熊高日誌

Current Psychology 誌に英文論文が掲載されました

 令和3年度のSSH事業として、本校3年次生の大畠君、五野上君、金城君の3人の生徒が、埼玉医科大学小林国彦教授(本校28回生)、京都大学森田智視教授、本校加藤定男教諭に指導をいただいたプロジェクトの成果として作成した英文論文が、令和4年9月28日(水)に、「Current Psychology」誌のweb上に掲載されました。

 この英文論文は、熊高生283人へのアンケートから、統計的に、高校生の「こころと魂」の特徴を見いだしたもので、この種の研究としては、世界で初めてのものになります。