あかいらか

校長、教頭による日々のコラムです。

旅立ちを前に

 トップページでお知らせしていますが、明後日14日(水)は本校全日制の卒業式です。
 3年生は大学受験のため家庭研修となっていて2月以降学校に登校していませんでしたが、いよいよ明日は卒業式予行等のため久々に登校してきます。久しぶりに担任や友人に会ったりして、受験結果にまつわる話などを含め話が盛り上がるのではないでしょうか。
 一方で先週の10日までに国公立大学の前期試験の合格発表が一段落しました。報告によると昨年に引き続き東京大学への合格者(浪人生)が出ました。現役生でも国公立大学や私立大学への合格の報告も聞いています。実は本日(大学によっては明日)は国公立大学の後期の二次試験日になっていますので現役および浪人生の諸君の中で最後まで頑張っている者がいるのも事実です。ぜひこの頑張りが実を結びさらに多くの合格者が出てきてほしいと願っています。
 さて卒業式の話題に戻りますが、現段階の天気予報によりますと、卒業式当日は晴れの予想です。晴れの舞台ですから予報通り天候も晴れてほしいものです。また、トップページにおいてもお願いしていますが、諄いようですが、お車だけはご容赦ください。よろしくお願いいたします。
0

高校入試に向けて

 明日はいよいよ学力検査(いわゆる高校入試)です。中学生の受検生の皆さんは準備万端だと思います。持てる力を思う存分発揮して挑戦してください。
 埼玉県の公立高校は、全ての学校で明日の学力検査の準備を行いました。教室を整え、受検番号を机に貼り、受検生を迎える形が整いました。受検生は当然のこと緊張していると思いますが、受け入れる側の高校の教職員も緊張しています。
 特に、明日は朝から雨模様そして風も強くなるとの天気予報になっていますので、公共交通機関の乱れにより、受検会場の高校にたどり着くのが遅れたりしないか心配されるところです。受検生の皆さんは時間に余裕をもって行動してください。
 受検生の皆さん、くれぐれも体調に留意し、良い結果が得られるよう頑張ってください。
0

金子兜太先生のこと

「質実の窓 若き日の 夏木立」。正門を入った右側にある碑に刻まれた金子兜太先生の句です。皆さんもご存知のことと思いますが、金子先生は、現代俳句協会名誉会長としてご活躍され、2年と少し前に行われた本校創立120周年記念式典では、昭和12年卒の本校OBとして記念講演をしていただきました。先生の詠まれた句と先生の略歴が刻まれた碑は、120周年を記念して建立されたものです。この度の突然の訃報に驚くのと同時に、校訓の「質実剛健」が盛り込まれた句に、母校への思いを改めて強く感じました。ご冥福をお祈りします。


0

学校関係者評価を終えて

 本日午後、第2回学校評議員会・学校評価懇話会を開催しました。
 会議に先立ち、5時間目の授業を委員の方々に見学していただきました。授業見学後には、本校OBの委員でもある方からは「自分の高校時代に比べて、先生方がしっかりと授業をやっていて様変わりをした感じを受けた。」「先生方が授業を工夫されていて、レベルも高いと感じた。」との感想をいただきました。
 会議としては、まず学校評議員会として、教務部、進路指導部、生徒指導部を中心としてこの1年間の教育活動を報告させていただき、委員の方から質問やご意見をいただきました。さらに休憩をはさんだ後、生徒会長、副会長そして代議員会委員長を交え、学校評価懇話会を行いました。この会議では、学校自己評価システムシートの年度末評価について報告し、委員の方から来年度へ向けたご提言をいただくとともに、生徒との意見交換も行いました。学校としてもこれらの会議を踏まえて、来年度の教育活動を充実させていきたいと考えております。
 さて、今後を考えますと高校入試がいよいよ始まります。中学3年生のみなさんは、埼玉県の公立高校への出願が、明日の16日(金)が郵送の場合の配達指定日、19日(月)、20日(火)が窓口での出願になっており、最後の追い込みの時期かと思いますので頑張ってください。本校も来たるべき教育改革について教職員で会議等を重ねて準備しております。ぜひ多くのみなさんが熊谷高校をめざし、出願をしていきたいと考えています。
 なお、窓口出願の際は混雑することが予想されますのでご承知おきください。
0

SSH・熊高ゼミ関係

 先週末から本日にかけて、スーパーサイエンスハイスクール(SSH)及び「熊高ゼミ」関係の行事が続きました。

 旬熊にも掲載していますが、先週2月3日(土)には1・2年生全員が1年間取り組んだ課題研究「熊高ゼミ」およびSSH研究成果発表会を行いました。SSH運営指導委員、他校の先生、本校保護者、中学生とその保護者など多くの方にお越しいただきました。
 生徒は、「熊高ゼミ」の成果をポスターやパワーポイントを用いて口頭で発表しました。理系だけでなく文系の研究も多くあり、一生懸命にやってきた結果を出してくれました。また、場所を体育館に移してSSH研究成果発表会を実施しました。3本の研究発表がありましたが、3本ともパワーポイントの資料を作成し、視覚的に見やすく、発表者もわかりやすく説明をしていました。

 さらに、本日は「熊高ゼミ」の科学分野の選択者に「サイエンスダイアログ」を行いました。この授業は、「国際的に活躍する研究者による英語を用いた科学・技術に関する講義を聞き、自然や科学に対する考え方等の違いに気づき、コミュニケーション力や表現力、語学力の向上とともに、国際的な視野を広げる」ことを目的としています。今回は「化学」「農学」「地学」の分野で講義が行われました。講師は、現在東京大学や理化学研究所において研究をされている若手研究者の方々です。
 1時間すべて英語であり、私自身も一部聴講しましたが、中身が専門的な事でよくわからないことばかりでした。そのような中でも、生徒たちは配付された資料等をもとに講師の方の話に耳を傾けていました。専門的な内容は難しかったようでなかなか質問ができませんでしたが、将来は大学でもこのような授業を受けることが多くなると思います。今のうちから経験しておくことはとても大事なことです。とても良い時間が過ごせたのではないかと思います。
0

頑張れ! 熊高生!

 先日、熊谷高校同窓会の染谷会長から、湯島天神のお札を頂戴しました。もちろん合格祈願の木札で、菅原道真公を祀っている湯島天満宮は多数の受験生であふれ、すごい行列であったそうです。3年生は2月から家庭研修に入り、いよいよ大学受験に臨みます。これまで頑張ってきた成果を存分に発揮して欲しいと願っています。また、浪人して頑張っている卒業生の健闘を祈ります。今から数十年前、私が大学受験生だったころ、父親から「結果はいずれにしても、一生懸命に努力した経過が大事なんだ」と励ましとも慰めともとれる言葉をかけられたことを思い出します。今になって思えば、愛情あふれる、考えた末の言葉であったと思います。熊高生諸君の健闘を願っています。
0

突然の雪

 昨夜からの大雪で熊谷高校にも大量の雪が積もりました。グランドを見ると、20センチ以上は積もっていそうです。夜半に雪は止みましたが、寒さで路面が凍結し、自転車での通学に支障があると判断し、全日制は2時間遅れの始業としました。ありがたいことに、早めに出勤した教職員が総出で、早朝から雪かきをして、生徒の通行に支障がないようにして頂きました。教職員のこうした支えがあって、熊谷高校は成り立っているのだなと、改めて感謝した次第です。
 今回の雪への対応では、前日から凍結防止剤を散布したり、除雪の道具を用意したりと入念に準備しました。「段取り力」と言う言葉があります。突然の雪ですが、想定される事態にどれだけ準備できるかでその後の経過が違ってきます。勉強でも、学校生活でも何にでも言えることだと思います。あらゆる場面を想定し、必要な準備を適切に行う。「段取り力」は、社会を生きる上での大切な能力だと思います。そんなことを考えた今回の雪でした。


0

2次試験に向けて


 大学入試センター試験が先週末に実施されました。3年生は学校で自己採点を行い、その点数を予備校等が全国集計をして国公立大学の出願に向けた指導資料を作ります。昨日その資料をもとに情報分析会が外部でありましたので、担任団が手分けをして参加してきました。本校に限らず全国の高等学校ではその資料や分析会の情報を基にどの大学に出願するかを生徒と教員が一緒になって検討します。
 これからが生徒にとっては正念場です。本日から職員室等で担任と出願に向けた最後の面談が行われています。自信のある生徒はこのまま第1志望合格に向けて突き進んで欲しいと思います。センター試験の結果が芳しくなかった生徒は、もう一度気を取り直して、自信を回復してほしいと思います。センター試験と二次試験の比率も関係しますがやるしかない、最後まであきらめずに取り組んでほしいと思います。
 2月下旬から始まる国公立大学の前期・後期試験に全力で向かい、第1志望合格が果たせることを期待しています。保護者の皆様も一喜一憂することなく生徒を応援してください。

 話は変わりますが、明日は午前中の土曜日授業に続き、午後には中学1・2年生対象の学校説明会を実施します。明日は本校体育館を会場としてバレーボールの大会が開催されていることもあり、駐車場のスペースがございませんので、参加申し込みをされた方は公共交通機関をご利用ください。くれぐれも近隣のスーパーやコンビニエンスストア等に無断駐車をされることがないようお願いいたします。
0

3年生大学入試センター直前の激励

 熊谷高校第70期生の諸君、いよいよ決戦の時が来た。多くの先輩方もくぐり抜けてきた試練である。臨海学校、40キロハイク、様々な学校行事、部活動など、幾多の試練を乗り越えてきた諸君には、この試練を乗り越える堂々とした能力がついている。初志を貫徹し、粘り強く戦ってほしい。

 ここで、受験のコツを1つ。あせり、ストレス、緊張は仕方がない。誰でもそうなるものである。自分の能力以上を発揮しようと力まず、自分の力をそのまま発揮できるように、冷静に、落ち着いて、取り組めばいい。大丈夫、熊高で身に付けた力は、皆さんが自分で考えているよりも大きい。自分に暗示をかけよう。「絶対大丈夫、自分を信じろ。熊高生は頑張っている」。自分を讃えてほしい。諸君の健闘を祈る。

0

平成30年スタート

 読者の皆様、あけましておめでとうございます。
 さて、1月2日、3日には、恒例の箱根駅伝が行われました。今年が94回という伝統の駅伝です。復路の9区に本校OBの磯田選手が、法政大学の選手として出場しました。当日エントリー変更でしたが、区間4位の走りで総合成績6位に貢献する素晴らしい成績でした。彼は4年生ということで最後の箱根でした。しかも当初は8区の控えで準備していたとのことでしたが、当日朝9区を走る予定の選手が体調を崩し、急遽9区にまわっての成績であったと本校陸上部顧問から聞きました。本当にこれまでしっかりと準備してきたことが最後に実を結んだのではないかとうれしく感じました。
 そして、昨日が世間では「仕事始め」であったと思われます。しかし、本校では早くも本日が3学期の始業式でした。多くの学校では、9日(火)が始業式かも知れませんが、来週末にセンター試験を控えていることもあり、生徒への指導や意識付を考えると、1週間前には学校が始まった方が良いという判断で、昨年度に引き続き始業式を早めています。
 一昨日と昨日に3年生は冬休み2回目のセンター試験練習会を実施しました。特に3年生にとっては、いよいよ本番のセンター試験が直前に迫りました。焦る気持ちの方が大きいかもしれませんが、ここまで来たらどっしりと構えて体調を整えることが大事です。是非、ご家庭でのご指導もよろしくお願いいたします。1・2年生も学年のまとめの学期として3か月を過ごしてほしいと思います。
 最後に今年1年が、本校の生徒、職員、同窓生、そして保護者の皆様にとって幸多き年となりますようご祈念申し上げます。皆様どうぞよろしくお願いいたします。

   3学期始業式の校長挨拶は こちら
0