旬熊

2学期最終日の熊高の様子

 今日は、いよいよ第2学期の最終日ですが、熊高の1日は授業からスタートしました。本校では、始業式の日も終業式の日も授業を実施しています。「たとえ1時間でも授業時間を大切に」というのが本校の方針です。生徒たちもそれに応えて、しっかりと真剣に授業に臨んでいました。なお、2年生は、駿台予備校から講師をお招きし、記念館3階を会場に入試説明会を行いました。
 第2学期の終業式は11時から開式しました。式の中で、武内校長は、単に知識を覚えるだけにとどまらない主体的な学びが重要であることや、いよいよ間近に迫った大学入試に向けて「力を出し惜しみしないでほしい」ことなどを生徒たちに強くうったえました。式の最後には恒例の肩を組みながらの校歌斉唱、そして、生徒指導部主任からの冬季休業中の生活上の注意、また、東日本大震災被災地訪問に参加した生徒からの報告会も行われました。その後は、3年生は学年集会、そして、各教室ではクラス担任によるHRが行われ生徒たちに通知表が手渡されました。
 放課後の時間も盛りだくさんです。グラウンドでは、昨日のサッカー大会で優勝した3年4組対教職員チームによるサッカーのエキシビションマッチが行われました(結果は1-0で3年4組の勝ち)。また、埼玉大学から講師をお招きしてのロボット研究講座や、吹奏楽部によるクリスマスチャリティーコンサート(会場は八木橋百貨店)なども開催されました。
 2学期最終日である今日1日だけでも、熊高ではこのように様々な教育活動に取り組んでいます。来年も良い年を迎えられますよう、そして、熊高の教育活動がますます充実するようご支援・ご協力のほどお願いいたします。

●終業式の日も授業を実施  
   

●2年生対象入試説明会
   

●第2学期終業式
   

●3年学年集会、担任によるホームルーム
   

●放課後の活動(サッカー・エキシビションマッチ、ロボット研究講座、吹奏楽部クリスマスチャリティーコンサート)