あかいらか

NEW SSH海外研修の担当者

 本日、本校で実施しているSSH海外研修をボストンでコーディネイトしていただいている団体ADZ GROUPのALDEN ZECHA(アルデン・ゼカ)社長とCAITLIN FROST(ケイトリン・フロスト)マーケティング・開発マネジャーが見えました。
 この夏ボストンに派遣した生徒とあいさつした後で、引率教諭でもある小幡先生の授業を見学していただきました。お忙しい方で次の予定もあり、本校には、40分程しか滞在できませんでしたが、生徒も懐かしがっていました。
 フロストさんの方は、北大に1年間留学経験もあり、日本語が達者でとても助かりましたが、日本の高校生を受け入れるというミッションを実施するためには、重要な人材であると思いました。逆に言えば、日本で外国の人を受け入れるためには、その方の母国語に堪能な日本人が必要であるということになりますので、本校の生徒も積極的に外国語を学んで欲しいと思います。