旬熊

旬熊

北部5校 教科力向上研修会

 北部5校(県北の進学校5校による研究会)教科力向上研修会が本校で実施されました。
本日は数学科 武正先生の授業を他校の先生にも見学して頂き、授業公開・研究協議会を開催しました。
 授業は「数学Ⅲ 定積分と漸化式」を協調学習をつかって展開しました。
 協調学習とは、埼玉県が東京大学大学発教育支援コンソーシアム(CoREF)と連携して、研究を進めている授業方法で、生徒が主体的に学習に取り組み課題解決を行うことができます。本授業では、少し難しい定積分の課題に対して、生徒が主体的に課題解決に取り組む授業となりました。

名作を楽しむ会

 本日の名作を楽しむ会は、社会科 丸山先生による「下町ロケット」でした。朗読後には元銀行員である作者の視点や他の本の作品紹介があり、社会科の先生ならではの解説も面白かったです。続きを読んでみたい気持ちになりました。
 この作品は映像化もされていますが、自らの想像力を駆使してストーリーを展開することは読書の楽しみです。
 

東京大学 朝日講座 「自然界にあふれる生物間共生」

東京大学 新領域創成科学研究科・自然環境学専攻 奈良一秀 准教授によるサテライト講義が実施されました。
授業内容は「自然界にあふれる生物間共生」として
・人間にとっての森林
・森林と野生生物
・生物間の共生、菌根
・森林と生物多様性
・菌根菌と森林の保護、再生
・グループワーク討論


受講した生徒の感想から

・現在の豊かさを求めて自然破壊が進むと、地球資源の枯渇から文明の消失の可能性がある。昔に戻ることはできないが、人は環境を守る努力をしなければならない。

・人の都合で生体数が減少または絶滅したことが原因となって、違った面の被害が発生したり、企業の広告のように環境に優しいと言っているがそれが真実なのか、などこれから学びを深め、考えていきたい。

クロスカントリー大会開催

11月10日(月)秋晴れのもと、熊高恒例のクロスカントリー大会が実施されました。熊谷市スポーツ文化公園を熊高生が颯爽と駆け抜きました。優勝は2年生の野村樹生君(陸上競技部)でした。


京都大学出前授業

11月4日(火)、現役京都大学大学院生(人間・環境学研究科博士後期課程2回生)の高橋真理子さんによる京都大学出前授業を実施しました。講義テーマは「英語コミュニケーション能力はどうすれば向上するのか~アメリカのESLの現場から~」で、生徒たちは実際にアクティビティを行いました。

3学年 英語モーニングトライアル

2学期後期 モーニングトライアルが11月5日(水)から行われます。
英語の速読力養成を目指して、11月21日まで毎日実施されます。
(写真は後日アップ予定)

スイーツ文化祭に参加

11月2日(日)八木橋百貨店にて、NPOくまがや小麦の会主催の「熊谷市県立高校スイーツ文化祭」に熊谷高校も参加しました。熊谷高校は、生徒から募集したデザインをもとにして作った「くぬぎサブレ」を販売しました。「くぬぎサブレ」は、学舎の「赤甍」をかたどり、その中に校内にそびえ立つ「くぬぎの木」をデザインしたものです。当日は多くの方にお買い求めいただきありがとうございました。

陸上部 関東大会 4×400m

北本市立宮内中学校出身 2年 渡辺大樹 (1走)
 今回、関東大会に出場して痛感したことは仲間の大切さでした。地区、県予選はいつも練習している場所で、顔見知りと競うことが大半ですが、関東大会となると見知らぬ場所で名前も知らない猛者と競うことになり、今までに経験したことのない緊張を感じました。そんな中でチームメイトや先生方、家族のサポートや応援がいつも以上に励みとなり、平常心を取り戻すことができました。本当にありがとうございました。来年の春は関東で満足せず、さらに大きな舞台で走れるよう、練習に一層精進していきたいと思います。

深谷市立花園中学校 2年 権田 渓 (2走)
 陸上の中で数少ないチーム競技です。自分の調子が悪かったでは済ませることができません。県大会が終わって、一度ぴんと張った緊張の糸が切れたのは感じていました。それを関東大会当日までに取り返せなかったのは今回反省すべき点だと思います。気持ちの強さ、と言うべきなのでしょうか、自分の弱さを実感しました。今回の大会が、最後じゃなくてよかったと思いました。まだ、春があります。今回敗けたチームの人たちに、敗けたままというのは、なんともスッキリしません。誰のためでもなく、自分のためでもなく、勝つための陸上をしていく、それだけだと思います。

本庄市立児玉中学校出身 2年 兼平優希(3走)
 マイルリレーで関東に出場しましたが、前日まで自分が関東を走るという実感が湧きませんでした。僕たちはチャレンジャーとして臨み、記録は県大会から1秒ほど遅いものの強豪校に圧倒されることもなく勝負し、すべてを出し切ったレースでした。夢であった関東の舞台を経験したことにより、来年の学総でも関東、全国を目指すという明確な目標ができ、モチベーションが高まりました。新人戦で今シーズンが終わり、陸上の練習はつらく長い冬季練習に入ります。来シーズンの目標をかなえるため、つらい冬季連も自分に妥協せず、今まで以上に頑張っていきます。

熊谷市立三尻中学校出身 2年 菅原達也(4走)
 関東大会出場には県大会で3位以内になる必要があったため、私は正直無理だと思っていた。しかし、私たちは決勝で最高の走りをし、運も絡んで3位に入ることができた。関東大会の結果は組4位で決勝を逃し、タイムはベストの1.5秒落ちというものであったが、悪くないタイムだと思っている。というのも、私たちはピークを県大会に合わせていたうえ、走順をすべて入れ替えるという挑戦をしていたからだ。県大会からこのチームで戦ってきてこのチームはここ一番の勝負強さと、大きな可能性を秘めていると感じた。来年はもっと上を目指したい。

第7回 熊高の森育樹祭

11月2日(日)さわやかな秋空のもと、熊高森づくりの会(会長 江利川 毅 様)主催による育樹祭が実施されました。

今年は愛称を広く募集し、約160の応募がありました。
1号地は熊谷高校校歌にある「雲紫の武蔵野・・・」から「紫雲の森」、2号地は桜の木を多く植樹していることから「さくらの森」とそれぞれ命名されました。

御来賓の方々、OBの先輩方、本校生徒約30名も参加し、合計で160名の熊高関係者の方々が熊高の森に集い、肩を組んで校歌を歌いました。熊高の絆と伝統を感じる一日でした。

 

(OBの方からご指摘いただきましたが、さくらの森の「さくら」は漢字ではなくひらがなです。訂正させていただきます。11月21日)

リーダー育成・進学指導重点推進校研究協議会

リーダー育成・進学指導重点推進校研究協議会を開催しました。

全体会の後半では講演会を設定し、イプシロンロケットやはやぶさの開発等に関わった、IHIエアロスペースの大塚浩仁様に御講演頂き、生徒も一緒にお話を聞かせて頂きました。

講演の最後に、大塚様から生徒へメッセージを頂きました。
・夢を持って行動すると、その夢は現実となる。そして行動が楽しくなる。
・何をやるにしても、頑張ったことには必ず得るものがある。しかし、見返りは求めてはいけない。
・人のためになることは、自分のためにもなる。
・部活、先生や友だちとのつきあい、家族との対話、趣味、体力づくり勉強等々何でも全力を尽くす。その経験は必ず先々で活きる。
・社会に出たら体力勝負、忍耐勝負、高校、大学で体力、精神力を鍛えること。
・大学に行かせてもらえる親に感謝し「勉・学」に励むこと。
・社会に出てからの時間は十分にある。その道の専門家になるのに大学は1つのきっかけに過ぎない(成功への道は一通りではない)
・英語力は国語力とともにあり。発信力、発言力を身につけよう(現代は能ある鷹は爪を隠さず)
・皆さんの本当の力はまだまだ奥底に眠っている。未知の力を引き出し、飛び出せ世界へ。

熊高生は、何事にも恐れずに、日本、さらには世界を導く人材として羽ばたいていただきたい。
OBの言葉は生徒にとってかけがえのないエールとなりました。


    5時間目の公開授業(社会)                      公開授業(数学)


       大塚氏による講演       演題「夢 - イプシロンロケットの構想から開発へ」



    OBの言葉は現役生の宝です。                    夢を受け継ぐ 熊高の絆

芸術鑑賞会

熊谷会館にて、芸術鑑賞会を実施しました。今回は寄席の鑑賞です。

演目
 寄席入門下座解説、落語:桂文月、上方落語:桂雀々、色物(紙切り):林家正楽
 落語:春風亭小柳枝
日本文化を感じる一日となりました。

生徒会執行部主催「第一回討論議論会」

北本市立北本中学校出身 3年 生徒会長 井上幸太郎

10月28日(火)午後四時より、本校記念館において生徒会執行部主催「第一回討論議論会」が行われました。

議題は「自転車のマナーについて」で、二時間にも及ぶ議論は大変白熱したものとなり、生徒が問題について真剣に考えていました。参加者は生徒会執行部員、代議員、審査部員でした。

今回の議論が少しでも問題改善に繋がることを願っています。

夜ゼミ・朝学習 実施中

夜ゼミ・朝学習を実施中です。しっかりと基礎固め、応用力強化など授業以外でも生徒の実力アップ講座を実施しています。

 2年生
 ・「応用力強化のためのガッツリ勉強」として〔英語、数学、国語〕について、10月22日から実施中です。
 ・「早朝勉強第2ターム」11月4日から〔英語、数学、国語〕小テストを使った朝学習を実施します。      


 1年生 「スタディサポート補習第3弾」 〔英語基礎を徹底的に学習する〕10月28日から実施中。


「夜ゼミ」
クラスの時計を見ると夜7時40分、ゼミはまだまだ続きます。
昼の授業とは違った雰囲気で行われている夜ゼミ、熱心な補習が実施されています。
部活動を終えた生徒なども多く参加しています。

 福島先生の英語で得点アップ! 


 野澤先生のどんと来いシリーズ、生徒に好評です!



 長島先生の数学、田渕先生も一緒に指導中です。

第41回熊谷市書道展

第41回熊谷市書道展入賞(熊谷市書人連盟会長賞)について
 桜沢 真斗(皆野町立皆野中学校出身)

 この夏、書道部の活動の中で一つの作品を完成させました。その作品により、第四十一回熊谷市書道展において、熊谷市書人連盟会長賞をいただくことができました。
 あまり書いたことのない書風を選択したので、受賞できたことに対して自分の成長を多少なりとも感じることができました。この作品は、入部してから初めて書いた作品で、なかなか上手にかけずに苦心しました。しかし、夏休み中の毎日、部活動の時間で枚数を書いているうちに作品全体がまとまり、完成度が高くなったことが実感できるようになりました。作品ができ上がっていくにつれ、喜びも大きくなり、集中して取り組むことができました。
 今回だけに限らず、良い作品が書けるよう努力していきたいです。

第41回熊谷市書道展入賞(特選)について
 高橋 千太郎(深谷市上柴中学校)

 今回、第四十一回熊谷市書道展において、特線をいただくことができました。私が書道を始めたのは小学生の頃からですが、今まで賞とは全く無縁でした。ですから、このような立派な賞をいただいたのは今回が初めてです。会場にも足を運びましたが、どの作品も驚くほどレベルが高く、そのような中で自分の作品が賞をいただいたことを非常に嬉しく思っています。
 また、嬉しいことに、後輩の桜沢君も私より上の賞をもらうことができました。私が部活動で大きな顔ができる日はまだ来ないようです。私たちの部活動は人数こそ少ないですが、本当に楽しく活動しているので入部して良かったと心から思っています。指導してくださっている先生や、部活動の仲間への感謝の気持ちを忘れず、頑張っていきたいと思います。これからも書道部をよろしくお願いします。

剣道部 北部新人大会 団体 準優勝

剣道部 北部新人大会 団体戦

上里町立上里中学校出身 2年 沖井 仁

今回の北部新人大会では新チームとなって初の公式戦でした。この大会は11月に行われる新人大会県大会につながる大切な大会です。新チーム初の公式戦ということもあり、チーム全員が緊張していましたが、一人一人が全力で試合に臨むことができました。惜しくも決勝戦で敗れ優勝を逃しましたが、準優勝という結果を残すことができ、良い形で県大会につなげることができました。これから県大会までの間でどれだけ自分たちの剣道に磨きをかけられるかが、重要だと思います。さらにモチベーションを上げた練習をし、チーム一丸となり最大限の力を試合で発揮できるように頑張っていきたいと思います。県大会で優勝し全国大会に出場できるよう頑張ります。

陸上部 新人大会北部地区予選会 優勝(4×400m)、関東大会出場

本庄市立児玉中学校出身 2年 兼平優希
 4×400mリレーは昨年の新人戦で県6位に入賞しましたが、学総では準決勝敗退となり関東大会へ出場できず、とても悔しい思いをしました。今回の新人戦は昨年からの二人に会に新メンバーが加わった初のレースとなりました。初めて走る人もいましたが、記録は昨年とほぼ同じで県北大会で優勝することができました。この結果は昨年の悔しさを分かち合い、武が一丸となって成長できたことにあると思っています。私はチームの団結力では熊高が一番だと思います。バトンを繋ぐ相手がいる、仲間がいることが心の支えとなり、個人の力以上に力を発揮することができると信じています。県大会ではそのチーム力で一人一人が仲間のために、0.1秒でも絞り出し、県入賞、関東大会出場という目標をつかみに行きます。

深谷市立花園中学校 2年 権田 渓
 
陸上競技にはたくさんの種目があり、自分に向き、不向きの種目もあります。今回の大会で私は4×400リレーは初めて任命されて走りましたが、この書目は自分には不向きな種目であり、嫌いな種目でもありました。距離も長く、何よりリレー種目なので他の人の足を引っ張りたくなかったからです。リレーメンバーに選ばれてから数日は緊張とストレスで便秘になったほどです。でもあるとき思ったのが、今回選ばれなかった人の気持ちでした。その人たちの分まで走らなければならないのだと。選ばれた以上、自分の持てる力を出し切ろうと大会に臨み、優勝することができましたが、何より不覚だったのは、一つ、嫌いだったものを楽しいと感じてしまったこと。もう、嫌いとか距離が長いとか言っていられなくなってしまった。引退するまで何度マイルに出場するかわかりませんが、誰にもメンバーの座を譲ってあげることはできません。県大会でも頑張りたいです。


陸上部 県新人大会予選 優勝(4×100m)

秩父市立荒川中学校出身 2年 大澤直也
 北部地区予選会の4×100mリレー(以下4継)で優勝することができました。この結果はチームメイト、家族、先生方の支えがなかったら生まれることはなかったと思います。本当に感謝したいと思います。私は中学校では陸上部に所属していませんでした。高校で陸上部に入部したときから4継には憧れがありメンバーに入りたいという一心で練習に取り組んできました。7月の国体北部地区予選で初めて4継に出場し3位という結果でした。初の公式戦である今回の大会で優勝することができ本当にうれしかったです。しかしタイムを考えるとまだまだ満足できるものではありません。4継は個々のポテンシャルだけでなくチーム力も重要なのでそれらを強化し、油断することなく努力を続け、今の舞台で満足することなく次の舞台で活躍できるよう成長していきたいと思います。

北本市立東中学校出身 2年 坂巻隼人
 中学の時から陸上をやっていて「優勝」という言葉を手にしたのは今回が初めてです。特にリレー種目は4人で走るチーム競技です。個人の走力、バトンパス、体調、団結力のすべてが完璧になって初めて「全力」で走ることができます。このような難しい競技で優勝したことをとても嬉しく思っています。記録は残念ながらベストを更新することはできませんでした。県大会ではベストを出して、北部地区チャンピオンとして素晴らしい走りをみんなに見せたいと思っています。またこのような成績を残すことができたのは、リレーメンバーだけでなく、応援やサポートをしてくれた熊谷高校陸上部全員のおかげだと思っています。そういうところでもチームで戦っていることを感じました。リレーメンバーはみんなの期待を背負っているので、全力で他の学校とぶつかっていきたいと思います。県大会でも応援よろしくお願いします。

第65回 熊高祭を実施します

第65回 熊高祭「ALMEN'S大原一丁目の夕日65」のお知らせ

一般公開の予定
 9/6(土) 12:30~16:00
 9/7(日)  9:30~16:00

文化祭実行委員長 川邊智大 挨拶より
(前略)
今年度のテーマは「ALMEN'S 大原一丁目の夕日65」です。
お察しのとおり、映画「ALWAYS 3丁目の夕日64」をパクリスペクトしたものです。
ゲートの東京タワーと合わせて昭和の雰囲気をですため、オマージュしました。東京タワーが建造された頃の日本のように熊高も成長して欲しいという願いを込めています。
この熊高祭に関わって頂いた全ての人に感謝の気持ちを持ってこの二日間がんばっていきます!ぜひ、楽しんでいって下さい。

吉原先生、ありがとうございました

8月23日にご病気のため逝去された吉原先生の葬儀に、たくさんの生徒・卒業生が参列し、お別れをしました。参列いただきました皆様に、あらためて本校よりお礼申し上げます。

吉原先生には、長年にわたり本県の理科教育の推進に多大なる貢献していただきました。また、吹奏楽部の指導も熱心におこない、生徒に音楽の楽しさを与えてくださいました。本当にありがとうございました。ご冥福をお祈りします。

吉原先生が生涯をかけて教育に捧げてきた情熱・愛情を引き継ぎ、これからの世代を担う生徒を育てていきます。

SSH海外研修 アメリカ ボストン No1

熊谷高校では、平成25年度からSSH海外研修をアメリカ ボストンで実施しています。
今年度は 8月19日から8月25日まで 実施します。

研修中はハーバード大学やマサチューセッツ工科大学での研修のほか、先進企業の研究者からの研修も実施される予定です。ハーバード大学の学生とのディスカッションも行われる予定です。
世界のトップレベルの大学を見て、ふれて、交流して、刺激を受けることはこれからの人生に大きな影響があることと思います。






編集 | 削除