熊高日誌

熊高日誌

石原小学校訪問

 先日、埼玉の子ども70万人体験活動の一環として、本校バレー部と、熊農バレー部が、お隣の熊谷市立石原小学校を訪問しました。

 高校生と6年生の4クラスの子供小学生が一緒になってバレーボールを楽しむ姿をたくさん見ることができました。

 

 

 

 

体を動かす

 先週のLHRの時間、サッカー、バレーボール、バスケットボールに汗を流す3年次生を見ました。

 受験勉強が本格化している3年次生ですが、勉強量だけでは受験は乗り越えられません。

 6月に実施した3年次保護者会でもお話をさせていただきましたが、勉強の合間、あるいは、自分で決めた時間に体を動かし、脳と体のバランスを整えることがとても大切です。

 

 

Current Psychology 誌に英文論文が掲載されました

 令和3年度のSSH事業として、本校3年次生の大畠君、五野上君、金城君の3人の生徒が、埼玉医科大学小林国彦教授(本校28回生)、京都大学森田智視教授、本校加藤定男教諭に指導をいただいたプロジェクトの成果として作成した英文論文が、令和4年9月28日(水)に、「Current Psychology」誌のweb上に掲載されました。

 この英文論文は、熊高生283人へのアンケートから、統計的に、高校生の「こころと魂」の特徴を見いだしたもので、この種の研究としては、世界で初めてのものになります。

 

命を守る自転車ヘルメット

 昨日放課後、自転車ヘルメット着用モデル校の委嘱式が行われました。

 登下校に自転者を利用している熊高生諸君、法律が改正されたから、モデル校になったからというのではなく、自分の命を守るという観点から、自転車乗車時は、ヘルメットを着用しよう!!

 

 

 

1年次集会

 先週、体育館で1年次集会を実施しました。

 早いもので入学してから半年が過ぎました。集会では、年次主任から、この半年間の振り返り、続いて進路指導担当から今後の学習の進め方についての話がありました。

 

 

留学だより②

 オーストラリアのマッコーリー大学に留学中の、本校山本先生から便りが届きました。

 授業が始まり2ケ月が経ち、世界各地から集まっている20名ほどのクラスメートとも気心が知れてきました。課題は全て、理論をどのように自分の授業に反映させるかということが求められており、熊高生の姿を思い浮かべながら、日々、頑張っています。

 写真は、エリザベス女王が亡くなった際に撮影したものです。また、チャールズ3世が国王になり、公共交通機関が一日無料になりました。日本にはない文化に驚きです。

 オーストラリアでは、最近、公共交通機関におけるマスク着用義務が撤廃されました。よりコロナを感じにくい生活になってきました。 

 

 

開校記念日

 今日は、熊高127年目の開校記念日です。熊高生には、昨日、127年の歴史をまとめたプリント(B4版裏表)を配付しました。

 伝統ある我らが母校「熊高」で学んでいるという誇りを持ち、一日一日を大切に過ごして欲しいと願っています。

 

 

指定校推薦対象者指導

 先週、早稲田大学、慶応大学等、今年度の指定校推薦対象者への指導を行いました。

 私からは、この機会に、改めて、学ぶということについて見つめなおして欲しいという旨の話をしました。

 

熊高ゼミ中間報告会

 昨日、2年次が、熊高ゼミ中間報告会を実施しました。

 今年度の熊高ゼミは、修学旅行にからめたテーマ設定になっています。ゼミでの探究活動が、修学旅行をさらに実り多いものにしてくれそうです。

 

 

授業体験会

 先週1日(土)、授業体験会を実施しました。参加された中学生の皆さん、熊高の授業体験はいかがでしたか?

 写真1枚目は、記念館3階にいる保護者の皆さまにお子さまの体験授業をオンライン配信させていただいている様子です。 

 熊高の良さを感じていただけたら嬉しいです。