり、生徒の夢の実現を全力でサポートしています。 

熊谷高校は徹底的に面倒をみる学校です。

年間17回の土曜授業のほか、長期休業中の補習授業、課業日の普段の朝の補習、部活動終了後の夜の補習、更には学習場所の確保として、多くの専門書等を完備した図書館を夜も開放し、生徒が自習できる環境を整えています。そのほか、個別の面談も各学年、各クラスで組織的、計画的に行うほか、教育活動全般にわたり、教職員一丸となって、非常にきめの細かい教育活動を展開しています。 

熊谷高校は最先端の教育活動を行っています。

熊高ゼミのような学校独自の取り組みはもちろんのこと、SSH(スーパーサイエンスハイスクール)や大学進学指導推進校事業に代表されるような国や県の事業を積極的に取り入れて、質の高い教育活動を実施しています。平成28年度から単位制を導入することで、少人数授業を増設し、個々の生徒のニーズに応える体制を構築しました。また、県の指定を受けてタブレット端末を利用した授業などを早期に導入しICTを活用した効果的な授業を実践しています。 

熊谷高校は運動部・文化部・愛好会など、部活動が活発に行われています。

多くの部活動が全国大会や関東大会に出場し、生徒は心身ともに大きく成長するとともに仲間と一緒に感動の瞬間を共有しています。ここ数年では、全国大会には水泳部、ソフトテニス部、陸上競技部、スキー部が、関東大会には軟式野球部、水泳部、山岳部、スキー部、ソフトテニス部、陸上競技部が出場し活躍しました。運動部19、文化部12、愛好会7。熱心に活動し、県大会等で優秀賞や金賞を獲得しています。仲間とともに部活動に打ち込み、将来心の支えとなる「取り柄」を身に付けてみませんか。 

熊谷高校は知・徳・体バランスの取れた教育を実践しています。

日本のみならず世界をリードする人材の育成を目指し、知・徳・体のバランスの取れた教育を実践しています。進学指導は言うまでもなく、40キロハイクや臨海学校など、中学校では経験できないような多くの行事が用意されています。このほか、文化祭、体育祭、各種のスポーツ大会などをとおして、将来のリーダーに欠かせない「人間力」を育成します。行事終了後、肩を組み校歌を高らかに歌う姿は感動的で、一生ものの友とやり遂げた充実感・達成感を体験できます。中学生の皆さんも是非、本校でこうした経験をしてみてください。 

熊谷高校は「人」を育てます。