旬熊

旬熊

本 【図書館】初夏の風

4月も残すところ数日となり「初夏」という呼び名に

相応しい気候となってきました。

端午の節句に合わせ、熊高生の「健やかな成長」を願い、

鯉のぼりを飾りました。

 

大型連休も近づいていますので、時間を有効に使って、

多くの本と出会い、心身ともに健やかに成長してください。

【国際交流】米国ペリー高校との交流

本校では、ニュージーランドのサウスランド・ボーイズ・ハイスクールに加え、新たにアメリカのペリー高校との国際交流を開始し、4月6日(水)にZoomを用いて第1回の交流を実施しました。

 

ペリー高校はオハイオ州にあり、地域で唯一、日本語が学べる学校になります。互いの言語を学んでいるということもあり、2つの言語を折り混ぜながら交流を行いました。熊谷高校の生徒もペリー高校の生徒も絶えず質問をし、日本とアメリカの差異や共通点を発見していました。特に、ゲームやアニメの話題で盛り上がり、交流会が終了する頃には初対面とは思えないほど仲良くなっていました。

 

交流会開始前、緊張しています。

 

 

熊谷高校の修学旅行について説明しています。本校の修学旅行では、生徒自身が行き先やコースを決め、生徒が主体的に修学旅行を作り上げます。

  

 

校歌の説明をしています。部活動のユニフォームを着ており、ペリー高校の生徒も興味津々でした。

 

 

本校OBのカズレーザーについてプレゼンしています。

 

 

パソコンの前に集まって、お互いに質問し合っています。想像以上の盛り上がりでした。

 

 

肩を組んで、校歌を披露しています。この後、ペリー高校の生徒も美しい歌声を披露してくれました。

 

生徒の感想を一部紹介します。

・日本人は会議や講演会になると、たいてい緊張感にあふれていますが、ペリー高校の生徒は自分の伝えたいことを必死に伝えようとジェスチャーして、コミュニケーション能力が高いなと実感しました。個性あふれる方々で、海外への興味や意識がより一層高まり、とても勉強になりました。

・現地の高校生と話す機会は今までなかったので、とても良い経験になりました。最初は緊張していたけれど、とりあえず何か話すことで自然と仲良くなれたことは自分の自信にもなりました。今後このような機会があればぜひ参加したいと思います。

・陸上部が100人もいて、選手の選考も極めて難しそうだった。アメリカ人の選手が強いのは、たくさんの選考を突破した選ばれし者であるからだと感じた。日本語も上手だったし、困ったときの対応力をもっと勉強しないといけない。

・I’m glad I had a very valuable experience. I want to continue to do my best by making use of this experience. I want to visit Perry High School someday!

・I’m very happy to make some American friends. When I made a presentation, I was worried about making mistakes, but I could succeed. I hope to see them again!

・It was very fun! I feel that I’m happy to participate in this program. I want to join the next program!

本 【図書館】☆春色の扉☆

少しずつ陽射しも暖かくなり、春の足音が聞こえてくるようです。

図書館も春色に模様替えしました。

 

 

図書館を訪れるみなさんの気持ちが明るくなるような扉にしました。

冬の間に蓄えた知の養分が、芽生えにつながるよう祈っています

3ツ星 【第69期卒業生】☆第166回芥川賞ノミネート☆

既に、先週の報道でご存知の方もいらっしゃると思いますが、

7月に「第64群像新人文学賞」を受賞され、本ページでもご紹介した

島口大樹さん(第69期・2017年3月卒業)の2作目の中編小説

「オン・ザ・プラネット」が、このたび第166回芥川賞候補に選ばれました!

 

〈第166回芥川賞候補作〉

石田夏穂さん「我が友、スミス」

九段理江さん「Schoolgirl」

砂川文次さん「ブラックボックス」

乗代雄介さん「皆のあらばしり」

島口大樹さん「オン・ザ・プラネット」

 

第166回芥川賞受賞作の発表は1月ですが、

候補に挙がるだけでも大変な快挙です。

23歳という若さでのノミネート、本当におめでとうございます!

 

この作品は『群像』の12月号に掲載されており、

各方面で高い評価を受けています。

単行本としても1月に発売予定です。

島口さんの今後のご活躍を応援しています!

本 【図書館】☆蓄積の冬☆

霜月、朝晩かなり冷え込むようになりました。

ハロウィンも終わり、図書館も冬支度ですキラキラ

 

  

落ち着いた雰囲気の図書館で、じっくりと読書し、しっかり勉学に励み、

みっちり「知」の養分を蓄えてください本鉛筆

試験 【英語科】英検スピーキング一斉指導

10月26日(火)15:50~@視聴覚室

前日に英語技能検定試験の一次合格者が発表となったことに伴い、

放課後、希望者に向けて英語科の英検担当者で

二次試験(スピーキング)に向けての一斉指導を行いました。

1~3年生まで30名程度の生徒が集まりました。

担当教員より「試験の始まり方」「試験の内容」「注意すること」など

実践練習を交えての説明があり、生徒達は少し緊張した面持ちで真剣に取り組んでいました。

 

 

このあとは、英語科で担当教員を割り振り、面接試験に向けて個別練習に臨みます。

本 【図書館】☆読書の秋☆

少しずつ風が涼しくなり、過ごしやすい季節となってきました。

「読書の秋」に合わせて、図書館も「秋色」に模様替えしました。

みなさんや先生方のリクエストにお応えして、新刊が続々と並んでいます本キラキラ

 

 

ぜひ、落ち着いた雰囲気の中で「自分の1冊」を見つけに、

図書館に足を運んでください!

イベント 【英語科・国際交流委員会】オーストラリア駐日事務所による出張講座

先日、校長先生からもご案内がありましたが、

来週、オーストラリア・クイーンズランド州の駐日事務所の方が

オンラインで出張授業を行ってくださることになりました。

日時:10月5日(火)16:00~17:30

場所:自宅よりオンライン または 第2PC室(学校)

オーストラリアに行ってみたい!

国際関係の仕事に興味がある!

英語でコミュニケーションとりたい!

異文化について学びたい!

そんなみなさんに、ぜひおすすめです。

一斉登校に合わせて、昇降口の告知板もリニューアルしました。

留学情報なども展示してありますので、あらためてご覧ください。

積極的に参加して、視野の広がる素敵な時間を過ごしましょう。

 

 

【英語愛好会】活動報告

先日、昨年度まで熊谷高校にALTとして勤めていたデーン先生とzoomでつなぎ、英語愛好会に所属する生徒が英語で話しました。

生徒からはデーン先生が現在住んでいるニュージーランドの状況や文化に関しての質問が多く、積極的に英語を使ってコミュニケーションを取っていました。1時間以上英語を話し、充実した時間になりました。

英語愛好会は基本的に毎週金曜日の放課後に1時間程度、英語でゲームを行っています。興味のある生徒やスピーキング能力を伸ばしたいは英語科山本まで声をかけてください。

 

鉛筆 【英語科】多読のすすめ・英検申込

①英語力を高めるなら多読で

今年4月から始めた英語科研究室前の多読コーナーですが、新しく多読用の本が100冊以上加わりました。

 

高校生活3年間で読む教科書の分量は英字新聞1部にも満たないと言われており、英語力を伸ばすには「量」が必要となります。そこで生徒の皆さんにオススメしているのが、多読です。

 

4月からの1学期の間に、のべ80名以上の生徒が多読用の本を借りていきました。まだ借りたことのない生徒は、英語科研究室前に立ち寄ってみてはいかがでしょうか。

 

②英検申込について

今年10月に行われる第2回英検から、熊谷高校を1次試験準会場として実施します。

受験級は2級のみで、校内申込〆切は8月23日(月)になっています。

申込は英語科研究室前で行ってください。

詳しくは各階昇降口にあるポスター、英語科研究室前の受験案内を確認してください。

本 【図書館】☆「群像新人文学賞」受賞記念展示☆

7月15日の本欄記事「【第69期卒業生】☆第64回群像新人文学賞受賞☆」

でもお伝えした通り、本校を2017年3月に卒業した島口大樹さんの小説

『鳥がぼくらは祈り、』が、この権威ある文学賞を受賞したことを記念して、

図書館の入り口正面の棚に「島口大樹さん特集」を展示しました。

図書館を入ってすぐの棚に展示しています。

先日、「ちょっと時間ができたので…」と同級生2名と一緒に、

高校時代所属していたサッカー部に差し入れを持ってきてくださった際に、

著書に熊高生に向けて、サインをしてもらいました。

熊高生へのメッセージは「一生ものの友がいた」でした。

島口さんの高校時代の様子が垣間見られる写真も数枚ですが展示しました。

エネルギーあふれる様子が伝わると思います。ぜひ、ご覧ください。

お祝い 【第69期卒業生】☆第64回群像新人文学賞受賞☆

本校の卒業生、島口大樹さん(第69期・2017年3月卒業)の小説『鳥がぼくらは祈り、』

応募総数2291編という激戦を突破し、「第64群像新人文学賞」を受賞(当選作)した、

という朗報が舞い込みました。

22歳、デビュー作での受賞という快挙、おめでとうございます!

すでに7月から全国各地の書店で発売されています。

 

群像新人文学賞は、講談社が刊行する文芸誌『群像』が1958年に創設した純文学の公募新人文学賞です。

過去の代表的な受賞作品には、村上龍さんの『限りなく透明に近いブルー』や、

村上春樹さんの『風の歌を聴け』などがあり、新人作家の登龍門ともされています。

 

島口さんと同時にこの「群像新人文学賞」を受賞された石沢麻依さんの『貝に続く場所にて』は、

昨日、第165回芥川賞に決まりました。

このことからも、島口さんの作品への文学界での注目度の高さが伝わってきます。

 

島口さん、高校時代はサッカー部に所属し、勉強も部活動も学校行事も、

全てに全力で完全燃焼する、エネルギー溢れる生徒でした。

作品は熊谷が舞台で、「高2の夏、過去にとらわれた少年たちは

傷つき躊躇いながら未来へと手を伸ばす。

清新な感覚で描く、22歳のデビュー作。」と、評されています。

高校時代をエネルギーいっぱいに過ごしたことが、作品の栄養分にも

なっているようで、とても嬉しく誇りに思います。

あらためて、本当におめでとうございます。

今後ますますのご活躍を期待しています。

視聴覚 【学習指導部】第2回「名作を楽しむ会」

中間考査最終日に行われた第1回「名作を楽しむ会」に引き続き、

夏休みを前に第2回「名作を楽しむ会」が行われました。

今回の作品は『舟を編む』(2013年・日本)。

2012年本屋大賞に輝いた三浦しをんさんのベストセラーを映画化した作品です。

真面目な主人公の青年が、辞書編纂の仕事を通して、周囲の人と関わりながら

大きく成長していく、笑いあり、涙ありの感動作でした。

  

キャッチコピーは「マジメって、面白い。」「一生の仕事。愛する人たち。そして言葉。大切にする。全力で。」

 

1人でも多くのみなさんが「厚みのある人間力」を育むべく、

今後も1つでも多くの「名作」に出会えるよう、今後もこうした企画を続けていきます。

イベント 【図書委員会】北部地区図書委員研修交流会

 令和3年6月11日(金)13:30~15:30

 

 1月に始動した、「令和3年度北部地区図書委員研修交流会」が、本日行われました。

実行委員会は、第1回(1月19日)、第2回(3月12日)、第3回(6月1日)、

Google Meetの試運転(5月25日)など、全てGoogle Meetによるオンライン会議で

話し合い準備を進めてきました。

画面上に22校が集い、開会式が行われたのち、5つの分科会に分かれて交流しました。

〈分科会〉

①図書館ツアー(スライド)(担当:熊谷農業高校)

②文学クイズ(担当:熊谷工業高校)

③ポップ作り(担当:熊谷商業高校)

④図書館ツアー(リアルタイム)(担当:妻沼高校)

⑤推し本紹介(担当:熊谷高校)

閉会式では、各分科会とも「楽しかった」「スムーズに進行できた」「盛り上がった」と

嬉しい感想を聞かせてくれました。

 

      「開会式」          熊谷高校代表の2名 分科会運営中

 

   分科会「推し本紹介」              「閉会式」

例年であれば、生徒が一堂に会して行われる交流会でしたが、

新型コロナウイルス感染拡大防止の観点から、オンラインでの実施となりました。

 

熊谷高校の代表として参加した小池理人くん(2年)と菊地雄介くん(3年)も

一生懸命に分科会を運営していました。菊地くんは今回の交流会の実行委員長も務めました。

 

オンラインではあっても、生徒同士が楽しそうに「本」を語る姿は大変微笑ましく

楽しく豊かで有意義なひとときとなりました。

実行委員のみなさま、参加してくださったみなさま、本当にありがとうございました!

イベント 図書委員研修交流会(北部地区)第1回実行委員会

令和3年1月19日(火)15:45~16:40

毎年、北部地区の図書委員が集い、読書の楽しさを伝えあい、

各校で読書を促すための試みを学び合う「図書委員研修交流会」

という催しがあります。

例年は、会場に集まり、ビブリオバトル、文学かるた、文学クイズなど

図書委員の皆さんが工夫を凝らし、北部全域の図書委員が交流する、

大変伝統のある催しです。

来年度は、熊谷地区の5校(熊谷工業・熊谷商業・熊谷農業・妻沼・熊谷)で

実行委員会が結成されます。

コロナ禍で、対面型の会議は避けた方が良いだろうと、

司書の先生方と図書館担当の先生方で事前に話し合い、

第1回実行委員会もon-lineで行われました。

 

熊谷高校からは、小池理人くん(1年)と菊地雄介くん(2年)が

図書委員の中から選出され、参加しました。

菊地くんは、今回の実行委員長にも選ばれました。

画面越しに4校の図書委員と話しています。

コロナ禍でどのような催しができるのか、手探り状態ではありますが、

少しでも各校の生徒の皆さんに読書の楽しさ、図書館の面白さを

伝えられるように、5校の図書委員で力を合わせてがんばります!

学校再開後の授業風景

今週から、奇数番号・偶数番号に分かれての分散登校が始まりました。

2,3年生は久しぶりの授業、1年生にとっては初めての高校の授業となります。

先生方もとても張り切っています。

ようやく熊高に活気が戻ってきました。

第75回入学式

4月8日(水)、第75回入学式が挙行されました。

 

 

 

 

 

 

 例年と異なり、教職員と新入生のみでの実施となりました。

一人一人の間隔を大きく取り、風通しをよくしています。

 

 

 

 

 

 

これからの熊高での3年間で、大きく、たくましく成長してくれることを願っています。

 

 

 

 

 

 

 

本日、県内応援団6校合同の「日輪の下に」が本校を会場に行われました。

雨、曇りの天気となりましたが、本校を会場に「日輪の下に」が開催され、多くの方に来校していただきました。

第45回を数えるこの伝統行事は、連盟に所属する各校応援団が演技を発表し、その技術を高める目的で毎年会場を変えて行っているとのことです。体育館いっぱいの来場者が見守る中、不動岡高校を皮切りに、川越、春日部、松山、浦和高校がそれぞれ発表、最後に熊谷高校がトリを務めました。閉会式では六校第一応援歌メドレーもあり、盛り上がりました。應援團の皆さんお疲れ様でした。

人権教育教職員研修会を実施しました。

 本日、教職員を対象とした人権教育研修会を実施しました。

 内容は、「大人の発達障害と対処法」です。

 新聞やマスメディアでも、比較的多く取り上げられていますが、この言葉はおよそ10~15年前からネット等でみられるようになったとのことです。大人の発達障害の原因や種類、対応の仕方について越谷心理支援センターの林様を講師にお迎えして詳しくお話しいただきました。

 他の人を受け入れ、折り合いをつけていくことの大切さを改めて実感し、教育の場に活かしていければと感じました。

 

1年次生を対象としたAED講習会を実施しました。

 本日、1年次生は記念館3Fにおいて、2~3クラスずつの組で、AEDの使用方法について実地練習を含めた講習会を実施しました。

 本校にはAEDが3か所設置されています。また、最近は公共の場でも、多くの場所で設置場所が明示されているのを目にする機会が増えました。

 誰もが、必要とする場面でAEDをはやく適切に活用し、人の命を救うことができるように日頃から意識しておきたいものです。

 救急救命法と合わせ、2時間続きの講習は大変実のあるものとなったと思います。クレーマージャパンの皆様ありがとうございました。以下、その様子を掲載します。

第2回学校評議員会・評価懇話会を開催しました。

本日午後、第2回学校評議員会・評価懇話会を開催しました。

5時限目は、授業を見学していただき、その後、6時限目の評議員会では、授業の感想も頂きました。

7時限目は、生徒も参加して評価懇話会を実施し、生徒の学校生活、中学校時代熊高をどのように見ていたかなど、様々な点から生徒の意見も引き出していただきました。

SNSに関するご意見も頂きました。委員の皆様ありがとうございました。

 

本日の廊下の風景7

本日は土曜日授業ではありませんが、撮りためた写真から。

木曜日、美術の授業があり、授業後生徒は作りかけの作品(マグカップ等)を、乾燥しないように、濡らした布にくるんだ後ビニール袋に入れて廊下の棚に仕舞っていました。

美術室前の廊下には、様々な作品をしまっておけるような棚が用意されています。

1年次ラグビー大会優勝チーム対教員チームのエキシビジョンマッチ!

 毎年恒例となりました、1年次ラグビー大会優勝チーム対教員チームのエキシビジョンマッチが本日放課後行われました。教員チームの体力を考慮し10分ハーフでの実施です。

 結果は…教員チームが3トライを挙げ、見事勝利しました。けがもなく無事終了しました。皆さんご苦労様でした。

教員志望者説明会を開催しました。

 本日放課後、教育委員会教職員採用課の職員の方にお越しいただいて、「高校生のための教員志望者説明会」を視聴覚室において実施し約40名の生徒が参加しました。

 小・中・高・特別支援学校の教員のやりがいや魅力を語っていただき、生徒の将来の進路についてや今しておくべき勉強について、参考となることがたくさんありました。

 

本日の廊下の風景6

昨日よりたいへん強い寒気が流れ込み、関東でも日中の冷え込みがかなり強まっています。

理科棟へ向かう2F渡り廊下では、昼になっても氷が溶けない様子が見られました。

SSH運営指導委員会について

この委員会では学識者、管理機関である教育委員会を含めた委員の方に年2回ご来校いただき、SSH事業について様々な視点からアドバイスをいただいております。熊谷高校では第2回目の委員会をSSH研究成果発表会の後に設定して実施、委員の方には午前中の熊高ゼミ発表会等の観覧について感想を述べていただくなど、充実した会議となりました。

ラグビー大会(1年次)決勝戦!

 ラグビー大会決勝戦が、3時間目に行われました。

 冬晴れですが、赤城おろしはとても冷たく観客には非情な天候でした。

 しかし、両クラスともそんな強風にも負けることなくプレーをしていました。

 優勝したのは1組です。おめでとうございます!

 準優勝の3組も、ここまで勝ち上がってきただけのことはあり健闘しました。

 (大きなけがもなく無事大会を終わることができホッとしています。)

 1年次の皆さんお疲れさまでした。

 

 

熊高ゼミ、SSH研究成果発表会が終了しました。

 2月1日(土)、9:00~11:30まで教室棟、理科棟などで行われた熊高ゼミと体育館で行われた、科学系部活動・プロジェクトによるポスター発表、12:00~12:45まで行われたSSH研究成果発表会の様子をご報告します。

 当日は、保護者のかた、関係者のかたなど大勢の皆様にご来場いただきました。ありがとうございました。

 

  

 

     

 

研究成果発表会では、JAMSTECの木戸様に来賓を代表して指導講評していただきました。

大変お褒めの言葉と、様々なヒントをいただきました。発表した熊高生の皆さん、今後の糧にしてください。

 

 

熊ゼミ、SSH研究成果発表会の準備②

いよいよ明日に本番を控え、本日5,6時間目は前日準備です。

体育館でも明日のリハーサルと、科学系部活動及びプロジェクトによるポスター発表の掲示準備が行われていました。

 教室の準備もほぼ出来上がりました。

↑ 椅子を並べます             ↑ ポスター発表、科学系部活動   ↑SSH事業・プロジェクトの紹介   

↑ 体育館リハーサルの様子       ↑ あとは発表を待つばかりです

熊高ゼミ、SSH研究成果発表会の準備①

今週末に発表を控え、1,2年次生および科学系4部活動の生徒は、今、発表準備の真っ最中です。

物理実験室で、ロボット制御のチェックが行われていました。

本日の廊下の風景5

本日は、理科棟3Fです。

こちらには、物理、地学の教室と実験室があります。

化石を含めた岩石、フーコーの振り子実験機が置いてあります。

物理、地学に興味のある中学生の皆さん、熊高ならではの環境で学習してみませんか。

チューリップ

 今年の花暦はとても早く、もうチューリップの芽が顔を出していました。

 このまま暖冬傾向で進むと、卒業式に桜が間に合いそうです。

1年次生がクラス対抗百人一首大会を実施しました。

 1月27日(月)、1年次生が総合的な探究の時間に、クラス対抗の百人一首大会を行いました。各クラスから「百人一首の強者」が代表選手として大会に参加しました。獲得した枚数だけでなく、お手つきの回数もマイナスポイントとして順位を左右するとのことで、参加した選手たちも手に汗を握りながら望んでいたことと思われます。選手たちの一挙手一投足は、真剣そのもので、応援の生徒たちも大いに盛り上がりました。

 結果は、優勝クラスは1年2組、個人の結果は44枚獲得した4組の増田稜君が優勝でした。おめでとうございます。また、2位7組、3位4組と個人2~3位の2名(2位の曲淵匠君(2組)、3位の小南慧馬君(6組))も校長から表彰されました。

 

本日の廊下の風景4

 本日は日曜日ですが、廊下シリーズです。

 教育委員会から、理系教育充実のために書籍を100冊いただいています。

 「科学道」と題して、科学的探究心をくすぐる良書を理科棟の2階廊下に並べ、生徒・教員に貸し出ししています。

 理科の先生によると、貸し出し中のものも結構あるようです。(棚の空いている部分がそうです)

 日曜日には高校生も大人も「探究」してみましょう!

令和元年度 中学1・2年生対象 学校説明会を実施しました。

 1月25日(土)、中学1・2年生を対象にした学校説明会を、本校視聴覚室において行いました。

 50組を超える中学生の皆さんに来校していただきました。ありがとうございました。

 音楽部によるデモンストレーションに続いて、校長挨拶、学校説明を行いました。

 また、生徒会長、進路決定した3年次生2名の合計3名が、学校生活を紹介しました。

 会場の皆さん熱心に聞いていただいてありがとうございました。

 

本日の廊下の風景2.5「赤甍」

 先日の「本日の廊下の風景2」で生徒の美術作品を紹介しました。

 今回は廊下ではないのですが、記念館1階に飾られている赤甍校舎の版画を紹介します。

 赤甍を後輩に伝えるべく、OB(高18回)が集まって著名な版画家である中島通善さんに依頼してつくられた作品です。2011年にあの有名なルーブル美術館にも展示されたとのことです。記念館入り口を通って、1階右手・西側階段の向こう側の壁に掛かっています。縦3つにセパレートされ、その効果もあって水平的な校舎を周辺の木立とともに精密に描いています。色合いも武蔵野の情景にマッチしたものだと思います。

 熊高生の皆さん、ぜひ、じっくりと 鑑賞してください。

案内板(階段の上り口)

作品紹介

窓からの光が映り込んでいます。

 

昼休みに壮行会を実施しました。【スキー部関東大会出場】

 本日昼休み、スキー部のための壮行会を実施しました。体育館内は天気のせいか寒かったですが、いつものように、選手より決意が述べられ、校長先生から激励、応援団と吹奏楽部によるエール、そして校歌斉唱で熱気に包まれました。

 スキー部は1月27日(月)~群馬県片品村のスノーパーク尾瀬戸倉で行われる第55回関東高等学校スキー大会に出場します。出場する選手は山田君(1年次)、種目は「大回転」です。コンディションを整えて、実力を発揮してもらうことを期待します。

 入場曲に合わせて入場です。

校長より激励(左)、生徒・応援団より応援歌

校歌

 

 

本日の廊下の風景3

 事務室の脇には「触れる地球儀」があります。

 ネット接続が可能で、地球の「昼と夜」や、全球の雲の様子(昼夜の差があり、1度に全体を可視の範囲で見ることはできないので、画像処理されています。)が見られたりします。

 日の出や日の入りの時にこの地球儀を見ると、ちょうど日本列島が「昼と夜」の境目にあることがよくわかります。

 土曜授業日の公開でこの地球儀の説明を受けた方も多いのではないでしょうか。

 約4年前の導入当時の様子が記事になっていますので、ご紹介します。

 (写真は当時の教頭先生です)

 

センターチャレンジを1,2年次生が行いました。

 去る1月18日、19日に実施された大学入試センター試験の問題をもとに、1月22日(水)に1,2年次生を対象に「センターチャレンジ」を実施しました。

 時間割は、下の通りです。

  8:50~10:10 国語

 10:30~11:50 英語

 12:10~12:40 リスニング

 13:25~14:25 数学Ⅰ・A

 14:45~15:45 数学Ⅱ・B(2年次生のみ)

 生徒たちは、実際には1年後~2年後「大学入学共通テスト」を受験することになります。その本番に向け、真剣に取り組んでいました。

本日の廊下の風景2

 昨日の「本日の廊下の風景」で紹介した「SSHコーナー」の逆の方向(北側)はHR棟に続いています。

 50mほどあるでしょうか。

 そこには、不定期に様々な作品が飾られます。今回は今年度の生徒が美術の授業で作成した作品を展示していましたので1枚写真を紹介します。

本日の廊下の風景

 理科棟へ向かう2階通路への出口に、SSHコーナーがあります。

 拡大印刷したSSHニュースを中心に、様々なSSHの活動の様子を生徒・見学者向けに掲示しています。

 

   11月末に行われた1年次生の「つくばサイエンスツアー」のレポートも掲示されていました。

 写真付きの力作を選んでみました。

 

熊高ゼミ発表まで、残すところあと10日です。

 本日7時間目、1,2年次生は、2月1日(土)に迫った熊高ゼミ発表の準備でした。

 模造紙やカラーマジックを使って本格的な準備を始めたり、発表の手順・リハーサルを行うゼミもありました。

 いくつかのゼミの様子をご紹介します。

 

 生物実験室では、パソコンを用いていました。

落語を科学すると、どうなるでしょう。

トレーニング室では、司会や発表の順番を決めていました。

 2月1日の発表は本校を会場に行います。ご都合のつく保護者の方は是非おいでください。

(その際必ずバスなど公共の交通機関をご利用ください。)

教員研修会を実施しました。

 本日、国立教育政策研究所から講師をお呼びして、教員を対象とした「学習指導要領改訂と新しい学習評価について」の研修会を実施しました。

 高等学校では、令和4年度入学生から、新しい学習指導要領が実施されます。

 それに伴って教科書が変わるのはもちろんですが、評価の仕方も一部変更となることが予想されます。

 今回はその評価のポイントをわかりやすく、現場の状況に即して説明していただきました。

 学校も教員も、今後様々な制度変更を追い風にして、生徒の育成に活かしていきたいと思います。

グループ討議の時間も短いながらとることができました。(写真右)

また、その後の質疑も活発に行われました。

 

3年次生センター試験直前集会を実施しました。

 明後日から始まる大学入試センター試験に備え、明日3年次生は家庭研修日です。
 直前の集会が、6時間目に記念館3Fで行われました。
 年次進路係より、直前の注意事項について説明がありました。

 9日に、教室掲示しましたが、「受験上の注意」で再度以下を確認しましょう!

 〇試験場までの経路 〇服装と持ち物 〇不測の事態への対応(保護者対応)

 その後、校長、年次主任から激励のことばがありました。
 最後に、本校ならでは!校歌により受験に向け気持ちを高め合いました。
 これまで培った熊高魂を100%発揮し、よい結果を出すことを祈念します。

朝日新聞「青春スクロール」の連載が始まりました。

 1月11日(土)朝日新聞埼玉版において、活躍する本校OBを紹介し熊高の現在を伝える新聞記事「青春スクロール母校群像記」の連載が始まりました。記念に本日は全生徒に朝日新聞が配布されました。

 8日に配布したカラーのチラシ(モニター募集・16(木)〆)も参考に、是非、ご家庭で記事をお楽しみください。

 OBの方には、大変懐かしく本校の記憶を辿ることができるかと存じます。

 この連載は3月まで続きますので、ご期待ください。

 なお、埼玉県以外にお住まいのOB、関係者の方には通常のルートで配達ができません。大変申し訳ありませんが、朝日新聞(電話048-780-2471 平日10時~16時、またはファクス048-780-2481、メール ii-asa.comでお名前、住所、電話番号を明記の上送信してください)までご連絡・お問い合わせください。

「朝日自動車バスナビ」サービスが12月23日より始まりました。

 以前トップページで、2019年7月より、朝日バスの「大原一丁目バス停」が新設され、本校付近を通ること及び「気象台入口」、「西箱田」、「円光」の各バス停のバス本数が増えることをお伝えしましたが、この度「朝日自動車バスナビ」のサービスが始まり、路線バスの現在位置がスマホ・携帯で分かるようになりました。大変便利なサービスなので、朝日自動車のホームーページやバス内広告をご覧いただき、生徒だけでなく、来校される保護者の方も是非ご利用ください。

令和元年度第3学期始業式を行いました。

 令和2年がスタートしました。熊谷高校も締めくくりの第3学期を迎えました。

 3年次生は、早くも来週末にセンター試験で、進路を決定する大学入試が始まります。

 2年次生が3年0学期、1年次生は3か月後に後輩を迎えることとなります。

 始めに、校長より講話がありました。(詳しくはこちら

 新年の新聞から、人口減少の時代、世界の人口増加と環境問題、社会・経済・テクノロジーの革命的変化とこれからの若者の生き方、SDGs(持続可能な開発目標)について触れられました。これらのことはすでに授業等でも学んでいることですが、本校での活動に真剣に取り組むことで自分の力を伸ばしこれからの時代を生き抜いてほしいとのお話がありました。

 次に、校歌斉唱を行い閉式しました。

 式後、生徒指導主任より、12月から冬期休業中の交通ルールに関係する情報・注意喚起がありました。

 生徒の皆さんそれぞれ新年の目標を立てたのではないでしょうか。それに向かって頑張ってほしいと思います。