あかいらか

晩秋の熊高の様子

 旬熊でも紹介していますが、先週の後半も熊高ではさまざまな出来事がありました。
 勉強面では、1年生全員が英語表現の授業で取り組んできた「ニュースレポート発表会」です。今、盛んに英語の4技能「読む・書く・聞く・話す」について話題に上がっており、特に「話す」の部分が注目されています。本校ではこのような特別な時間だけではなく、普段の授業の中でも冒頭の時間を使って、生徒に英語でスピーチをさせている場面をよく見かけます。このような体験を3年間継続させることで、本校では「話す」の部分についてもしっかりと指導をできると考えています。
 さらに、運動面では全校生徒がクロスカントリー大会に臨みました。天候にも恵まれ、少々風が強く感じられましたが、ほぼ全員が9.4キロのコースを完走しました。午前中2時間授業を受けてから会場へ移動で、なかなかコンディション調整も難しい中でしたが生徒たちは日ごろの練習の成果をいかんなく発揮してくれたと思っています。
 なお、2年生は今週の24日(金)から4泊5日で修学旅行が控えています。コースは広島から京都というオーソドックスではありますが、旅行の行程は他校とは大きく異なるところがあります。団体行動は極力少なく、グループ行動を基本とした修学旅行としています。広島(1泊目)、京都(最終日)は、旅館は一つですが、2泊目、3泊目は旅館が五と四もあり、全員が同じ旅館ではありません。事前に生徒同士での話し合いや旅行先の調査をして班別行動を行います。ぜひ健康管理に注意して充実した旅行にしてきてほしいと思っています。