旬熊

熊谷市県立高校スイーツ文化祭が行われ、出店しました。

 11月3日(日)、第6回認定NPO法人くまがや小麦の会による、「熊谷市県立高校スイーツ文化祭」が、八木橋百貨店1Fにおいて行われ、本校も出店しました。(他に6校が、ドーナツ、パン、クッキー、ガトーショコラなどを販売)

 例年通り、売り手は本校生徒会が担いました。

 地産池消の推進を目的に毎年この時期、熊谷産の小麦で作ったサブレを販売しています。

 味はプレーンとココアの2種類。いずれも校歌に歌われた「あかいらか」の名残を残した現在の校舎をモチーフに5年前の生徒がデザインしたシールでパッケージング(もちろんサブレの形も)しています。1年に1度しか販売していません。

 ちなみに、「くぬぎサブレ」の名称がついていますが、これは本校の「くぬぎ林」(現在はその中に同窓会館である「くぬぎ会館」が建っている)に由来します。

 生徒はそのような受け答えをお客さんと交わしながら、販売を楽しんでいる様子でした。

 ご購入いただいた皆様のなかには、OB、生徒の保護者の方、元教員もいらっしゃいました。おかげさまで見事完売しました。ありがとうございました。

 開店前の様子。

OBが購入してくれました。