旬熊

令和元年度熊谷高校学校評議員会・学校評価懇話会

7月29日(月)14:30より、第1回目の学校評議員会及び学校評価懇話会を開催しました。
 委員は本校OB(弁護士)、地域病院職員、中学校教員、PTA会長、元PTA会員で、本校職員が出席しました。15:30の懇話会からは、全日制、定時制の生徒会よりそれぞれ生徒も参加しました。
 この制度は始まってから約10数年たっており、地域の皆さんに学校をよりよく知ってもらうとともに、本校の教育活動・環境の向上に役立っています。
 今回は学校からの説明の後、委員の皆さんからたくさんの質問やご意見をいただきました。
 懇話会では学校自己評価シートの説明を行いました。また、生徒への質問も活発に行われました。全日制では自由と自治の校訓のもとで、しっかり学校生活が送れているか、学校に対する率直な意見は何かなど、また、定時制ではパンフレットに載っている活動についての具体的な感想などについて質問がありました。また、全日制と定時制共通して、携帯・スマートフォンに関することや、一緒に行う活動があるかなどもあがりました。
 今回の質問や意見をそれぞれ持ち帰って、学校の教育活動改善や生徒の学校生活の向上に生かせればよいと思います。