あかいらか

校長、教頭による日々のコラムです。

熊高65歳同窓会に参加しました

 昨日、熊谷市内で開催された、熊谷高校第25回卒業生の同窓会に出席しました。9クラスの卒業生143名の参加で、盛大に行われました。各方面でご活躍されている多士済々の同窓生の方々のお話に加え、当時の恩師の方々も出席され、昔話に花が咲き思い出を懐かしく語っておられました。当時の臨海学校のパンフレットを保存されている方がおられ、その表紙には「第2回臨海学校、東の輪海岸」とありました。今年第51回を迎えた臨海学校のスタートは、こんな時代だったのかと感慨深いものがありました。同窓生の御子息のピアニストの森田義史氏の演奏や、様々なかくし芸もあり、最後は、應援團OBのエールで肩を組んでの校歌斉唱でした。熊谷高校で使ってほしいと、寄付金も頂戴しました。大切に使いたいと思います。

0

開校記念日(10月6日)に想う

 熊高の沿革史には、「明治28年(1895年)6月1日埼玉県第二尋常中学校として創立される。」とある。様々な準備を経て、翌年の明治29年(1896年)10月6日に開校式が挙行され、10月14日に生徒定員250名で授業が始まっている。10月6日を熊高の開校記念日としているが、創立は1895年6月1日である。2015年10月に創立120周年記念式典を実施、来年2020年は創立125周年である。卒業生数は、旧制中も含め3万5千名弱にもなる。1つの学年で500名を超えた時期もあったが、現在は320名の定員である。明治28年の開校当時は、日本の総人口が約4200万人、現在の3分の一であった。夏目漱石が松山中学に赴任した年で、職員室の向かい合わせに座っていたのが、保健室前の記念碑にある数学教師の弘中又一、「坊っちゃん」のモデルである。今年の開校記念日は日曜日である。昔を懐かしむわけではないが、飾り気はないが、心も体も強く、たくましいさまを表す「質実剛健」、この伝統は守っていきたいと願っている。

0

日本、南アのキャプテンのサイン入りラグビーボールをいただきました

 ラグビーW杯が9月20日に開催されますが、その前哨戦、日本対南アフリカ戦が9月6日に熊谷ラグビー場で行われました。熊高では、音楽部の生徒が両国国歌を斉唱し、ラグビー部員がボールパーソンを務めるなどの協力をしました。そのお礼にと、日本ラグビーフットボール協会から、両国のゲームキャプテン(日本:リーチ・マイケル選手、南アフリカ:シヤ・コリシ選手)のサイン入りボールを寄贈していただきました。1階、職員玄関奥の展示ケースに収めました。是非見てください。

写真を掲載します。(9/20)

0

川端康成の書簡を寄贈していただきました

 先週22日土曜日、熊高同窓会さいたま支部総会において、ノーベル賞作家の川端康成の書簡を寄贈していただきました。書簡は、元熊高の英語教師であった竹田博氏へ宛てたもので、熊谷名物の水戸屋の御家宝を贈られたその御礼状です。竹田氏の教え子で義理の兄弟にあたる宮下昭次氏(熊高1期生)が、亡くなられた竹田氏の遺族から遺品の処分を委託され、その中の1つが今回の書簡です。宮下氏からの要望で、熊谷高校へ寄贈することとなり、熊高同窓会さいたま支部総会で、直接、宮下氏からの寄贈を受けました。竹田氏の遺族も喜んでおられるとの事です。竹田博氏は、熊高教師の後、河出書房に入社され、川端康成とは、編集長と作家という関係であったようです。ちなみに、熊高1期生の宮下昭次氏は、現在の熊高校歌の1番、2番の原案を作詞された方です。昭和23年、熊高内で校歌制定のため生徒から歌詞を募集しましたが、そのまま採用にならず、旧制熊中卒の大先輩、石坂養平氏に作詞を依頼しました。石坂氏が、生徒の作品を参考にして作詞したのが現在の校歌です。熊高1期生である宮下昭次氏の作品を参考にして、1番、2番を書かれたようです。川端康成の書簡は、現代語訳と一緒に、職員玄関奥の”触れる地球”の隣の展示ケースに収めました。生徒諸君には是非見てもらいたいです。
0

インフルエンザに注意

 日本国中でインフルエンザが大流行してます。熊高でも、大流行というほどではありませんが、生徒、教員ともに休んでいる人が増えてきました。1年前、私も罹患しました。毎年予防注射はしているのですが、効果がないこともあります。私の予防法ですが、うがいと手洗い、特に帰宅時には入念に行います。寝室には加湿器、飲み物を用意して乾燥に備えています。肌を強化できるか思い、朝、着替える際にタオルで上半身をこすったりしています(これは急に寒い冬に始めると逆効果になると思います)。何より睡眠です。良い環境で6時間は最低寝るようにしています。校内でも、予防のためなのかマスクをしている人が多くなりました。栄養を付け、健康を維持することも大切です。今月から来月初めが要注意、予防につとめましょう。
0