あかいらか

NEW 2年生への入試説明会

 本日は、2年生に対して駿台予備学校大宮校の担当の方から、大学入試に向けた講演会を行いました。ちょうど、6か月前に、3年生の保護者に向けた講演会がありましたが、ベースとなるものは同じでした。
 その一つは、4万人に達する再受験者。つまり、現役時に第一志望の大学に受からず、安易に合格したところに進学はしてみたものの、やはり第一希望の大学が忘れられず、結果として、再受験になってしまった人が4万人もいる、ということ。
 『直面する「困難」から「楽な方向」に逃げて、結局は「大きな回り道」をしていることのムダ!』と評されています。安易に志望校を変えるのではなく、高い志を持って第一希望を目指そうということではないでしょうか。
 二つ目は、なぜ難関大学なのか、ということ。これは、予算、設備、教育、仲間、OB、OGなどの点で、難関大学とそうでない大学との差を考え、難関大学への進学を進めています。これは、本校でも同じです。
 最後に、伸びる生徒について、・基礎の大切さを知っている ・授業を大切にする ・割り切り、切り替えが早い ・仲間、ライバルがいる(競い、高めあう仲間) ・生活習慣が確立している と言われました。2年生もあと1年後には、受験の真っただ中にいます。今から生活習慣を確立し、第一希望の大学に合格できるよう、自分の力を伸ばしてほしいですね。