旬熊

第57回埼玉県高校美術展

美術部が第57回埼玉県高校美術展に出品しました。
会場:さいたま市プラザノース
日時:12月21日(日)から26日(金) (最終日は15:00まで)

  
           2年 栗原勇士    「3時」 


   
       2年 田中秀俊  「環」

  
      1年  秋葉紘希  「雉」

このほか会場には、他校の高校生の作品も出品されています。
高校生の力作を、ぜひご覧ください。


出品生徒から

熊谷市立中条中学校 出身 2年 栗原勇士 君
 今回、出品したのは校舎間の通路を描いた作品です。時間や天候によって通路に射す光が変わるので晴れた日の2時から4時に限って制作していました。何か月も描いていると、日が落ちるのも早くなりますし、光線の角度も変わってしまうので、11月以降は部室で想像で描かざるを得なくなりました。その間に色を工夫したので、出品作品の中でも一風変わった雰囲気の作品になったと思います。
 細かい描き込ができませんでしたが、今回の制作を通して外光の仕組みや絵の描き方がわかってきたので、習作として、とても意義あるものだったと思います。今回の高校美術展は昨年度よりも彫刻・絵画の両方で技量の高い、力強い作品が多かったと思います。私も人の目を引くことができるような作品を作っていけるように頑張ります。

熊谷市立荒川中学校出身 2年  田中秀俊 君
   二年生の途中から美術部に入部し、今回が初めての埼玉県高校美術展でした。吹奏楽部との兼部の上、制作の途中に修学旅行があり、なかなか時間がとれなかったのですが、なんとかかききることができました。
   これまで、デッサンは部活などでかいてきたものの、平面構成は今回が初めてでした。そのために表現の幅が乏しく、満足のいくかき方が出来なかった部分もありました。しかし、自分だけがかける作品になったと思うので、今は満足しています。また、今回作品の展示も行い、他校の魅力的な作品を観ることもでき、とても良い経験となりました。
   今回を通して、多くの課題もみつかったので、それを今後の制作の糧にして、表現の幅を広げられたらと思います。

深谷市立深谷中学校 出身 1年 秋葉紘希 君
 入部してすぐだったため、時間がない中描くことになりましたが、それなりにできたのでよかったと思います。鳥の体の丸みを出したり、脚の質感を出したりするのを心がけて作りました。今回は自信作という感じではないですが、次は時間も余裕がある中作業ができると思うので、次の作品はこれよりもずっと良いものを完成させられるよう頑張りたいです。