あかいらか

NEW 「質実の窓 若き日の 夏木立」

 この句は、金子兜太先生が、本校の創立100周年を記念して詠んでいただいたものです。本校の同窓会館は、くぬぎ会館と言いますが、本校の敷地にはクヌギが林立していたこともあり、会館の名前の由来となっています。「夏木立」は、このクヌギ林をイメージされたと私は思っています。
 今回、創立120周年記念に当たり、この句を碑に刻ませていただきました。このことは以前からお知らせしている通りです。先日もこの赤甍でお知らせしましたが、いよいよ2日後に除幕式を行います。本校にご来校の際は、是非ご覧いただきたいと思います。
 石は、輝石安山岩で、野口石材店さんが時間をかけて探していただいたもので、うっとりするような風格のある色と形であると思います。見る人を引き付けるに違いありません。