あかいらか

NEW 宇宙(雨中)のリレー

 昨日お知らせしたように本日は体育祭でした。天気予報では、雨は夕方から降り始めるものと考えていましたが、残念ながら午後13時30分頃から降り始めました。午前中は、晴れていたこともあり、プログラムは時間より早く進みました。
 午後も、なんとか夕方までは降らないでほしいという願いかなわずの展開になりました。特に最後の4,500mリレーは、雨の中の決戦となり、3年生にとっては最後の体育祭で涙雨だったかもしれません。
 本校のトラックは、1周300mあり、リレーは、1人150mの30人で4,500mとなります。とても見ごたえのあるリレーです。雨の中でも生徒はひるまず果敢にコーナーに突入していました。クラス対抗ですので、中には担任の先生が走っているクラスもありました。見るものでないとわからない醍醐味が味わえるリレーです。
 他にも本校ならではの種目があります。特に、珍百足走リレーは、長さ約10mの竹の棒を股に挟み走るもので、足が合わなかったり、身長差があったりするとうまく走れません。そこが、見る方からすると楽しい競技です。読者の方も一度挑戦してみてはいかがでしょう。
 いずれにしても、生徒は真剣に本気で取り組んだ体育祭でした。