熊高日誌

熊高日誌

家庭科の授業

 写真は、家庭科の授業で調理実習をしている様子です。

 上新粉と白玉粉のでんぷんの比較を、調理実習を通じて学ぶことができました。

 

 

音楽の授業

 写真は、音楽の授業でバイオリンを演奏している様子です。

 聴くことはあっても、なかなか自分で演奏する機会がないバイオリンの授業に、生徒は一生懸命取り組んでいました。

 

 

髙田教育長来校

 本日午後、熊高生に向けた特別講演会を実施しました。講師は、本校OBで、現在、埼玉県教育委員会教育長の要職にある髙田直芳先生です。

 髙田教育長から、新型コロナウイルス感染症から学んだこと、他者と対話することの大切さ、レジリエンスを高めることなどについてお話をいただきました。

 熊高の大先輩として、我々教員の先輩として、埼玉教育の舵取り役である教育長として、様々な角度から、普段、聞くことができない貴重な話を伺うことができました。

 

 

国際バカロレアの教育手法を用いた研究授業

 昨日6限、熊高を会場に、国際バカロレアの教育手法を用いた研究授業が行われました。

 「日本語は非論理的か」という問いに対する生徒たちの主体的な活動(考え、伝え、議論する)をたくさん見ることができました。

 

 

 

平和学習講演会

 昨日、埼玉県原爆被害者協議会(しらさぎ会)の加藤高名様を講師にお迎えし、2年次生対象の平和学習講演会を実施しました。

 今月末に修学旅行で広島に行く2年次生にとって、原爆の悲惨さ、平和の大切さを学ぶとても有意義な時間となりました。