日誌

花丸 バレーボール部・充実の春休み

春休みを前に、緊急事態宣言も解除され、

感染拡大防止のガイドラインに沿って部活動も再開されました。

バレーボールができる喜びをかみしめながら、

選手たちは溌溂と練習に励んでいます。

 

午前11時前に練習が終了した後、

監督から「時間を大切に使いなさい」と声がかかりました。

その後、校舎内では、空き教室や廊下の自習コーナーで

バレー部の選手たちが、一生懸命に勉強していました。

1年次生、2年次生が並び合って勉強する姿は大変微笑ましく、

良い伝統が受け継がれていることを感じました。

 

 

この3月の卒業生は、入試改革の波や新型コロナウイルスなど

様々なものに苦しめられ、我慢することも多々あった中、

大変よく頑張り、8名が現役での進学を決めました。

 

〈国公立〉東京学芸大学・群馬大学・宇都宮大学・富山大学・海上保安大学校

〈私立〉国際基督教大学(ICU)・芝浦工業大学・龍谷大学

 

部活動を最後まで頑張りぬいた「底力」が、勉強にも発揮されました。

後輩たちにも「文武両道」の良きお手本を示してくれました。