あかいらか

本校OB 元毎日新聞記者・佐藤健氏を偲ぶ

 生徒諸君は、佐藤健氏をご存じだろうか。高13・昭和36年卒の熊高OBで、毎日新聞の記者であったが、2002年、末期がんのために60歳で亡くなった。高校時代は陸上部に所属し、記者時代は自ら僧侶となって宗教を問うルポルタージュを連載するなど、明るい人柄を慕う人が多かったという。2003年、熊高同期の有志が佐藤記者の生き方を後輩に伝えようと、佐藤記者の著作や同期の医師、弁護士らの著作を加え、約80冊を熊高に寄贈してくれた。今も、熊高図書館にある「健さん文庫」である。17回忌を迎え、高13期の同窓生も来年喜寿を迎えるということで、この度、OBの著作やDVDなど約40点を追加で寄贈してくださった。贈呈式の様子が129日の毎日新聞に掲載されている。生徒諸君には、寄贈された本を通して、偉大な先輩方の足跡を知り、大いに刺激を受けてほしいと思う。