あかいらか

NEW 模試と練習試合

 旬熊でお知らせしていますが、本日は1年生の模試分析会を学年集会として実施しました。まず、年次主任の松村先生があいさつの中で、模擬試験は部活動で言えば練習試合と同じであるという話をしました。
 練習試合だから負けてもいいや、という気持ちで臨めば本番でも勝てない。目標をもってやらなければ練習試合とて勝てない。模擬試験もこれと同じである。模擬試験だからできなくてもいいや、という気持ちでは、本番の試験でもできるわけがない。
 それぞれの模試で課題を持って取り組まなければやるだけ無駄であるという話をされました。確かにその通りです。身に染みた生徒もいたのではないかと思います。また、進路指導担当からは、今年の11月までの自分がどうであったかを自覚し、来年の自分はどのようにありたいか、を語れるようになること、と話しました。
 本校に入学して早9か月です。月日の経つのは早いものです。新年に向けてもう一度気を引き締め直して頑張って欲しいと思います。