熊高日誌

熊高日誌

ネットトラブル注意報

 トップページ「PTAのページ」に、令和4年度ネットトラブル注意報(第2号)を掲載しました。

データサイエンス

 熊高は今年度、県教育委員会から「データサイエンス・AIリテラシーを活用できる高校生育成研究事業」に指定され、新たな学びに触れる機会を得ることができました。

 その事業の一環として、13日(月)、立正大学の白川先生に、「高校数学とデータサイエンス」という演題で御講義いただき、熊ゼミでデータサイエンスに取り組む2年次生が受講しました。

 

 

医学部入門ゼミナール

 本日放課後、本校の卒業生(高32回)で、現在、深谷赤十字病院の副院長として御活躍の長谷川修一先生をお迎えし、医学部を志望する生徒を対象に御講演いただきました。

 病院の役割、日本の医療の課題等について、示唆に富むお話をいただきました。

 また、生徒に向けたメッセージでは、医者の仕事はチームワークが大事、だからこそ、高校時代には部活動などを通して仲間と協力することの大切さを学んで欲しいという話をいただきました。

 参加した生徒の目が輝いているのがとても印象的でした。

 

 

浦高野球部との定期戦

 昨日12日(日)、伝統の浦高野球部との定期戦(一中・二中対決)が、本校を会場に3年ぶりに開催されました。

 当日は、選手のみならず、両校のOB会長をはじめとする野球部関係者の交流も行われました。詳細は、野球部のページ(https://kumagaya-h.spec.ed.jp/zen/blogs/blog_entries/view/197/fe0ced8aef926ae04b449f892ded7ad2?frame_id=420)を御覧ください。

 

学ぶを育む

 写真は、6月1日の読売新聞の10面です。

 埼玉県高等学校理化研究会の地学研究委員会が作成した実習帳の作成に携わった、本校地学科の宮嶋教諭のコメントが紹介されています。

 

 

熊ゼミ始動

 今年で11年目を迎える本校の探究活動「熊高ゼミ」が、今週月曜日から始まりました。今後、21のゼミごとに探究活動を重ね、来年2月4日(土)に全体発表会を行う予定です。

 京都文学探訪、おいしい日本の地理、“最恐”のジェットコースター、駅弁研究、モルックは世界を繋ぐ等々、今年のゼミも興味深いラインナップとなっています。

 

 

 

3年次保護者会

 先週土曜日、PTA・後援会総会終了後、3年次保護者会を実施しました。

 保護者会では、入試概要、過去3年間の進路状況分析等について説明をさせていただきました。ご不明な点などがありましたら、遠慮なく学校までお問合せください。

 

生徒会選挙

 昨日7限のLHRの時間に、生徒会選挙が実施されました。

 会長に2名、副会長に1名の立候補があり、堂々と演説をしていました。

 また、演説に対して7人もの生徒が質問に立つなど、それぞれの立場から熊高をより良い学校にしていこうという思いが伝わる有意義な議論が展開されました。

 

 

埼玉新聞に掲載されました

 本日の埼玉新聞に、40キロハイクの記事が掲載されました。3年ぶりの開催となる熊高の伝統行事、コロナ禍の中、生徒たちは皆、熊高魂を見せてくれました。

 早朝から取材をいただいた埼玉新聞の栗原記者に御礼申し上げます。

 

 記事の中の応援団長の名前に間違いがありました。正しくは、松浦由典君です。

PTA・後援会総会

 本日午後、3年ぶりの開催となるPTA・後援会総会を実施しました。参加いただいた保護者の皆さまに御礼申し上げます。

 

 また、総会後、応接室にて、お世話になった旧役員の皆さまに、大竹新PTA会長から感謝状の授与を行いました。

 

 

 熊高は、お子さまの学力向上、人間力の向上に教職員一丸となって取り組んでまいります。引き続き、御支援・御協力を賜りますようお願い申し上げます。