あかいらか

行事が目白押しです

 旬熊でも紹介していますが、先週末から今週にかけて学校では色々な行事が行われています。
 まず、前回のこの欄においても紹介しましたが、2年生は本日まで修学旅行でした。さきほど引率されていた校長先生から無事に東京駅について解散をしたとの報告がありました。たくさんのお土産話をもって帰路についたことと思います。修学旅行中の様子については後日旬熊で紹介できればと思っています。
 また3年生は、昨日・今日の2日間、校内センター模擬試験があり、本番を意識して試験に取り組んでいました。3階の昇降口にはセンター試験本番まであと46日とカウントダウンの掲示もしてあります。また、冬休みに入ると2回センター試験練習会も行われる予定です。センター試験、そして私立大学の個別試験、国公立大学の2次試験とつづく入試本番に向けて実力をしっかりとつけてほしいと思います。
 そして、1年生は先週末のつくばサイエンスツアー、昨日の性教育講話に引き続き、本日は「生き生き仕事人」が実施されました。旬熊にも掲載していますが、本校OBの方を中心にPTA各支部から推薦していただいた11名の方に講師となっていただきました。第1部では分科会、第2部では講師の方全員でのパネルディスカッションを行いました。様々な分野で活躍される方たちから講話をしていただき、生徒も大いに刺激を受けたのではないかと思います。
 特に第2部では、熊高生へのメッセージもいただきましたが、多くの方は熊高での生活で「良い友」を作ってほしい。本校100周年の時のキャッチコピーが「一生ものの友がいた」でしたが、このことを含め講師の方々からの熱い想いを生徒たちは改めて受け取ったように感じました。ぜひ、生徒たちは今日のこの行事を契機に自分の進路をしっかりと考え、学校生活も送ってほしいと思います。
 最後に、講師をお引き受け頂いた方々、そしてPTA会長をはじめ受付や接待、広報として仕事をしていただいたPTAの役員の方にお礼申し上げます。