あかいらか

ラグビー大会

 熊谷高校では各学年で2種目のスポーツ大会を行います。1年生はバレーボールとラグビー、2年生は柔道とバスケットボール、3年生はテニス・卓球とサッカーです。スポーツの得意な者も苦手な者も、背の大きい者も小さい者も、真剣勝負の中で切磋琢磨し、勝って喜び、負けて悔しがり、そしてクラスの絆を深めていきます。どの大会も授業をつぶさず、うまく授業変更しながら約1週間かけて実施するのですが、年度の最後に行われる大会が、この1年生のラグビー大会です。
 中には中学時代からラグビーをやっている生徒もおりますが、ほとんどが初心者。やはり熊谷の地に通うならラグビーを経験しなくてはと、体育の教員がルールと動きの基本から丁寧に教え、見違えるようにうまくなります。今日の決勝戦ともなると本格的な試合展開が見られます。冷たい北風もなんのその。強い風に流される楕円形のボールを必死に追いかけ、ゴールめがけて突進する姿を見ると1年間の成長を強く感じます。
 今年は若手教員らが優勝クラスとエキシビションマッチをやりたいということで教員チームを結成しました。管理職を無理に誘わないところがさりげない心遣い。今朝も着替えて校庭で朝練習です。今年の優勝クラスはなかなか手強いですが、教員チームとの勝負はいかに?