あかいらか

Society 5.0とは

 Society 5.0を知っていますか。狩猟社会、農耕社会、工業社会、情報社会に続く、新たな社会(Society)を指すもので、目指すべき未来社会の姿として提唱されました。現代は情報社会ですが、情報の共有やAIの発達がまだまだ不十分であり、経済格差、高齢化、過疎化などの課題を解決するような理想社会までは至っていません。さらなる社会の変革(イノベーション)を通じて、全ての人々が快適で活躍できる社会を構築しなくてはなりません。私が子供のころ、手塚治虫の「鉄腕アトム」という漫画がありました。正義感を持ったロボットが活躍する未来都市を描いていましたが、最近の急速な科学技術の進展は、我々の想像を超えるものがあります。狩猟社会から農耕社会までかかった時間の何百分の1かで、理想の未来社会が訪れるのではないでしょうか。そうした社会を築くためには、どんな能力が必要で、どうやって身につけたらよいのか。それは、決して特殊な能力ではないと思います。文章や情報を正確に読み解く力、対話する力、科学的に思考・吟味し活用する力など。特に、AIに代替できない能力、豊かな感性、独創性、対話を通じて自分の世界を広げる力、新しいものへの好奇心、探求心、様々な経験を通して培う自信など。文系理系問わずに、スポーツ、芸術なども含めたいろいろな学習、部活動、学校行事など学校生活全体で身に付けるべきものだと思います。つまり、今できることは、熊高3本の矢「学業・学校行事・部活動」全てに全力で取り組むことに尽きると思います。