あかいらか

NEW 追加の話題

 旬熊ではすでにお知らせしていますが、「埼北よみうり」第925号(12月23日発行)に熊谷高、熊谷女子高、熊谷西高の三校合同の科学体験教室の話題が掲載されています。(本日わかりました。)
 内容ですが、『高校生が「先生」』科学体験教室。『熊谷市内の3つの県立高校(熊谷、熊谷女子、熊谷西)が主催する「科学体験教室」が17日、小・中学生とその保護者を対象に熊谷女子高で行われた。・・・略・・・。
 燃やす物質によって様々な色の炎が出る実験「淡色反応」では、リチウム、銅、カリウム、カルシウムに火をつけると、それぞれ赤、緑、ピンク、オレンジに。参加者から「すごい!」や「おもしろい」などの声があがり、先生を務めた高校生は「花火はこの仕組みを利用して作っています」などと説明した。
 担当した熊谷高2年の田島岳也さんは「教えるのは難しいけれど楽しい。参加者の驚いた様子を見ると気分が良いです」と話していた。』
 とあります。自分もその場で実験を見ていましたが、なんと掲載されている写真に自分の後ろ姿が写っているではありませんか。偶然とはいえびっくりです。子供たちが真剣に実験の様子を見ている姿が印象的です。掲載していただきありがとうございます。