あかいらか

NEW 平成29年(第69回)書きぞめ中央展覧会

 お知らせが遅くなってしまいましたが、平成29年(第69回)埼玉県書きぞめ中央展覧会が、1月28日、29日に加須市立花崎北小学校の体育館を使って行われました。
 この展覧会はご存知の方も多いかと思いますが、小学生、中学生、高校生の作品が一堂に並ぶ大きな展覧会です。今回は、小学3年生から6年生で1、229点、中学1年生から3年生で789点、高校1年生から3年生で1、064点、総合計3、082点の作品が出されました。
 本校の生徒も書道部の生徒を中心に、書道の授業を受けている生徒にも声をかけ出展したと聞きました。高校生の場合、用紙が半切というかなり大きな用紙(135cm×35cm)なので、なかなか書ける生徒も多くないということです。
 この展覧会では、知事賞、県教育長賞、さいたま市長賞、さいたま市教育長賞が、各学年ごとに一人ずつなので、全部で40人が受賞されます。さらに書道教育連盟賞(書教連賞)が全体で54人となっています。ここまでが特別賞と区分けされています。
 本校の生徒は、その次の推薦賞を2年生の荻原 駿君が受賞しました。推薦賞までで全体の1割が受賞しています。逆に言えば、荻原君は全体の1割に入ったということになります。他に特選賞(全体の3割)が1年生4名、2年生1名、優良賞が2年生2名でした。
 運動部だけでなく文化部も頑張っています。