日誌

音楽部・活動報告

【音楽部】第56回合同定期演奏会

8月3日(水)、熊谷女子高校音楽部さんとの合同定期演奏会を、さくらめいとで行いました。

 

依然として一般公開が難しい状況でしたので、入場は保護者の方や学校関係者に限定させていただきました。

今年度は昨年叶わなかった、混声ステージを実現することができました。

制限は多く、日数は少ない合同練習にも関わらず、両校生徒は暗譜で演奏できるように一生懸命に励んでおりました。

 

1曲目に演奏した曲は、《新しい歌》より〈新しい歌〉。

手拍子も盛り込んだ特徴的なリズムで、「歌う喜び」を身体全体で表現することができました。

2曲目に披露したのは、《良寛相聞》より〈君や忘る道〉です。

和歌のやりとりを歌詞にしたこの曲からは、三年の時を経て実現した両校部員が対話しているような、穏やかな雰囲気を感じました。

最終曲は《かなでるからだ》より〈膝〉です。

膝を通して人生を語るというユーモラスな歌詞を、さわやかに歌い上げました。

 

半世紀以上にわたって、共に音楽を紡いできた男子校と女子校というのは他に例を見ません。

まだまだ合唱には辛い状況が続きますが、これからもこのつながりを大切にし、切磋琢磨していきたいと思います。

0

【音楽部】6月活動報告

6月5日に熊谷市民音楽祭、6月19日に埼玉県合唱祭に参加しました。

両日とも木下牧子作曲《わたしはカメレオン》より〈わたしはカメレオン〉を演奏いたしました。

木下牧子さんの曲は《いつからか野に立つて》で経験済みですが、美しくも難しいハーモニーに苦戦しましたが、少人数ながら迫力は表現することができたと思います。

また、5日には多田武彦作曲《柳河風俗詩》より〈柳河〉、19日には木下牧子作曲〈夢みたものは〉をそれぞれ演奏しました。

今回のソロもトップテノールの部長が務め、演奏後にさまざまな方からお褒めの言葉をいただきました。

これからも地域の方々に応援していただけるよう、表現力を磨いてまいります。

0

【音楽部】埼玉県高等学校男声合唱団合同演奏会

5月8日(日)上尾市文化センターにて行われました。

今年で第9回を迎えますが、過去2年間はコロナの影響で中止となっておりました。

今回熊高音楽部が演奏したのは、熊谷高校校歌(男声四部合唱編曲版)と、無伴奏男声合唱組曲《いつからか野に立つて》(木下牧子作曲)より〈虹〉〈彼〉〈光〉〈天〉の4曲でした。

4月に入部した3人の1年生は校歌で初舞台となりましたが、少ない練習時間で見事に歌い切りました。

組曲は少人数で演奏するには大変な曲でしたが、イメージやフレーズの捉え方を共有することで、それぞれの曲に合った表現ができたと思います。

毎年行っていた6校合同演奏はできませんでしたが、アンコールとして川越東高校合唱部さんと愛唱歌《斎太郎節》を演奏しました。

テノールソロのある曲ですが、本校の部長が堂々とした歌声を響かせてくれました。

ここ数年、他校と関わる機会が減ってしまっていたので、同じ男声合唱を愛する同年代の演奏を聴き、いい刺激を受けることができました。

次のステージは、6月5日(日)さくらめいとで行われる、熊谷市民音楽祭です。

今後も応援のほど、よろしくお願い致します。

 

0

NEW 【音楽部】新入生歓迎昼食会

今年度は4人の新入生を迎え、計11名でスタートしました。

この日は練習後に新入生の歓迎会として、昼食会を行いました。

距離を取り、感染症対策に十分配慮しながら、妻沼の伝統ある聖天寿司をいただきました。

 

演奏会のお知らせです。

『第9回埼玉県高等学校男声合唱団合同演奏会』

5月8日(日)12時半開場 13時開演

会場:上尾市文化センター 入場料無料

 

コロナの影響で3年ぶりの開催となります。

今年度最初の音楽部のステージ、精一杯頑張ります。

ご来場お待ちしております。

0

【音楽部】第1回学校説明会歓迎演奏

8月2日(月)さくらめいとにて、オープニングとなる歓迎演奏をさせてもらいました。

演奏曲目は男声4部版の《熊谷高校校歌》、

人気アニメのオープニング《宇宙戦艦ヤマト》、

男声ならではのハーモニーが楽しめる《酒頌》の3曲でした。

 

中学生の皆さんは、男子だけで歌われる「男声合唱」を初めて聞かれたことと思います。

混声合唱とは一味違う力強さや重厚感を感じていただけましたら幸いです。

歌うことがなかなか難しい昨今ですが、音楽部はマスク・換気などの感染対策をしっかりして、

今は8月末のコンクールに向けて、毎日楽しく活動しております。

来年度一緒に歌えることを楽しみにしております!

 

0

【音楽部】第55回熊谷高校・熊谷女子高校音楽部合同定期演奏会

7月24日(土)さくらめいとにて行いました。

昨年は中止となってしまった熊谷女子高校との合同演奏会ですが、

今年度はお客様を保護者様のみに限定して開催することができました。

ただし合同練習はいまだに禁止されているため、混声ステージは省いた形となりました。

 

男声ステージでは、例年1曲目に演奏している《熊谷高校校歌》、

コンクールで演奏する《男声合唱のためのコンポジション》よりⅠ、《黎明》、《天景》、

熊高音楽部では今や愛唱歌となった《酒頌》の5曲を演奏しました。

 

50回以上続いている伝統を再びつなぐことに喜びを感じますし、

何より部員たちが久々のステージを晴れやかな表情で飾れたことがとても印象的です。

一か月後のコンクールに向けて、ますます磨きをかけていきます。

 

 

0

【音楽部】聖火リレーセレブレーション

 

 

熊女音楽部とともに、オリジナルアンセム「Colorful」を演奏しました。

部活動の制限がある中で、今年度では初めての公の場での演奏となりました。

合同練習もできない中、当日のみの合わせとなりましたが、息の合った混声合唱を響かせることができました。

一生に一度の経験ができ、忘れられない思い出となりました。

素敵な機会を与えてくださり、ありがとうございました。

 

0

NEW のびのび演奏撮影会

8月1日(土)に熊谷ラグビー場で行われた、のびのび演奏撮影会に参加してまいりました。

今年度は演奏会やコンクールが次々と中止となってしまい、特に3年生は一度も舞台に立てず引退を迎えてしまうところでした。

そんな折、熊谷ラグビー合唱団代表の臼杵さんから、屋外演奏撮影会のお話をいただき、参加させていただくことになりました。

 

演奏したのは《いざ起て戦人よ》と《酒頌》の2曲です。

三年生が、入部して間もない一年生でも歌える曲と、自分たちの思い入れのある曲、ということで選んでくれました。

十分に距離を保ち、間にビニールの仕切りを立て、マスクを着用しながら歌うという、

コロナ対策を万全にした状態で歌うことができました。

また、会場からのアンコールに応え、熊高の校歌も歌わせていただきました。

 

当日の演奏や練習の様子など、以下のメディアの方々に取り上げていただきました。(敬称略)

フジテレビ、NHK、テレビ埼玉、朝日新聞、毎日新聞、読売新聞

番組や記事を見ていただいた方から、多くの嬉しい反響をいただいております。

これからも皆様に喜んでもらえるような音楽をお届けできるよう、部員一同精進してまいります。

臼杵さんはじめ、当日の準備・設営にあたっていただいたスタッフの皆様など、多くの方に支えていただき、一生の思い出に残る貴重な経験をさせていただきました。

本当にありがとうございました。

0

外部コンサート

2019年10月25日(金)深谷市民文化会館にて深谷市立南中学校音楽祭に出演させて頂きました。

2019年10月26日(土)深谷市立藤沢中学校音楽祭に出演させて頂きました。

2019年11月9日(土)ウニクス鴻巣の野外ステージでコンサートを開催致しました。

 

2019年9月28日(土)さくらめいとにおいて、原田勇雅バリトンリサイタルが開催され、オペラデビューを果たしました。

0

8か国国歌

 9月6日(金)日本代表対南アフリカ

 

・9月24日(火)ロシア対サモア

・9月29日(日)ジョージア対ウルグアイ

・10月9日(水)アルゼンチン対アメリカ

0

第54回 定期演奏会

      第54回 熊谷高校・熊谷女子高等学校 
    音楽部合同定期演奏会を開催致します。
    入場無料です。
    皆さま御誘い合わせの上、是非ともご来場ください。

   2019年7月27日(土)13:30開場 / 14:00開演

      熊谷文化創造館 さくらめいと 太陽のホール

 第1部 女声合唱   『言葉は』 ほか 
 第2部 男声合唱三善 晃 編曲『唱歌の四季』ほか
 第3部 混声合唱  組曲『心が愛にふるえるとき』
 第4部 Youth Made Stage vol.3
 エンディング  『君や忘るる道』

    連絡先 熊谷高校音楽部 ☎ 048-521-0050

0

キラキラ 音楽部・男声合同演奏会

 令和元年5月12日(日)さいたま市民会館おおみやに於いて、埼玉県高等学校男声合同演奏会が開催されました。TBSラヂオでも放送され、多くの方々が足を運んで下さり、聴いてくださいました。中には、当日の朝のラヂオを聞き、会場に駆け付けて下さった方もいらっしゃったくらいです。今年度は、熊谷・慶応志木・浦和・春日部・川越・川越東の6校が出演しました。
 熊谷高校の演奏曲目は、三善 晃編曲の『唱歌の四季』全5曲、全体合唱では谷川俊太郎作詞/上田真樹作曲の『そのあと』を歌いました。





0

石原小学校訪問コンサート


2月19日(火)に近隣の熊谷市立石原小学校を訪問し、3・4・5年生合わせて約400名の児童の皆さんにコンサートを聴いていただきました。曲目は、石原小学校校歌(男声4部合唱編曲版)、赤とんぼ、あわて床屋、君をのせて などです。ところどころクイズを挟みながら演奏しましたが、石原小学校の皆さんはとても熱心に聴いてくださり、またクイズにも積極的に手を挙げて答えてくださいました。あっという間の45分間で、大変楽しく演奏させていただくことができました。ありがとうございました。


0

音楽部出演NHK-BS放送のお知らせ


音楽部は、NHK-BSの番組「新・BS日本のうた」に出演させていただくこととなり下記のように放送されました。

 本放送:12月2日(日) 19:30~21:00  NHK BSプレミアム
 再放送:12月8日(土) 12:00~13:30  同上
      12月14日(金) 16:30~18:00  同上

 番組では氷川きよしさん、福田こうへいさんをはじめとする歌手の皆様方と共演させていただきました。


 なお、11月15日(木)に熊谷文化創造館さくらめいとにて、同番組の公開収録を行いました。
素晴らしい歌手の皆さん、バンド演奏の皆さん、番組スタッフの皆さんとご一緒し、大変貴重な経験をさせていただくことができました。

 
 
   写真:ステージにて NHK小松宏司アナウンサー、共演の熊谷女子高校音楽部の皆さんと
0

原田勇雅さんバリトンリサイタルに出演します

音楽部は9月29日(土)に熊谷文化創造館さくらめいとで開催される「原田勇雅(はらだゆうや)バリトン・リサイタル」に特別出演させていただくこととなりました。原田さんは熊谷高校の卒業生で、在校中は音楽部で活動されました。国内外のコンクール等で数々の優れた賞に輝き、今最も注目されている若手声楽家の一人です。先月イタリアで行われたモンテカティーニ国際オペラコンクールでも見事優勝を飾られ、その名声はますます高まっています。

 今回、音楽部はドニゼッティの「愛の妙薬」、プッチーニの「蝶々夫人」、ビゼーの「カルメン」などオペラの名シーンの合唱を務めます。原田さんの素晴らしい歌声に少しでも花を添えられるよう頑張りたいと思います。皆様のご来場をお待ち申し上げております。

※チケットやお問い合わせは 

原田勇雅後援会事務局 電話090-3404-7072 までお願いいたします。


0

ラグビーワールドカップ応援動画が公開されました

このほど、音楽部の演奏したジョージア国歌の動画が公開されました。これは、ちょうど1年後に迫ったラグビーワールドカップ2019の応援企画として、撮影・制作されたものです。ジョージアは熊谷会場で試合をするチームの一つです。動画の制作過程やいきさつについての記事も併せて配信されました。

 

YouTube動画

https://www.youtube.com/watch?v=HwTxliwZ1EQ&feature=youtu.be

 

熊谷経済新聞記事

https://kumagaya.keizai.biz/headline/410/

 

Yahoo!ニュース

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180915-00000003-minkei-l11

 

0

第53回定期演奏会 御礼

 728日(土)に熊谷文化創造館さくらめいとで開催いたしました、第53回熊谷高校・熊谷女子高校音楽部合同定期演奏会におきましては、台風に伴う荒天にもかかわらず、多くの皆様にご来場いただきました。心より厚く御礼申し上げます。

0

第53回定期演奏会のお知らせ

毎夏恒例の音楽部定期演奏会(熊谷女子高校音楽部さんとの合同)を本年度は7月28日(土) 14:00から 熊谷文化創造館さくらめいと にて開催いたします。入場無料です。
皆様のご来場をお待ち申し上げております。
  ※お問い合わせは 048-521-0050(代)熊谷高校音楽部 顧問 櫻井 まで

 
0

音楽部オーケストラと共演


 9月30日(土)桶川市民ホールで開催された、コンサート『マスカレード・パーティー』に本校音楽部が賛助出演しました。このコンサートは県内外で活躍する若手音楽家を中心に、一般合唱団や児童合唱なども加わり行われたもので、オペラのアリアや合唱、ミュージカル、ピアノ協奏曲といった多彩な曲目がオーケストラの華やかな演奏を伴って披露されました。
 音楽部はOBも交え、オペラ「アイーダ」やミュージカル「オペラ座の怪人」、黒人霊歌などを演奏し喝采をいただきました。
 部員からは「オーケストラと一緒に演奏するのは、普段ピアノ伴奏で歌うのとは全く違う新鮮な経験だった」や「音楽部OBの声楽家の素晴らしい声を間近に聴き刺激を受けた」といった声がありました。

 
0