あかいらか

6月の熊高

 中間考査、40キロハイクが終わり6月を迎えて早一週間、熊高でもいよいよ一学期の後半に入り、生徒たちは勉強や部活動に頑張って取り組んでいます。6月は祝日や大きなイベントがなく、また、多くの他の高校で設定されている面談週間もないため(本校ではなるべく授業時間を確保するため、三者面談は夏休み期間中に設定しています)、平常授業の日が続くことによって、生徒たちも落ち着いて学校生活を過ごしているように思われます。梅雨時でじめじめした鬱陶しい時期ではあるのですが、本校では6月から冷房が使用できますので、快適な教室で授業を受けることができます。
 また、5月後半から6月前半にかけては毎年多くの教育実習生が本校にやってきます。授業の進め方や教え方の「匠の技」などはまだまだ荒削りですが、近い年齢の先輩たちが奮闘する姿を見て、きっと生徒たちは何か大切なことを学んでいるのではないかと思います。その教育実習期間もいよいよ今日が最終日。生徒、実習生とも素敵な思い出をたくさんつくってほしいと願います。