あかいらか

NEW 1年生にエール

 本日は早朝より天気予報通り雪になりましたが、2年生は、予定通り修学旅行に出かけました。関西方面は天気はよさそうですので安心しています。
 さて、旬熊に掲載されているように本日1年生は、PTAの「生き生き仕事人」の行事で、様々な職種の方から講義をいただきました。この行事も今回が18回目、つまり18年目となりました。本校のOBの方を中心にPTA・後援会が推薦した方に講師となっていただきました。
 シャンソン歌手、会社社長、税理士、銀行員、検事、イラストレーター、建築士、経営コンサルタント、市町村長、公認会計士など多彩な顔ぶれで生徒も大いに刺激を受けたのではないかと思います。
 特に全体会では、1年生のこの時期にどんな力をつけたらよいか、という質問にはそれぞれの講師の方から様々なアドバイスをいただきました。
 例えば、専門に進むための基礎を磨くこと、勉強するのは当然だが、受験勉強に偏るのではなく雑多な知識を身に付けること、コミュニケーション力を付けること(このためには、好きなこと、好きなものを持っていれば人とのコミュニケーションが取りやすい)、何か、或いは誰かをめちゃくちゃ好きになること、などをお話しいただきました。
 もう一つOBの方からの話で、熊高は多様である、他校に比べて生徒同士のつながりが強い、さらには、熊高には一方ならぬ愛着がある、など熊高愛の言葉も聞かれました。OBの方は、本当に熊高を愛してくれている、ということをひしひしと感じました。
 最後に、講師をお引き受け頂いた方々、そしてPTA会長をはじめ受付や接待、広報として仕事をしていただいたPTAの役員の方にお礼申し上げます。