あかいらか

赤甍

平成30年度辞令交付式

 昨日1日が日曜日だったため、本日2日(月)が平成30年度のスタートとなりました。
 さて、平成30年度当初本校管理職人事ですが、昨年度まで3年間にわたり本校教育活動にご尽力いただいた 鈴木 雅道 教頭が不動岡高校に転出され、新たに 有賀 弘一 教頭を常盤高校からお迎えいたしました。その他の管理職は、武内 道郎 校長、佐藤 康成 定時制教頭、塚田 幸子 事務部長、そして私 相模 幸之(全日制教頭)が昨年度に引き続き担当させていただきます。本年度もこれまで同様、本校へのご支援・ご協力のほどよろしくお願いいたします。(本コラムでは、以後、kyoto1が私相模、kyoto2が有賀教頭となります)
 新年度のスタートである本日は、辞令交付式から始まりました。有賀教頭の他、経験豊かなベテラン教員から大学を卒業したばかりのやる気溢れるフレッシュマンまで、全定合わせて28名の教職員が新たに本校に着任いたしました。必ずや本校の優秀な人財として、今後活躍してくれるものと期待しております。私たち管理職も、新たに本校に着任した教職員はもとよりすべての教職員が最高のパフォーマンスを発揮できるよう精一杯努める所存です。保護者の皆様、地域の皆様におかれましても、本校教職員を温かく見守っていただくとともに、今後ともご支援くださいますようお願い申し上げます。
 
0

海外派遣プログラム参加者による成果報告会

 終業式の後に、昨年、県で実施した「グローバルリーダー育成塾海外派遣プログラム」に参加した2年生の成果発表会があった。密度の濃い研修であったことをうかがわせる報告会であった。この事業は、県内の高校生50名が、著名な講師による講演などの事前の研修会を重ね、秋にアメリカのハーバード大学などに派遣するもので、真のグローバルリーダーを育てるものである。実は、私は、数年前に引率でこのボストンへの派遣に同行したことがある。現地の大学教授の英語の講義に、鋭い質問を英語でする高校生の姿に、感動したことを覚えている。これまで派遣された方のOB会を組織しようとしたが、多くの者が海外留学や遠方でのボランティアなどで飛び回っており、連絡を取るのに苦労した覚えがある。他の高校生とのネットワーク、得難い海外での経験、県の費用での派遣であり、毎年かなりの倍率になるのもうなずける。これまで熊高生もたびたび派遣されているが、来年度も是非、多くの者がチャレンジして欲しいと思っている。

0

浪人することになった諸君へ

 数日前、校長室をノックする生徒があった。卒業式を控えた3年生で、大学受験に敗れ浪人が確定したという。以前の校長講話で、私自身の浪人経験を語ったのを覚えていてアドバイスを求めに来たのである。メモ用紙を持参で神妙に耳を傾ける姿に、並々ならぬ決意を感じた。校長室をノックするまでには相当の勇気が必要だったろう。1年後に大きな実を結ぶことを願った次第である。
 他の多くの浪人生に校長として少しアドバイスを贈る。私の経験からのことで、個人差があろうが、吸収できる部分はあると思う。浪人生諸君の状況を平昌オリンピックで惜しくもメダルを逃した選手に重ねてみたい。4年後のリベンジを目指しできることは何か。まず、敗けた原因の分析、4年間の強化計画の立案、そのための環境づくり等。生徒諸君で言えば、学習方法、予備校等の学習環境、1日、1週間、1か月の時間配分などの再検討、年間計画などである。そして、後輩(現役生)の追い上げも厳しいものがある。必死に努力しても、4年間で競技力が向上するとは限らない。受験生も同様、学力向上には忘れる部分を上回る学習が必須である。さらに最も怖いのはモチベーションの維持である。体力の限界まで自分を磨くためには、何より強い精神力が必要で、スランプに陥った際の過ごし方が重要なカギである。私にとっては、親にこれ以上迷惑をかけたくないという気持ちが最大のモチベーションであった。是が非でも1年後に結果を出さなくてはならないという強い気持ちが、怠けそうになる気持ちをリセットすることにつながった。毎日、淡々と決めた時間に決めた量の勉強を続ける。思うように成績が伸びなくても、焦らずペースを守り、強い意志で続ける。生徒諸君にとって、何が受験勉強の動機となるか。ライバルの存在、敗けた悔しさ・・・いろいろあろうが、1年は長いようで短い、足踏みしている暇はない。前進あるのみ。1年後の成果に期待したい。卒業おめでとう。

0

旅立ちを前に

 トップページでお知らせしていますが、明後日14日(水)は本校全日制の卒業式です。
 3年生は大学受験のため家庭研修となっていて2月以降学校に登校していませんでしたが、いよいよ明日は卒業式予行等のため久々に登校してきます。久しぶりに担任や友人に会ったりして、受験結果にまつわる話などを含め話が盛り上がるのではないでしょうか。
 一方で先週の10日までに国公立大学の前期試験の合格発表が一段落しました。報告によると昨年に引き続き東京大学への合格者(浪人生)が出ました。現役生でも国公立大学や私立大学への合格の報告も聞いています。実は本日(大学によっては明日)は国公立大学の後期の二次試験日になっていますので現役および浪人生の諸君の中で最後まで頑張っている者がいるのも事実です。ぜひこの頑張りが実を結びさらに多くの合格者が出てきてほしいと願っています。
 さて卒業式の話題に戻りますが、現段階の天気予報によりますと、卒業式当日は晴れの予想です。晴れの舞台ですから予報通り天候も晴れてほしいものです。また、トップページにおいてもお願いしていますが、諄いようですが、お車だけはご容赦ください。よろしくお願いいたします。
0

高校入試に向けて

 明日はいよいよ学力検査(いわゆる高校入試)です。中学生の受検生の皆さんは準備万端だと思います。持てる力を思う存分発揮して挑戦してください。
 埼玉県の公立高校は、全ての学校で明日の学力検査の準備を行いました。教室を整え、受検番号を机に貼り、受検生を迎える形が整いました。受検生は当然のこと緊張していると思いますが、受け入れる側の高校の教職員も緊張しています。
 特に、明日は朝から雨模様そして風も強くなるとの天気予報になっていますので、公共交通機関の乱れにより、受検会場の高校にたどり着くのが遅れたりしないか心配されるところです。受検生の皆さんは時間に余裕をもって行動してください。
 受検生の皆さん、くれぐれも体調に留意し、良い結果が得られるよう頑張ってください。
0

金子兜太先生のこと

「質実の窓 若き日の 夏木立」。正門を入った右側にある碑に刻まれた金子兜太先生の句です。皆さんもご存知のことと思いますが、金子先生は、現代俳句協会名誉会長としてご活躍され、2年と少し前に行われた本校創立120周年記念式典では、昭和12年卒の本校OBとして記念講演をしていただきました。先生の詠まれた句と先生の略歴が刻まれた碑は、120周年を記念して建立されたものです。この度の突然の訃報に驚くのと同時に、校訓の「質実剛健」が盛り込まれた句に、母校への思いを改めて強く感じました。ご冥福をお祈りします。


0

学校関係者評価を終えて

 本日午後、第2回学校評議員会・学校評価懇話会を開催しました。
 会議に先立ち、5時間目の授業を委員の方々に見学していただきました。授業見学後には、本校OBの委員でもある方からは「自分の高校時代に比べて、先生方がしっかりと授業をやっていて様変わりをした感じを受けた。」「先生方が授業を工夫されていて、レベルも高いと感じた。」との感想をいただきました。
 会議としては、まず学校評議員会として、教務部、進路指導部、生徒指導部を中心としてこの1年間の教育活動を報告させていただき、委員の方から質問やご意見をいただきました。さらに休憩をはさんだ後、生徒会長、副会長そして代議員会委員長を交え、学校評価懇話会を行いました。この会議では、学校自己評価システムシートの年度末評価について報告し、委員の方から来年度へ向けたご提言をいただくとともに、生徒との意見交換も行いました。学校としてもこれらの会議を踏まえて、来年度の教育活動を充実させていきたいと考えております。
 さて、今後を考えますと高校入試がいよいよ始まります。中学3年生のみなさんは、埼玉県の公立高校への出願が、明日の16日(金)が郵送の場合の配達指定日、19日(月)、20日(火)が窓口での出願になっており、最後の追い込みの時期かと思いますので頑張ってください。本校も来たるべき教育改革について教職員で会議等を重ねて準備しております。ぜひ多くのみなさんが熊谷高校をめざし、出願をしていきたいと考えています。
 なお、窓口出願の際は混雑することが予想されますのでご承知おきください。
0

SSH・熊高ゼミ関係

 先週末から本日にかけて、スーパーサイエンスハイスクール(SSH)及び「熊高ゼミ」関係の行事が続きました。

 旬熊にも掲載していますが、先週2月3日(土)には1・2年生全員が1年間取り組んだ課題研究「熊高ゼミ」およびSSH研究成果発表会を行いました。SSH運営指導委員、他校の先生、本校保護者、中学生とその保護者など多くの方にお越しいただきました。
 生徒は、「熊高ゼミ」の成果をポスターやパワーポイントを用いて口頭で発表しました。理系だけでなく文系の研究も多くあり、一生懸命にやってきた結果を出してくれました。また、場所を体育館に移してSSH研究成果発表会を実施しました。3本の研究発表がありましたが、3本ともパワーポイントの資料を作成し、視覚的に見やすく、発表者もわかりやすく説明をしていました。

 さらに、本日は「熊高ゼミ」の科学分野の選択者に「サイエンスダイアログ」を行いました。この授業は、「国際的に活躍する研究者による英語を用いた科学・技術に関する講義を聞き、自然や科学に対する考え方等の違いに気づき、コミュニケーション力や表現力、語学力の向上とともに、国際的な視野を広げる」ことを目的としています。今回は「化学」「農学」「地学」の分野で講義が行われました。講師は、現在東京大学や理化学研究所において研究をされている若手研究者の方々です。
 1時間すべて英語であり、私自身も一部聴講しましたが、中身が専門的な事でよくわからないことばかりでした。そのような中でも、生徒たちは配付された資料等をもとに講師の方の話に耳を傾けていました。専門的な内容は難しかったようでなかなか質問ができませんでしたが、将来は大学でもこのような授業を受けることが多くなると思います。今のうちから経験しておくことはとても大事なことです。とても良い時間が過ごせたのではないかと思います。
0

頑張れ! 熊高生!

 先日、熊谷高校同窓会の染谷会長から、湯島天神のお札を頂戴しました。もちろん合格祈願の木札で、菅原道真公を祀っている湯島天満宮は多数の受験生であふれ、すごい行列であったそうです。3年生は2月から家庭研修に入り、いよいよ大学受験に臨みます。これまで頑張ってきた成果を存分に発揮して欲しいと願っています。また、浪人して頑張っている卒業生の健闘を祈ります。今から数十年前、私が大学受験生だったころ、父親から「結果はいずれにしても、一生懸命に努力した経過が大事なんだ」と励ましとも慰めともとれる言葉をかけられたことを思い出します。今になって思えば、愛情あふれる、考えた末の言葉であったと思います。熊高生諸君の健闘を願っています。
0

突然の雪

 昨夜からの大雪で熊谷高校にも大量の雪が積もりました。グランドを見ると、20センチ以上は積もっていそうです。夜半に雪は止みましたが、寒さで路面が凍結し、自転車での通学に支障があると判断し、全日制は2時間遅れの始業としました。ありがたいことに、早めに出勤した教職員が総出で、早朝から雪かきをして、生徒の通行に支障がないようにして頂きました。教職員のこうした支えがあって、熊谷高校は成り立っているのだなと、改めて感謝した次第です。
 今回の雪への対応では、前日から凍結防止剤を散布したり、除雪の道具を用意したりと入念に準備しました。「段取り力」と言う言葉があります。突然の雪ですが、想定される事態にどれだけ準備できるかでその後の経過が違ってきます。勉強でも、学校生活でも何にでも言えることだと思います。あらゆる場面を想定し、必要な準備を適切に行う。「段取り力」は、社会を生きる上での大切な能力だと思います。そんなことを考えた今回の雪でした。


0