あかいらか

赤甍

GTEC4技能試験を実施しました

 戸田奈津子さんの講演を聞いたことがある。数々の映画の字幕を手がけ、海外の有名俳優が来日した際も、戸田さんを通訳として指名するという。「どうしたら英語がうまくなるか」と高校生に問われ、「社会に出て必要になれば、自然とうまくなる。それよりも、英語を使って話す内容、つまり教養や人間性が大切」と答えたことを覚えている。映画が大好きで字幕翻訳の世界に飛び込んだ戸田さんにとって、英語はあくまでスキルであって、会話の内容が大切なのだろう。有名俳優が戸田さんを指名するのは、映画の世界をよく勉強していて、努力を怠らないからなのだろう。
 1、2年生全員を対象に「GTEC4技能試験」を実施した。現1年生が3年生になった際は、大学入試に英語の検定試験結果を使うことになる。そのための練習である。4技能のうち、スピーキングの力をタブレットに録音する形で実施した。全員が両手にタブレットを持ち、ヘッドホンから聞こえる会話に答えている光景は、何となく奇妙であった。タブレット相手で、自然な会話になるのだろうか、少し疑問が残るが、大人数での実施に代案はないように思う。初めての試験で戸惑っている生徒も多いようだが、来年以降も実施するので、早く慣れてほしい。


 

0

Society 5.0とは

 Society 5.0を知っていますか。狩猟社会、農耕社会、工業社会、情報社会に続く、新たな社会(Society)を指すもので、目指すべき未来社会の姿として提唱されました。現代は情報社会ですが、情報の共有やAIの発達がまだまだ不十分であり、経済格差、高齢化、過疎化などの課題を解決するような理想社会までは至っていません。さらなる社会の変革(イノベーション)を通じて、全ての人々が快適で活躍できる社会を構築しなくてはなりません。私が子供のころ、手塚治虫の「鉄腕アトム」という漫画がありました。正義感を持ったロボットが活躍する未来都市を描いていましたが、最近の急速な科学技術の進展は、我々の想像を超えるものがあります。狩猟社会から農耕社会までかかった時間の何百分の1かで、理想の未来社会が訪れるのではないでしょうか。そうした社会を築くためには、どんな能力が必要で、どうやって身につけたらよいのか。それは、決して特殊な能力ではないと思います。文章や情報を正確に読み解く力、対話する力、科学的に思考・吟味し活用する力など。特に、AIに代替できない能力、豊かな感性、独創性、対話を通じて自分の世界を広げる力、新しいものへの好奇心、探求心、様々な経験を通して培う自信など。文系理系問わずに、スポーツ、芸術なども含めたいろいろな学習、部活動、学校行事など学校生活全体で身に付けるべきものだと思います。つまり、今できることは、熊高3本の矢「学業・学校行事・部活動」全てに全力で取り組むことに尽きると思います。
0

「生き生き仕事人」が行われました

 平成11年にスタートしたPTA主催の「生き生き仕事人」事業は、今年で20回目を迎えました。これまでは、熊高OBを中心に10名前後が各会場に分かれ、そこに1年生が集まる分科会方式でしたが、今年は、記念館3階で4名のOBの話を全員が聞く方式にしました。司法書士(昭和57年に甲子園出場)、歯科医師(医学博士)、弁護士(元ラグビー部)、歴史作家(元芸人)、多士済々の方々の話に引き込まれました。部活動の先輩であったり、出身地が近かったり、身近な先輩方が、高校時代にどんなことを考え、その後どのような人生を歩んだのか、生の話を聞くことで、刺激を受けたと思います。質問も活発に出され、今後の高校生活の過ごし方、職業選択の参考になったのではないでしょうか。これまでの20回で、187名の方々に来ていただきました。熊高は「これからの日本と世界に貢献できる人材を育成する」を大きな目標にしていますが、実際に、熊高OBは社会のあちこちで活躍しています。生徒諸君が、自分も頑張ろうと思ってくれたら幸いです。最後のパネルディスカッションの後、全員で肩を組んで校歌を大合唱しました。熊高への熱い思いを共有できた時間でした。
0

「まいりました」の言葉に思う

 「まいりました」。5歳くらいだろうか、悔しそうに顔をゆがめた男の子が、将棋盤をにらんで呟いた。地域のコミュニティーを伝えるテレビニュースで見たシーンである。対戦相手の高齢の男性は、少々大人気ないようにも思ったが、私には、この男の子の今後の成長を期待できる場面として、とても印象に残った。
「敗けました」「ごめんなさい」・・・。顔を真っ赤にして、自分の敗けを認め、非を認める。自分の力量不足への反省、そして何より強烈な悔しさ、そうした自責の念が強いほど、その後の成長のバネとなると思う。努力している人、頑張っている人ほど、敗れたショック、悔しさは大きく、その精神的な落ち込みの振れ幅が大きいほど、反動の力となって今後の成長のチャンスとなると思う。自分の敗けを認めたがらないタイプの人もいるが、自分の何が足りなくて、何が原因で敗れたのか、反省し、検討することで今後の成長につながる。他者のせいにして、解決した気になっていては、みすみす成長のチャンスを逃すことになる。
 世の中は広い。いろいろな能力を持った人がたくさんいる。若い生徒諸君には、敗れること、失敗することは想定内だと考えてほしい。能力不足を過度に嘆いたり、卑屈になったりする必要はない。敗れること、失敗することを怖がらず、敗けや失敗をその後の成長のバネにしてほしい。


0

教科書を疑え

 ノーベル生理学・医学賞を受賞した京都大学の本庶佑特別教授の「教科書を疑え」の発言が波紋を呼んでいる。もちろん、教科書が間違っている等の意図ではないと思う。私は、教科書をそのまま読んで理解するだけでなく、自分の頭でしっかり考えて消化し、過去の偉人達の発見したこと、考えたことを追体験して、自分の頭に落とし込む作業が大切であるとの意味だろうと解釈している
 
折しもアメリカでは中間選挙が行われ、様々な意見がネットにあふれている。自分自身の考えをしっかり持つことが、かつてより大事な時代になっている。ポピュリズム、大衆に心地よい政策が人々を惑わし、世の中が変な方向に動きかねない状況も見られる。フェイクニュースや偽情報は、実に巧妙で、全く関係ない動画や記事を勝手に加工し、あたかも事実のようにネット世界に投稿される。無責任なニュースがあふれ、9月にあった北海道地震では、多数のデマ情報に市民が振り回されたことがあった。インドでは、デマ情報をもとに暴徒化した市民が、無関係の人を殺害する事件も発生した。「教科書を疑え」は、「たとえ教科書であっても疑う気持ちで考えよ」であって、様々な場面で、物事を多面的に見て、吟味し、自分の頭で考え直す、そうしたトレーニングが、これからの時代、ますます大切になってくると思う。自分がいつ、偽情報に振り回されることになるか分からない。危機感をもって学んでほしい。

0

進路の季節

 中間考査期間が終了し、生徒の皆さんの日常が始動しました。2学期前半を振り返るとともに、新たなステージに向けた”区切り”への意識を各自がそれぞれに積極的にかみしめつつ2学期後半の学業、部活動、学校行事に力を注ぐことを期待します。

 特に進学を控えた3年次生はもちろんのこと、1年次生にとっても、「進路を考える季節」であります。二者面談がありますから、これまでの熊高での生活を踏まえた今後の学習と進路選択の在り方について、自身と向き合い、担任と向き合い、保護者の方と向き合いながら目標を形成していくようにしてください。そして、ぜひ生徒には「進路を自身の事としてとらえること」を、たとえ徐々にであっても認識してほしいと思います。それが、「大人になる」ということだと考えます。

 1年次生は、この後、PTAのご協力を得て「生き生き仕事人」でOBのお話を聞く機会が設けられます。熊高ではOBという「モデル」に事欠かないわけで、そのような機会をとらえて少しずつ将来の事について吸収しながら「勉強だけではない」経験値を高めていくとよいと思います。今年は6月に毎日新聞で数多くのOBが紹介される連載もありましたし、10月15日に日本トライアスロン選手権大会で優勝、その後本校教育実習に来てもらう予定である大学4年の卒業生のニュースもありました。さらにその後立て続けに10月17日付け朝日新聞で「シルクロードの旅3カ月2800キロを語る」との見出しで熊谷出身の探検家の講演予定が紹介されました。こちらも本校OBで現在44歳だそうです。

 2年次生にとっては修学旅行の直前となり、移動等のグループ計画を立て、事前学習(平和学習)をし終え、次第に気持ちが高まっていることと思います。普段訪ねることができない美術館・博物館もコースの途中に数多く立地しています。関東では感じられない関西の『風土』、古き伝統を大切にする意義をじかに体験する良い機会です。自分達で考え、行動する『鍛』の要素を多分に含む本校の修学旅行を堪能するとともに、将来に活かせるような「30代、40代になっても懐かしく振り返ることのできる」得難い経験をしてほしいと思います。

 話は戻りますが、「妥協の進路」か「希望の進路」か、この「進路を考える季節」に自分のこととして向き合うこと。特に受験を控えた3年次生には、周囲・仲間・先生を信じて邁進してほしい。

0

熊高の芸術の秋

 熊高卒業生の原田勇雅(はらだゆうや)さんが、8月にイタリアで行われた「モンテカティーニ国際オペラコンクール」のオペラ部門で見事優勝を飾られ、県庁で上田知事に報告をしたと新聞報道がありました。原田さんとは、本校音楽部がリサイタルに特別出演するなど、尊敬すべき先輩としての交流が続いております。今後ますますのご活躍を期待しています。
 本日1031日の櫻井先生の音楽の授業では、プロのバイオリニストの演奏を聴く機会もありました。東京芸術大学の大学院生が鑑賞についての研究のため、生徒にバイオリンとピアノ伴奏の生演奏を聴かせ、アンケート調査をするもので、7月に続いて2度目の試みです。バイオリンのさまざまな奏法の解説とともに、迫力あるクラシック音楽の生演奏を聴くことができた生徒諸君は非常にラッキーでした。私も含めた多くの先生方も、音楽室の後方で、生徒諸君と一緒に聴かせていただきました。まさに心があらわれるような貴重な時間でした。
 1024日の芸術鑑賞会では、学校寄席として、三笑亭可龍さん、笑福亭鶴光さん、柳貴家雪之介さん、柳家権太楼さんの落語、大神楽を堪能しました。古典芸能の世界を知る貴重な経験となったと思います。熊高も芸術の秋を迎えています。

0

修学旅行の成果に期待する


 2年次生の修学旅行まで1か月を切った。熊谷高校百周年誌に、「修学旅行の新しい試み」とした一文がある。・・・昭和396月、従来の修学旅行に対する検討が行われた。これまで、生徒各自に与える印象が極めて少ないこと、生徒自身の自主的な調査学習が全くなされていないこと、等の反省があった。自由見学方式は、まことに画期的出来事であり、職員会議においてもその実施について危惧する意見等もあったが、今日まで続く自由見学方式を実施することに一決した。・・・とある。昭和39年度こそ、全行程のうち1日半のみを生徒の自由意思に任せ、他を団体行動としたが、好結果を受け、翌年度から全行程自由見学としたようである。

 熊高の「質実剛健、文武両道、自由と自治」は、こうした学校行事の中に連綿と引き継がれている。生徒諸君は、その実施の意図を汲んで意義深い修学旅行にして欲しい。熊高の校風を守るためには、生徒諸君一人一人が、その意義を理解し、期待を裏切らない成果をあげる以外にない。40キロハイクや臨海学校、各種のスポーツ大会等、どの行事も見守る教師や保護者にとって心配する点は多い。しかし、それを乗り越えることで、タフな人間に成長し、熊高生らしくなって欲しいと願って実施している。熊高生に引き継がれるDNAに「高い志を持つ」がある。自分の理想を高く持ち、歯くいしばって頑張り、失敗しても挫折せず、壁を乗り越える。勉強でも、部活動でも、進学でも、難しい目標に向かって、懸命に努力することこそ大切なのである。「質実剛健、文武両道、自由と自治」に恥ずべき行動をとっていないか、熊高生らしい行動がとれているか、自分自身を振り返って、自分を磨いてほしい。

0

いよいよ第2学期中間考査

 最近はめっきり秋らしい陽気になってまいりました。熊高では、文化祭や体育祭といったビッグイベントが無事終了し、生徒たちも落ち着いて授業に臨む日々が続いています。そして今週末は…いよいよ第2学期の中間考査がスタートします。多くの皆さまがすでにご存じかと思いますが、本校では、生徒は20時30分まで学校に残って図書館や教室等で勉強することができます。夜間定時制高校を除いて、こんなに遅い時間まで残って勉強することができる学校は、熊高以外には他にほとんどないと思われます。
 このような放課後の図書館・教室開放のシステムには一定のルールがありまして、1・2年生については、教室に残って勉強できるのは16時50分まででそれ以降残って勉強する場合は図書館での学習になります。3年生については、20時30分まで教室も図書館も利用することができます。ただし、定期考査1週間前に限り、1・2年生も教室に残って勉強してもよいということになっています(定時制が利用する教室棟1階は除く)。したがって、ここ数日は、1~3年生までほとんどすべての教室において夜遅くまで灯りがともり(下部画像をご覧ください)、勉強に励む生徒の姿が見られます。もっと多くの生徒が、本校ならではのこの学習環境メリットをぜひ活用して、自学自習を継続し着実な学力を身に付けてほしいと願います。
 しかし、自宅であろうとも、学校の図書館や教室であろうとも、あるいは、塾や予備校の自習室であろうとも、どこでいつ勉強するかということはあまり大した問題ではありません。肝心なことは、勉強したことを自分の中にストンと落とし込んでしっかりと理解すること、そして、自分の中に落とし込んだ学習内容を的確にアウトプットできること(例えば、テストの答案用紙の上で表現できる、レポートやプレゼンなどでしっかりとまとめることができる、噛み砕いた表現で他者に伝えることができる…等)です。放課後学校に残って勉強しているまわりの仲間と一緒に過ごすことによって、なんとなく自分も勉強したような気分になっていたりしたら本末転倒でしょう。「まわりが残っているから自分も…」でなく、ぜひ自律性と計画性を持って、授業時間以外の学習時間を「中身のある」モノにしてほしいと思います。
 学校に残るもよし、自宅で勉強に励むもよし…定期考査のためだけというのでなく、生徒たちには、それぞれ自分に合った自学自習のやり方を見つけてほしいと思います。熊高の定期考査は質量ともにハード&タフですよ! 生徒諸君の健闘を祈ります。




 
 
0

本年度の後半戦がスタート!

 10月を迎えて、いよいよ平成30年度の後半戦がスタートしました。週初めから台風24号の接近・通過となり授業実施が危ぶまれるところでしたが、若干の公共交通機関の乱れがあったものの、生徒の多くは始業に間に合うよう登校していました。また、昨日は2年生の水泳大会が行われましたが、本大会の終了をもって本年度の熊高での水泳シーズンも幕を閉じました。本校では、1年生の臨海学校に向けた水泳の授業が5月からスタートするので、約半年近くの長きにわたり、本校プールは生徒たちの喚声が響き渡っていたことになります。水泳大会が終わると、熊高にもいよいよ秋が来たな…と実感いたします。
 これからは、暑さも和らぎ秋本番を迎え、勉強にもスポーツにも最適の季節がやってきます。3年生はセンターの出願も終え、心の中も次第に受験モードになりつつあるのではないでしょうか。放課後遅くまで学校に残って「受験オーラ」を背中から放ちながら必死に勉強している3年生の生徒もちらほら見られます。「今の努力は絶対に君を裏切らない…がんばれ!」と念じながら、夜の3年生の教室を見回る際には、私もなるべく足音を立てないように注意しています。
 さて、今週末には体育祭が控えています。天気がちょっと心配ですが、生徒たちの熱い想いが天に通じて最高のコンディションになってくれればよいですね。ぜひ、生徒たちには全力を出し切ってすばらしい思い出に残るようなイベントに仕立ててほしいと思います。
 
0