あかいらか

NEW 悔しさをばねに

 すでに、先週金曜日の段階でお伝えしましたが、軟式野球部の3年生にとっては、高校生活最後の大会で悔いの残る結果になってしまったかもしれません。しかし、3年生は2年生とともによくここまで成長したと思います。本当にご苦労様でした。
 試合後に生徒にありがとうと伝えました。校長室に県大会の優勝旗が2本同時に飾られることはめったにありません。本校にとっては快挙なのです。県内の出場校数は、硬式野球と異なり少ないことはあります。しかし、少ないからと言って簡単に勝てるほどスポーツは甘くはありません。どの学校も必死になって練習しています。
 試合を見ればわかります。それぞれの学校が、歯を食いしばって試合をしていることを。本当に真剣に戦っています。だからこそ勝利の時は喜び、敗れた時は泣けるのです。生徒は、この結果の悔しさをばねにして次につなげてほしいと思います。
 3年生は受験勉強に、そして、2年生・1年生は新チームにこの経験を生かしてください。夏の大会では、他校はまだ3年生が残っているでしょう。そのチームとどれだけ戦えるか、今から楽しみです。3年生とともに応援して行きたいと思います。最後に、保護者の皆様の応援に感謝いたします。ありがとうございました。